トップページ > Logic Pro > Logic Proで動画を見ながらアフレコする方法
カスタム検索

Logic Proで動画を見ながらアフレコする方法

ニュース、ドキュメンタリー番組やCGアニメ作品などにLogic Proを使って音声を付ける方法です。



Clip to Evernote


ビデオポッドキャスティングの番組を制作する際など、ニュース番組、ドキュメンタリー作品のナレーションやアニメーション作品などのアフレコ作業は、ビデオ編集ソフトで行うのはなかなか面倒です。

なぜなら一般的なビデオ編集ソフトは、ハードディスクに取り込んだファイルを編集するのに特化しているからです。対してアフレコという作業は、リアルタイム・レコーディング的な要素が大きいものです。

再生している映像を見ながら、それに合わせてアフレコ収録をするには、意外や意外、音楽制作ソフトであるLogic Proを利用すると便利です。

Logic Proでは、QuickTimeムービーを再生しながら、その映像のタイミングに合わせて声や楽器を録音することが可能です。

つまり、ビデオ映像というカラオケに対して、自分の歌を吹き込むようなものですね。

では早速その方法について書きます(廉価版のLogic Expressでも一部機能を除きほぼ同じ事が出来ますので、参考になるかと思います)。

まずはLogic Proを起動し、グローバルメニューの「オプション」>「ムービー」>「ムービーを開く...」を選択します。
Lgic Proでムービーを開く
オープンダイアログボックスが表示されるので、そこからアフレコしたいQuickTimeムービーを選びます。

今回使ったサンプルムービーはこちらです(要:QuickTime 7以上)。
キモイ君とワロタさん
キモ井くんとワロ田さん(無音)

さて、Logic Proにムービーを読み込むとムービーウィンドウが表示されますが、実サイズ表示だと大き過ぎて作業スペースを圧迫することが多々あります。

そこで、ムービー画面上でマウスを長押しすると、コンテキストメニューが表示されますので、そこで表示サイズを小さく変更します。逆に、大きく表示することもできますので、マルチモニタ環境なら、ナレーターさんに画面いっぱいに表示した映像を見てもらいながらアフレコしてもらうことも可能ですね。
Logic Proでムービー表示

ムービーのサイズをほどよく調整したら、録音に移ります。

録音方法の詳細については、音楽制作時と同じですので割愛しますが、読み込んだムービーがLogic Proとシンクロして再生されるので、テロップ表示のタイミングと合わせたアフレコや、アニメーションとリップシンクした録音が容易です。

グローバルトラックには、タイムラインに沿ったフレームのサムネイルが表示されます。これは後ほど、タイミングのズレを修正する際の参考にできます。

以下がトラック1に録音を行った状態です。
録音完了

今回は一人でキャラクター二人ぶんのセリフを喋ったので、現段階では以下のムービーのようになっています(要:QuickTime 7以上)。
キモ井くんとワロ田さん(アフレコ済)
キモ井くんとワロ田さん(アフレコ済)

という辺りで次回「ストリップサイレンスで一気に無音部分を分割、削除」へ続きます。

« | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | »


Logic Pro and Logic Express?プロフェッショナルミュージックの制作とオーディオプロジェクト入門    Appleプロトレーニングシリーズ
Logic Pro and Logic Express?プロフェッショナルミュージックの制作とオーディオプロジェクト入門 Appleプロトレーニングシリーズ

BASIC MASTER Logic Express7
BASIC MASTER Logic Express7

Logic Pro 7 for Mac OS X 徹底操作ガイド    THE BEST REFERENCE BOOKS
Logic Pro 7 for Mac OS X 徹底操作ガイド THE BEST REFERENCE BOOKS



Clip to Evernote



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年1月26日 01:34

コメント:

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリーを参照してないトラックバックは削除する場合があります

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 そしてGoogle Plusはこちらにどうぞ。また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

なんかいいアイテム


ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー

AMN