トップページ > ビデオブログ・ポッドキャスト > ポッドキャストはラジオの代わりにはならない
カスタム検索

ポッドキャストはラジオの代わりにはならない

ポッドキャスティングという技術は情報共有とライフログのためにこそある。



Clip to Evernote


いま仕事中のBGMとして、Club 977の80年代チャンネルを聴いています。

いつもはモーリー・ロバートソンや、モダシンRadio Showや、Going My Way Radioなどのポッドキャスト番組を聴くのですが、ため込んでいた配信分を全て聴き終えてしまったのです。

実はそれがこの話の肝。

ラジオは四六時中なにかの音を垂れ流してくれるのですが、ポッドキャスティングはそうはいきません。

昔勤めていた会社では、朝から終業までずっとNACK5を流してました。金曜になると小林克也がファンキーフライデー!と叫びながら、朝から夕方まで喋りっ放しです。

ポッドキャストというのはそれが出来ないのですよね。既存の配信分を聴き終えたらおしまい。

「Podcasting」というのが出始めた頃は、「iPodでもラジオ的な番組を聴くことが出来る」というのが最大の特徴であったと思います。

ところが純正のFMチューナー付きリモコンなんてものも登場して、「本物のラジオ」が聴けるようになってしまいました。

それを踏まえて今一度ポッドキャストの意義を自分なりに考えた結果を、以下に列挙します。

オンデマンドである

これは電波によるラジオ放送には無い点ですね。RSSに記述がある以上は、基本的に聴き逃すことがありません。

所有が容易

わざわざ録音・録画する必要が無いです。そもそも所有(ダウンロード)しなければ鑑賞できない仕組み。DRMと組合せられれば、PPV番組と似たようなことも可能です。

配信時点で既にデータベース化されている

これって最大の利点ではないでしょうか。ブログを利用して配信する場合は特にその色が濃いですね。

以上。前にも似たようなことを何度も書いてる気もしますがw

ラジオ(やテレビ)に比べて見劣りしてしまうのは、同じような事をやろうとするからでしょうね。

いつでもデータベースから引き出せて、必要なら持ち歩くことも簡単に出来る。そんな特色を活かしたポッドキャスト番組が今後は増えてくるのではないでしょうか。

また、番組という見方ではなく、情報共有という点で活用するのも良いでしょうね。例えば遠方の友人や家族とのビデオアルバムの共有など。

さらにそれを拡張させた考え方として、ライフログとしての動画・音声というものがあっても良いのではと、昔から考えています。

次のエントリーでは、そのライフログについて考えてみたいと思います。
[w]ウェブログからライフログへ

【関連記事】
個人ポッドキャスターとテレビ局は共存し得るか



Clip to Evernote



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年6月13日 00:55

コメント:

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリーを参照してないトラックバックは削除する場合があります

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 そしてGoogle Plusはこちらにどうぞ。また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

なんかいいアイテム


ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー

AMN