トップページ > おもちゃ・ホビー, サイエンス・テクノロジー > 二足歩行ロボットも自作する時代へ
カスタム検索

二足歩行ロボットも自作する時代へ

ASIMOは無理でも、ジャイロやセンサーで騙し騙し二足歩行ロボを作れちゃうぞ



Clip to Evernote


ROBO-ONE」みたいな大会の情報を見るたびに不思議に思ってたことがある。P3やASIMOに至るまでのホンダの苦労たるや相当のものだったはずだが、雨後の筍のようにP3以降はいろんなメーカーから二速歩行ロボットが発表され、いまや個人が二足歩行ロボットで競技に出場しているという事実。

日本の二足歩行ロボットの水準はそれほどまでにスゴイのか!?それともホンダが長年研究した技術は、今となっては個人レベルでも即実現可能なのだろうか?

という疑問に答えてくれているページを見つけた。

[教えて!goo] 歩行ロボットアシモ」より。僕と同じような疑問に対して、次のような答えがあった。

ちょっと重心の研究さえすればオモリの移動でごまかして簡単に歩行ロボットは作れます。良く知りませんが、アシモは、人間と全く同じ重心移動の方法で歩行しているように思えます。人間と同じ重心移動。これが出来れば、アニメで話題になっている「ガンダム」も夢では無く、将来は可能になります。オモリでごまかしていればただの巨大なオモチャです。

そうか、オモリとか振り子の原理だから簡単に済んじゃうのか!?とは言っても、やはりそれですら一個人が製作するのは難しいことなんじゃないの?と思ってたら、どうやら二足歩行ロボットのキットがあるらしいのだ!!
この「有限会社姫路ソフトワークス」という会社の製品がそうなのだが、自社製品でROBO-ONEなどに出場して勝ちまくってる!そういった実績のあるロボットを販売してるということで、全体のレベルの底上げにかなり貢献してそうな雰囲気。MPEG動画も多々あるので是非見てみるべし!

また、その姫路ソフトワークス製基盤を使用した「二足歩行ロボット製作日誌」なるものを公開されている方もいる。これはCGでロボットを作る僕などにとっても、なかなか参考になる。ここの動画を見る限り、中華キャノンなんかよりも断然スゴイことになってるんではないかと思ってしまう。

こちらの近藤科学株式会社ではKHR-1なるロボットキットを販売中。126,000円でかなり面白そうな動きをやってくれる。ザクのラジコンよりずっとコストパフォーマンス高そうだ。しかも、ペーパースーツという紙製の着せ替え外装まで用意されている(笑)やっぱりこういったモノは、機能さえ備えてしまえば後は見た目のカスタマイズだもんな。よく分かってるよ。

で、ディスカバリーチャンネルの番組「ロボサピエンス-進化するヒューマノイド」というのがDVD化されてて、アメリカよりも日本で真面目に二足歩行が研究されている事を、アメリカの視点で言及してるとのことなんだが、これはこれで資料として見ておきたい。via:あとむの正直日記: ディスカバリー・チャンネルDVD「ロボサピエンス」

しかし、アメリカ人だって二足歩行に興味が無いわけではなくて、あのロボサピエンのファンページなどはすごく熱い。ロボサピエンのハッキングコンテストなども行われているようだ。こんな分解写真を見せられてしまうと、ああ外装のこの部分はこうしてこれはああすればアレな感じになるなぁとか妄想も激しくなる(笑)
で、今年の初夏くらいに買おう買おうと思いつつも、直輸入でしか売ってるところが無くて品切れてたりしたんだが、知らないうちに日本国内でもタカラからライセンス販売されていたらしい。すっかり見落としてた(汗)

Amazon:ロボサピエンス 「ヒューマ」
(正しくはロボサピアンという名なのだが、アマゾンでは「ロボサピエンス」と誤表記されている笑)

ロボサピエンすごく欲しいんだが、問題は15,750円という価格だな。子供だったらお年玉で買っちまうところなんだが、これだったら5万円くらいでもっとスゴイのか、5,000円くらいでもっと単純なところに逃げたい(笑)

というところに都合よくAmazonからメールが来て
学研 大人の科学シリーズが値引中とのことだ。二足歩行ではないものの、とりあえず歩くロボットを自作できる。タミヤの工作シリーズよりもちょっと大人向け製品なのも好感触。これで済ますか、ロボサピエンにするか迷う所だ。ぐぬぬぬぬ

あ、ROBO-ONEって完全自作なの?ロボサピエン改造じゃ無理?どういうレギュレーションなんだろ?

てゆうか、誰かお年玉ください。



Clip to Evernote



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2004年12月31日 10:15

コメント:

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリーを参照してないトラックバックは削除する場合があります

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 そしてGoogle Plusはこちらにどうぞ。また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

なんかいいアイテム


ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー

AMN