トップページ > Web 2.0 > Web2.0なんかやめちまえ!
カスタム検索

Web2.0なんかやめちまえ!

Web 2.0を声高に叫ぶ連中がどれほど胡散臭いものか



Clip to Evernote


「嗚呼オレってすごく偉いな」と自画自賛してしまうのは、平均して週に最低一度のペースでポッドキャスト等を配信してる点

動画を撮影したり編集したり音声を録音したり音楽を作ったりエトセトラ

みんなが観たり聴いたりしてくれるのはそういうモノなのですよ。

それってWeb 2.0関係ないもんな。RSSは単に媒介しているだけであって、コンテンツ制作の役に立ったことなんて一度もないもんな。

通信業者みたいなもんはコンテンツホルダー様に頭下げてりゃいいのに、Web2.0な時代になってから急に偉そうな態度になるのはおかしいよなぁ。根本的に何も変わってないのにな。

そりゃ電波メディアがITに歩み寄らないわけだわな。

やっぱり、自分達で何かを産み出そうとせずに、金積んでコンテンツ引っ張って来ようってのは間違ってる。それどころかCGMとかいうて、タダでコンテンツ集めようとしてたりな。

欲しかったら自分達で作ったらええねん。

テレビ業界にしたって、映画界に及ばないまでも、放送という「皿」にのせるための、コンテンツという「料理」を作りつつ船出したわけですよ。

ところがIT業界ってのはひたすら皿の質にこだわるだけなんだよね。

直接はコンテンツを制作しないまでも、Podcasting Juiceのようにちゃんとポッドキャストを育てようという姿勢が見えるところもたまにはある。これはオレがニフティで配信させてもらってるから褒めてるというわけではないけどね。

ポッドキャストのポータルをうたう他のサイトで、勝手にRSSだけ集めて、さも自分ちで配信してるように見せかけてるサイトが山のようにあるわけですよ。CGMだか集団の叡智だか知らないけど、そういうただ乗りみたいな事って恥ずかしくならないのかね。

まあ、皿だけ磨いていれば、良い料理人が寄って来るというのもまた真実なわけで、良い皿を造る職人がいるってのも悪い事じゃないとは思う。

けど、業界全体があまりにそこへ偏って行き過ぎてるのはどうかと思う。

テレビの暗黒面についてなんだ かんだ 言いながらも、結局おまえ毎週テレビ出たかったんかいな、と映るオッサンもおるしやな。もはや自己矛盾を通り越してわけがわからん。

で、そういう人に限って巨大メディアの威光でいつのまにかWeb 2.0の伝道者だとかアルファブロガーかのように祀られているという、これはこれでテレビの悪いところというか。しかし、ブログ以外のメディア露出に重点を置く人がアルファブロガー扱いというのも、どうにも解せないものがある。

まあ、実際はそういう人種が沈滞ムード脱却を図るために流行らせたバズワードが「Web 2.0」なわけです。そういう正しい歴史認識を怠る者は振り回されても仕方ないな。

文筆家や音楽家や写真家にもっと敬意を払えとはよう言わんけども、もちつもたれつの関係をもっとよく分かったらどうだろう。「僕は皿磨きが好きだからそれしかしたくない」というのはいかにもコンピューターオタクの口から出そうなガキ臭い言葉だし、そういうベクトルが大勢を占めるうちは経済面以外の成長は無いのだろうなぁ。

だいたいな、日常的にWeb2.0なんて口走る奴をよく見てみろよ、キモヲタしかいねーじゃん。キムタクとか亀梨はそんなこと言わねーし。

コンサルタントだかコルサントだか知らんが、そういう外野の言うことを鵜呑みにするのもほどほどにな。だって金儲けのために相談にのる連中なんだぜ。


Web2.0でビジネスが変わる (新書)
Web2.0でビジネスが変わる (新書)



Clip to Evernote



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年7月22日 04:53

コメント:

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリーを参照してないトラックバックは削除する場合があります

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 そしてGoogle Plusはこちらにどうぞ。また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

なんかいいアイテム


ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー

AMN