トップページ > 雑記 > 地球と月の重力バランスは案外深いです
カスタム検索

地球と月の重力バランスは案外深いです

ここまで互いに影響し合ってるものだとは思っていませんでした



Clip to Evernote


みずほNに載ってたのですが、地球と月の重力バランスを扱ったJavaアプレットがありまして、クリックしてやると人工衛星のような白い点を置く事ができます。ドラッグすると、ベクトル付きで点を放出します。なかなか奥深いですよこれ。

上手く点を置いてやれば、地球にも月にも激突せずに周回軌道に乗せることが出来ますが、地球から発射してその周囲を回らせることのなんと難しいことか!

また、月と地球の間を上手くスイングバイさせて、ディープスペースに旅立たせることもできます。が、長時間かけて戻って来て、地球に激突してしまったり(笑)

日常、意識することが少ない地球と月の引力ですが、こういう風にインタラクティブに操作しながら見ると、人工衛星やロケットというのはかなり計算しつくした上で発射しているのだということがよく分かりますね。

地球の引力圏から脱出できるロケットを発射するには、かなりの初速が必要だという事も分かりました。これではシャアが嘆くのも無理はないですね。人の魂は地球の重力に引かれてしまいます。


『営業引力の法則』何がお客さまを引きつけるのか?



Clip to Evernote



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2005年5月19日 05:10

コメント:

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリーを参照してないトラックバックは削除する場合があります

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 そしてGoogle Plusはこちらにどうぞ。また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

なんかいいアイテム


ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー

AMN