カスタム検索

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II のカメラ内RAW現像が案外使えた

RAW現像なら断然パソコン派、タブレット版のLightroomですらも面倒だと思っているので、カメラ内RAW現像などは使わないと思っていたのですが...

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II

最新ファームウェアにした OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II を使っていて、そういえばRAW現像という機能があったなと思ったんですよ。カメラの本体内でやれる機能。

昨日今日とパソコン持たずに京都に行く用事がありまして、どうしても撮影した写真をRAW現像してインスタ投稿したくなったもので、初めてそのカメラ内RAW現像を試してみました。

細かいメニュー表示や操作パラメータのことは割愛しますけども、ホワイトバランス色味の調整、ノイズ明暗の処理などなど基本的なことは押さえており、案外使えるものでした。

以下に作例をお見せいたします。

まずこちら、夜の祇園の街並みです。
オリジナルJPEG

上がカメラにより生成されたオリジナルのJPEGで、下がカメラ内RAW現像したもの。ライカ(Leica)の看板が重要ですので、それが際立つように色と明暗のバランスを調整しました。暗所ノイズはカメラの画面ではよくわからないので放置。

RAW現像後

実際にはこのあとiPhoneに転送してから白黒にしてしまったのですけどね(笑)ま、そんな感じでスマホへWi-Fi転送してからさらに手を加えるのが良いでしょうね。

さて今度はもみじです。
紅葉ですが紅一色ではなく緑から黄色、オレンジ、朱色や赤といったグラデーションが重要な場合。

まずこちらがカメラが吐き出したオリジナルのJPEG
オリジナルJPEG

そして次にカメラ内RAW現像したもの
RAW現像後

思いっきり赤いほうに振ってますね。オリジナルのほうが落ち着いた色味なんですけど記憶色よりは断然淡くてねえ...なのでウェブで好まれそうなドギツいほどの赤みにもっていきました。これだけ見るとマジできついんですが、以下は実際にインスタ投稿したものです。トリミングすることで目に痛々しい印象も薄れています。

パソコンがなくてもこれだけいじれたら大したもんだなと思いました。

さらに調子にのって清水寺の紅葉風景をカメラ内RAW現像してみました。例によって上がオリジナルで、下がRAW現像時に色味などを調整したもの。

original JPEG

RAW

これほどの遠景ともなると、カメラ内RAW現像でハイライトを抑えるだけでもC-PLフィルターいらずになってしまいますね。

そしてまたiPhoneへと転送したうえで微調整とトリミングを加えるとこうなります。

はい
もうなんだか別世界ですね(笑)
記憶色の一歩先にいく感じですね。

私は、RAW現像なら断然パソコン派。
iPad Proで使うようなタブレット版のLightroomですらも面倒だと思っていたので、こんなカメラ内RAW現像などは使わないと思っていたのですが... やってみればタブレットすら不要なので(まあスマホは使ったにせよ)たいへん便利だなと思いました。ほかのカメラでも試してみようかな。

あと全然カンケーないけど、以下のオリンパスの望遠レンズがゴミみたいな値段で投げ売りされてるんですごく気になってます!!!
OLYMPUS 望遠ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6


OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 MarkII

固定リンク:OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II のカメラ内RAW現像が案外使えた

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II 動画の手ぶれ補正 でのクロップについて

手ぶれ補正OFFのときに比較するとだいたい85%くらいに上下左右が狭くなる感じでした。

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M1 MarkII ボディー

オリンパスからまもなく発売のフラッグシップ機 OM-D E-M1 Mark II を借りて試用しております。

手ぶれ補正がさらに良くなったという話を書きましたが、動画でもやはり効果てきめんです。

ただし動画の場合はクロップされる(画角がちょっと狭くなる)場合があります。以下は撮影した動画から抜き出した静止画像です。

こちら手ぶれ補正OFFのとき(クロップなし)
クロップなし

そして手ぶれ補正「M-IS 1」 センサーシフト式+電子式 のとき(クロップあり)
クロップあり

けっこう違ってるでしょ?
上のふたつの画像を重ね合わせてみると、だいたい85%くらいのサイズにクロップされることがわかりました。まあほとんど別の焦点距離といってもいいのかもしれません。
クロップ有無の対比

動画の手ぶれ補正モードは2つありまして、「M-IS 2」 センサーシフト式のみ であればクロップは発生しません。上のYouTube動画でもご確認いただけます。

使用したレンズは、OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PROという、フルサイズに換算すると50mm相当になる標準レンズです。

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M1 MarkII ボディー

固定リンク:OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II 動画の手ぶれ補正 でのクロップについて

強力な手ぶれ補正に驚き OM-D E-M1 Mark II 静止画で手持ち長秒露光 編

OLYMPUS フラッグシップ機 OM-D E-M1 Mark II 貸出機で自動車のヘッドライトの光跡を手持ちで撮影できるか試してみました。

オリンパスより最新デジカメ OM-D E-M1 Mark II を借りて試用しておりますが、手ぶれ補正がさらに良くなったと体験会でも言われておりましたので、夜の歩道橋からクルマの光跡の撮影に挑戦してみました。

使用したレンズは、OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PROという、フルサイズに換算すると50mm相当になる標準レンズです。

はい、4秒露光です。手持ちです。
4秒

こちらは5秒の露光、あまり上のと変わらないように見えますが、等倍でよく見たらぜんぜん違うはず。
5秒

そして6秒くらいで私は無理かなあ
6秒

以下も6秒なんだけどブレブレ
6秒

8秒の露光時間ではもはやいかんともしがたく
8秒

OM-D E-M1 Mark II を使用することで最高で何秒まで長時間露光を三脚なしでできるかということではなく、これは単純に私という人間がどこまで手ぶれ補正という機能の閾値を超えない程度にバランスを保っていられるかということ。

以下のも4秒。やはりこの程度が手持ちの限界かなあ。
4秒

私はだいたいそのくらいの能力だということでしょうね。もちろん20秒くらいいける奇特な方もいらっしゃるかもしれません(いないとは思うけど)し、1秒くらいでもブレブレになっちゃう方もいらっしゃるとは思います。これはもう条件次第です。今回の作例でも4秒ならすべてOKだったかというと、そんなことはなく、まあ写真やってればどれだけ速くシャッター切ってもブレるときはブレるよね。

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M1 MarkII ボディー

固定リンク:強力な手ぶれ補正に驚き OM-D E-M1 Mark II 静止画で手持ち長秒露光 編

激安の魚眼レンズ Opteka アプテカ 6.5mm f/3.5

キヤノン、ニコン用の交換レンズですが、超低価格の製品がありました。

Opteka アプテカ 6.5mm f/3.5という非常に低価格の一眼レフ用 魚眼レンズ がありましたので情報シェアさせていただきまうす。

Opteka アプテカ 6.5mm f/3.5 HD キャノン用

Opteka アプテカ 6.5mm f/3.5 HD ニコン用

ささっと検索してみたところAmazonだけでもいくつか出品されておりますね。
Amazonの「Opteka 6.5mm」検索結果ページへ

もちろん楽天にもありました
楽天市場の「Opteka 6.5mm」検索結果ページへ

サムヤン製魚眼レンズのOEMではないかとの話もネット上では散見されますが真偽のほどはわかりません。もしそうだとしても、そうだとしなくても、このアプテカが激安レンズであることに変わりないです、はい。

Flickr!にて「Opteka 6.5mm」で検索してみましたが、Exifが出ないのかなあ?とにかくそれで撮影したと思しき写真が以下のものです。価格のわりに全然悪くはないよね。
Forest View

Express

Spring Chillenden

固定リンク:激安の魚眼レンズ Opteka アプテカ 6.5mm f/3.5

中野市ふるさと納税の返礼品にツァイスやフォクトレンダー等のコシナレンズが登場

キヤノン用、ニコン用、ソニーEマウント用、マイクロフォーサーズ用、ライカMマウント用など各種あり

長野県中野市への所謂ふるさと納税で、返礼品としてあのコシナのレンズがもらえるそうです!これはこれはこれはこれは要チェック!!

詳しいことについては、ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 長野県中野市[なかのし]のふるさと納税で選べるお礼の品・使い道というページにあります。

キヤノン用、ニコン用、ソニーEマウント用、マイクロフォーサーズ用、ライカMマウント用と幅広く取り揃えられておりました。フォクトレンダー!ツァイス!これは大ヒットしそうだなあ。D-011 ZEISS Planar 1.4/50 キヤノン一眼レフ用 【クレジット決済限定!!】でも一本いっとこうかなあ?

アマゾンでの売価→「コシナ レンズ」検索結果ページもチェックしつつ、皆さんも検討してみたらいいんじゃないかな。
Carl Zeiss Planar T*1.4/50 ZE (キャノンEF)

固定リンク:中野市ふるさと納税の返礼品にツァイスやフォクトレンダー等のコシナレンズが登場

この夏、最低な思い出

だいたいはさ、期待したほどの夏にならないのよ、俺みたいな庶民にはね。

夏といえば様々なドラマが生まれますけども、私の場合はやっぱりライフワークと化してしまった蝉の写真撮影でしょうか。
アブラゼミ

以前は蝉の幼虫が羽化するシーンをタイムラプス動画などにもしておりました。良い動画なのでぜひご覧ください、良い動画なので。
月蝕 - Lunar Eclipse - an Emergence of a Cicada

Dubstep and Emergence of Cicadas

今年はもう一歩つっこんでスチルのみでの表現を熟考してやってみました。そういった作品もいずれ皆さまの前で発表することがあるかもしれません。いやかなり予定しておりますけども。

それでね、毎回頭を悩ますのが蝉のションベン問題です。大量に蝉がわいてる大樹のしたで撮影しているわけですから、そりゃションベンかぶることなんて日常ティーライス事ですよ。

大抵はなんの予告もなしに、ぷしゃーと噴霧されます。噴霧されるとはまさに霧そのもので避けようがない。これでは下界の民たる私はたまったものではありません。
セミ抜け殻
※画像はイマージュです。

まあでもこの夏いちばんの最低な思い出になったのはそんなことではないのです。

深夜の公園で蝉の生息地にずっと立ちっぱなしで撮影しておりますと、三脚をめがけて突進してくる蝉の幼虫がおります。樹木とまちがえて登ろうとするんですね。そういうのを捕まえては木の幹に移し替えてやったりもします。

なんなら私の足に登ってくることもしばしば。奴らの速度は意外に早いのです。しばらく集中してマクロのピント合わせなどをしていると、あっというまに靴をこえてくるぶし辺まで来ています。

まあでも幼虫ならカワイイもんですわ。ていうか、今年の夏は私のスネを幹とまちがえた蝉の成虫が飛んできて止まったのです。ところが集中して作業していたために、私にはそれが蝉ではなくて小さくて軽い昆虫ていどにしか感じられなかったのです。

撮影に手をとられていたため、それを追い払うのはすっかり後回しになっておりましたが....

痛っ!!!!

あいたたたた!!!!

なんじゃこりゃ!??!?!

なんと蝉が私のスネに針を刺してる!!!

樹液をチュウチュウするための針を刺してる!!!

吸えねーよ!そんなんじゃ何も吸えねーよ!!!!

脚だよ?おっさんの毛むくじゃらのスネだよ?

めっちゃ脚をバタバタして振り落しました。幸いなことに怪我というほどの事態にはなりませんでしたが、蝉に刺されるとめっちゃ痛いです。あの口の部分の針になってるとこ見たことあるでしょ?あれを脚にブスっと刺されるんですよ?ヤバイってwwwめっちゃヤバイってwwwww

というわけで、以上が私のこの夏、最低な思い出でした。みんなはこの夏、どんな最低な思い出があったかな?蝉に脚刺されるよりヒドイのあったら教えてね!

固定リンク:この夏、最低な思い出

Lytro Illum 未来のライトフィールドカメラが叩き売り状態に?ライトロ・イルム

後からピントを変更できる未来感を売りに登場したあのデジカメの最新型にして本格派 Lytro Illum (ライトロ・イルム)もいまや大安売りとは

撮影後にピントが合っている箇所を、手前や奥に変えられるという、AF性能の向上とはまったく別方向に走って話題となった、デジタルカメラのまさにデジタル時代の寵児「Lytro(ライトロ)」

その製品シリーズのなかでも最も高級で撮りやすいカメラ然としたフォルム、そして高倍率ズームレンズなどの圧倒的な性能を備える機種「Lytro Illum (ライトロ・イルム)」というデジカメがございます。現在の最新フラグシップ機。

日本での代理店は、面白カメラだいすきの加賀ハイテックだったかな?鳴物入りで登場しただけあって、発売から二年近くになる現在でも、国内正規品と表記のある品が14万円弱で、Amazonにて販売されています。
【国内正規品】Lytro Light Field Camera ライトフィールドカメラ LYTRO ILLUM (イルム) 9.5‐77.8mm F2.0 LYTRO ILLUM

ところが Amazon.co.jp 内で「Lytro illum」を検索してみると、上記を含めて3つも同製品がヒットします。そのなかのひとつが2016年9月12日現在、なんと¥69,300 という半額近くの価格設定で販売されている!以下のリンク先がそれ
LYTRO ILLUM

さらにもう一点のほうは並行輸入品と書かれたもので、なんと叩き売りといってもいいほどの低価格、これはうっかり買ってしまいそうなので怖いぞ!

以下のリンク先で2016年9月12日現在の価格が ¥36,800 となっています!
Lytro Light Field Camera ライトフィールドカメラ LYTRO ILLUM (イルム) 9.5‐77.8mm F2.0 LYTRO ILLUM [並行輸入品]

やばいやばい、これは買いたい衝動を抑えるのに必死です(笑)

だって以前に製品を借りてレビューしたときはものすごく楽しかったのと同時に、十数万円の価値があるしっかりした作りのカメラだと思ったからです。私の以前のレビュー動画も是非ごらんください。
LYTRO ILLUM ライトフィールドカメラ 其の壱 ハードウェア操作感・外観

じつは後からピント合わせをするという利便性よりは、フォーカス移動するムービーを作成するのがとても楽しい。これは他では得られない「Lytro Illum (ライトロ・イルム)」の面白さ
LYTRO ILLUM 実写データ大公開!Lytro Desktop から動画も書出し。ライトフィールドカメラの実態に迫る。ライトロ・イルム

なまじのキワモノなら無視できるのですが、これはデジカメの歴史に名を残す迷機中の名機ともいえますし、何より作りのしっかりしたまともなカメラなのです。だからこの価格になってるのはヒジョーにもったいないし救出してあげたい。僕が叩き売りの大安売りから救ってあげたい。レスキューしたい!!ぐぬぬぬううう

デスクトップアプリの日本語ダウンロードページも健在!
https://illum.lytro.com/jp/desktop

iOSモバイルアプリの日本からのダウンロードも可能!
https://itunes.apple.com/jp/app/lytro-mobile-app/id894109160

迷うね!
これは迷っちゃうよね!
どうしたらいいですか?今から映画館で「君の名は」を観に行きますけど、映画終わってもまだ残ってたら買いますか?いやいやいやいや、うーん、これは悩むなあホンマ
Lytro Light Field Camera ライトフィールドカメラ LYTRO ILLUM (イルム) 9.5‐77.8mm F2.0 LYTRO ILLUM [並行輸入品]

固定リンク:Lytro Illum 未来のライトフィールドカメラが叩き売り状態に?ライトロ・イルム

最近のエントリー

iPhone買わずに憧れのレンズを買うなら?Canon赤はちまきLレンズ、SONYツァイス、Gレンズなどなど

君はLレンズを所有しているか!?新型iPhoneの予算をあこがれのLレンズに使うなら、こういったレンズが買えるのだ!

EOS 5D Mark IV 発売決定でフォトキナがもう終了していたような気分だったのですが

それでフォトキナとは一体いつ開催されるのか?

Canon EOS-1v HS 最新にして最後の一眼レフ フラッグシップ機 購入しました

キヤノンのフィルム一眼レフEOSシリーズとしては現在最新にして最後の製品、しかも現行品(いまも新品が販売されている)でもある機種です。

フィルムケースからフィルムを取り出す良い方法を教えてください

DPEに現像に出したらフィルムケースに入れて戻ってきたんです。

Canon EOS-1Ds Mark II のボディ価格が10万円を切っている

フラッグシップEOSフルサイズ機が入手しやすい中古価格で。

Canon EOS Kiss X7 はいまどき最高の簡易露出計ではなかろうか?

フィルムのEOSユーザーにとっては、もっともお求めやすい価格帯で扱いやすい露出計になるのではないかという妄想をして過ごす台風の夜。

脱線した西武多摩線とおなじ真っ白な101系電車 120fpsのハイフレームレート撮影

Canon EOS−1D X Mark II にて撮影したスローモーション電車

二千円台でキヤノンの中古フラッシュ買えた Canon スピードライト90EX

キヤノン SP90EX 定価でも安いのですが、中古で構わないなら激安でした。

安くてカッコイイ!薄いウクレレ・ギターを買ってみた

土産ものみたいな価格帯でちゃんと演奏できそうなウクレレ(中国産)を購入してみたのですが、予想以上にコスパ良かったです。

かわるビジネスリュック 舟で川下りしてビショ濡れにしたった

※ いしたにまさき、コグレマサト両氏によるバカ売れ中のバックパック「かわるビジネスリュック」をバリューイノベーション(株)より見本品いただいて製品モニターしております。

ありがとうマンフロット創立10周年、記念品が届いたよ!そしてファン感謝デーに申し込んだ

三脚やカメラバッグといえばManfrotto!これまで愛用してきましたしエヴァンジェっておりましたが、いよいよ創立10周年を迎えるそうです。

スタートレック(宇宙大作戦)がバービー人形になるらしい

TOSの50周年記念ということで、なぜかあの三人をバービー化してカミングスーンだそうです。

メシ屋で写真を撮るひとは一番美味しい瞬間を逃している

客が写真を撮影してるあいだに麺がのびてしまう件を蕎麦屋さんが懸念

関西・京都だし汁文化の奥深さを知る(汁だけに)

先月、桜を愛でに京都旅行をしてまいりましたが、街頭のゴミ箱のある注意書きが目にとまりました

FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM ソニーのGマスター標準ズームレンズで手持ち夜景撮影、デュラララ!! 聖地巡礼してきた

ようやく発売されたSEL2470GMレンズをソニーから借りられたので、前々からしたかった池袋のデュラララ!!聖地を巡って夜景撮影をしてきました。

300円で Canon EOS 1000 S QD キヤノンのフィルム一眼レフをジャンク購入したのですが

およそ四半世紀前のフィルムカメラ、EOS Kiss の前身となる廉価一眼レフをわずか300円(税別)で購入。ジャンク品扱いだったのですが、電池を入れてみればどうやらまだ動く様子。これは...!!

ブログ著者について

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

AMN