トップページ > mixi・SNS考察 > mixiコミュニティ+パブリッシング
カスタム検索

mixiコミュニティ+パブリッシング

mixiのコミュニティ機能を少し拡張してやることで、オンラインパブリッシングの基盤にできないか?



Clip to Evernote


前回「オレSNSに向いてへんわ -04年7月のmixi日記から転載-」という記事の続き。まずは二人のmixiユーザーによる対照的なふたつの見解から。

●「ドキドキ上海日記 - 寝起きグッときた」より

mixiとWebサイトの役割は全く別である、との見解もありますが、それこそ俺の知りたい部分であって、じゃあmixiって何? てことは大いに議論すべきかと。今のところ俺には、mixiというのは日記サイトと競合するものにしか見えないわけです

mixi日記を読み物としてとらえた場合、テキストの質がとても落ちて来た感があるというのは、僕も過去に触れた通り。
参照1「mixi(ミクシィ)1000万PV/日を突破
参照2「「共感」というユルいつながりと浮き彫りになる「個」
単に面白テキストだけの側面でとらえてしまうと、もはや利用する価値は何もないようにすら思える。これについては、コンテンツビジネス交流会でイー・マーキュリーの笠原社長にお会いしたときに進言した記憶がある。放っておいても膨大なテキストコンテンツが蓄積されるのだから、クオリティの維持に務めることは無駄ではない。

●「鳥日記: ネットワークの使えない人たち」より

はっきり言っちゃうとアレだ。単に行動力が無いって話。mixi見てると良く解るが,積極的かどうかで差がはっきりしてる。俺もそうなんだけど,身内同士でのmixi内の繋がりは殆ど無い。むしろコミュニティからオフを始めてみたりと,そういう方向で進んでる
草の根通信から慣れている人ってのは,比較的オープンに物事を運んだりする。例えば人見知りがあまり無かったりだとか,誰かと会う約束の計画が上手いとか。

僕が前に勤めていた会社の成り立ちはそもそも草の根BBSだったらしいが、その創立メンバーのmixiでの動きをみていると、ヘヴィーユーザーというわけではないが、やはり使い方が上手いと感じる面は色々ある。いまの僕にとってのmixiは、テキストサイトとしての面白さが激しく低下しているので、情報収集と人脈構築のツールとしてのみ機能している。ただ、mixiだと人脈構築ツールとしてはノイズが乗り過ぎているようにも感じるので、それはそれでセグメント化されたSNSが沢山出て来ると良いかもしれない。

さて、テキストサイトという見方がある以上、そういうユーザーへの対処も必要だと思う。居住地などによっては、そういう利用法に向かうしかない場合もあるのだから。
しかし、ここに至ってお友達の日記にエンタメ性を期待するのもあれなので(最近、miklyなるものも展開されているが、横のつながりで成立している世界で、こういった上から降りて来るモノはやはり弱い)、「mixiのコミュニティ」という形態のパブリッシングが出て来ても良いのではないかと感じる。

オーシャンズ12の件を拡張したようなものでも良いし、POPEYEとかSPA!とか週アスとか週プロとかが毎週発刊されるコミュニティがあっても良いのではないだろうか?もっと言えば、mixiユーザー(プロアマ不問)の作家やジャーナリストが誰でもパブリッシングできるよう、コミュニティの機能を整備すると良い。マーケティングやコンテンツ配信の可能性を大きく広げると思うのだが、どうだろう?

次回「SNSでのマーケティングはフニッシュブロー」へ続く



Clip to Evernote



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2005年1月 2日 08:35

コメント:

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリーを参照してないトラックバックは削除する場合があります

» mixi パブリッシング from McDMaster's Weblog
私の DJ イベにも来てくれた友人ジェット☆ダイスケ氏がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)について一連の面白い考察をしている。興味のある人はさしあ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年1月 4日 18:01

» SNS雑感 from ソーシャルネットワーキング.jp 
webdog: mixiコミュニティ+パブリッシング しかし、ここに至って... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年1月 5日 02:04

» 新聞読まないし、テレビも見ません。 from 元祖しゃちょう日記
ちょっと前までは、新聞を読むというのは、社会人の常識だったし、家に帰ってテレビを見るというのは、当然のこととして、受け入れられていた気がします。 ところが... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年1月 5日 06:13

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 そしてGoogle Plusはこちらにどうぞ。また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

なんかいいアイテム


ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー

AMN