トップページ > ビデオブログ・ポッドキャスト > ポッドキャストを始めない理由は?
カスタム検索

ポッドキャストを始めない理由は?

ポッドキャスティングに踏み出せないブロガーのための話。徳力さんインスパイア



Clip to Evernote


ブログは書くけどポッドキャストは挑戦したことが無いという人と話をすると、「私はそんな技術は無いから出来ない」とかって話になることがある。

多分、ポッドキャストするのを、ニュース番組とかバラエティ番組を作るとかいうのと同じと思うとそういう話になりやすいのかもしれない。
 でも、個人的には、実は普通のポッドキャストをするのに、いわゆるおおげさな「制作能力」なんて必要ないんじゃないかと思う。

↑元ネタ:FPN-ニュースコミュニティ- ブログは居酒屋コミュニケーションみたいなもの

ビデオ撮影や音声の録音なんてのは誰でもやったことがあると思う。旅行や誕生パーティーや子供の運動会、または社内の会議を録音するなどなど。

撮影・録音それ自体ついては何も難しいことはない。レンズやマイクを向けてボタンを押すだけだから。

あとはビデオカメラ等とパソコンをケーブルでつないで、データを取り込み、ウェブ用にエンコードしてアップロードするだけ。

そこが案外、敷居が高く感じられているようだけども、例えばデジカメから転送したTIFF形式の画像をリサイズ、そしてJPEGに変換してブログに貼付けて公開するという作業は、大半のブロガーは経験があると思う。

それと何ら変わらない。

ほんとのほんとに大差ない。

撮って来たら、取り込んで、リサイズして圧縮してアップロード

それだけ。

と考えると、配信に関するテクニカルな問題は非常にシンプルになる。

あとは番組自体を面白くする様々なファクターについて。自分にその能力が備わっていない、と考えて躊躇してしまう人も多いと思う。

これもブログに載せる写真と同様に考えると良い。

一流の写真家と比較して様々な面で劣っているから、という理由でブログに写真を載せない人はまずいないと思う。

ならば、テレビや映画のような一線級のクリエイターによる作品と比較して、自分の撮ったビデオは面白くないと考えるのもまたおかしな話だ。

自分にしか発信できない、自分の身の周りに起きた出来事はたくさんあるはず。

例えば、「見たいもん!!Podcasting」の歯磨き後の音などは、「音声ならでは」であり「彼ならでは」のとてもユニークなコンテンツだ。

ポッドキャストなんて、そんな感じで肩の力を抜いて配信すれば良いんだと思う。

モダシンレディオショーなどは飲み会のたびに居酒屋コミュニケーションを収録し、それが7,000人近いリスナーを集めているのだから、それくらいラフに考えて良いと思う。

他に、ポッドキャストに踏み出せない、面白い理由としては、

自分の声が嫌い

と言った人がいた。

確かに、骨伝導も伴う自分の声は、聴覚のみで確認すると大幅に違った印象になる。

その違和感が、嫌悪感を催す理由でもある。

しかし、自分以外の人には、何か言葉を発するたびにいつもその声を聞かせているわけだから、まったく取るに足りない問題だ。

どうしてもその点を克服できない場合は、フリーウェアでロボットボイスなどに変換してくれるものがあるので、そういうものを利用するのも悪くない。

実際、ボイスチェンジャーで声を変えて配信しているポッドキャストも無いわけではない。
ボイスブログ君

それから、あまりに無頓着すぎて知らない人が多いけども、最近はWindows XPでもMacでも、ビデオや音声の取り込み→編集から配信までに必要なツールは、購入時に既に組み込まれている。

Windowsムービーメーカーや、iLife'06がそれにあたる。

Macに付属するiLife'06は、ポッドキャストに完全対応したアプリケーションスイートだし、WindowsユーザーもiTunesなどの無料ツールによってWindowsムービーメーカーで作成したファイルをポッドキャスト用に変換できる。加えて、Windows Media エンコーダがマイクロソフトより無償配布されていることも案外知られていないかもしれない。

実は、何も買い足すことなく始められるのだ。

はじめる!楽しむ!ポッドキャスティング!
「Podcast Now!」管理人JJ
毎日コミュニケーションズ (2006/01)



Clip to Evernote



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年3月31日 00:35

コメント:

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリーを参照してないトラックバックは削除する場合があります

» ポッドキャストこそ、最強のLifeHackだ。 from [mi]みたいもん!!
常々、なんでみんなもっとポッドキャスティングやんないんだろー?と思っていた身と [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年3月31日 17:50

» gadgetcast no.6「コグレマサトと浦和レッズ」 from [N]
ポッドキャスティングは簡単じゃありません。もちろん人によっては簡単だし、人によっては難しいと思いますが、あまり知識のない人がおいそれと手を出しづらい領域で... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年4月 3日 07:14

» ネタフル版モダフルレディオショー from Modern Syntax
[N] gadgetcast no.7「ネタフル版モダフルレディオショー」 全国... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年4月 5日 11:48

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 そしてGoogle Plusはこちらにどうぞ。また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

なんかいいアイテム


ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー

AMN