トップページ > Logic Pro > LogicのミックスをQuickTimeムービーにエクスポート
カスタム検索

LogicのミックスをQuickTimeムービーにエクスポート

いよいよ大団円、Logicの音声をどのように動画に落とし込むのか



Clip to Evernote


Apple Loopsで動画にBGMをつけるからの続きです。

今回はマスタリングエフェクトを使用します。

ステレオ最終出力の「Output 1-2」のトラックには様々なマスタリングエフェクトのプリセットが用意されています。一から自分でエフェクトをかける事も出来ますが、せっかくなのでこれを使わない手はないです。このプリセットを元にパラメータを弄っていくと作業も早く済んで良いですよ。

最近の音楽の傾向でいうとマスタリングというのは、専らコンプでの音圧を稼ぐような作業になりがちですが、せっかく映画風のBGMもつけたことですし、面白いマスタリングエフェクトにしてみましょう。

「Old Movie Sound」という、古い映画のようなこもった音質にできるものがあります(下図参照)。
マスタリングエフェクト

さて、マスタリングエフェクトが決まったら、いよいよミックスダウンです。

通常、Logicではメニューから「バウンス」を選んでミックスダウンを行いますが、これでは音声が書き出されるだけですので、QuickTimeムービーに変化はありませんから、再度ビデオ編集ソフトなどで結合する必要が出てきてしまいます。

しかし、Logicからのバウンスを現在読み込んでいるQuickTimeムービーと結合して、新たなファイルとして保存する機能もちゃんと実装されています。

グローバルメニューの「オプション」>「ムービー」>「オーディオをムービーにエクスポート」を選択。
オーディオをムービーにエクスポート

すると、QuickTime Proの書き出し画面でよく見る、オーディオの形式設定画面がまず表示されます。マスターを製作しているならリニアPCMがよいでしょうし、書き出したファイルをこのままWEBにアップして配信するなら、AACなどで圧縮も出来ます。
オーディオの形式設定
ここでOKボタンをクリックすると、保存ダイアログボックスが出ますので、ファイルの名前を入れて保存します。

次に、Logicに読み込んだQuickTimeムービー内の、どの音声トラックを残すかを選択します。

今回の作例では、もともと無音のムービーでしたので何も選択肢は表示されませんが、QuickTimeというのは複数メディアをレイヤーとして持つコンテナですから、ひとつのムービーに何個ものオーディオトラックを持たせることが出来ます。

もとのファイルの音声を残しつつ、Logicからも新たに音声トラックを重ねるということですね。

例えば音声トラックが3つ含まれていた場合は下図のようになります。
トラック選択
サウンドトラック1を選択していますので、これでOKボタンを押せば、サウンドトラック2とサウンドトラック3は削除され、Logicからミックスダウンされた音声トラックと、もとからQuickTimeムービーにあったサウンドトラック1が重なった状態で出力されます。

さあ、以下が完成したムービーです。
せっかく古い映画風の音声にしたので、映像のほうもQuickTime Proのエフェクトで、古いフィルムのような加工を施してみました(要:QuickTime 7以上)。
キモ井くんとワロ田さん
キモ井くんとワロ田さん(最終版)

いかがでしたでしょうか?
「Old Movie Sound」によって、サウンドに空気感のようなものが生まれていますよね。

Logic Proでムービーに音声をつける方法は今回で連載終了ですが、さらに敷居を下げてGarage Band 3を利用した方法なども機会があれば書いてみたいと思います。

« | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | »


Logic Pro 7
Logic Pro 7

BASIC MASTER Logic Express7
BASIC MASTER Logic Express7

Logic Pro 7 for Mac OS X 徹底操作ガイド    THE BEST REFERENCE BOOKS
Logic Pro 7 for Mac OS X 徹底操作ガイド THE BEST REFERENCE BOOKS



Clip to Evernote



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年1月28日 05:07

コメント:

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリーを参照してないトラックバックは削除する場合があります

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 そしてGoogle Plusはこちらにどうぞ。また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

なんかいいアイテム


ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー

AMN