トップページ > IT, Internet, 動画共有・ストリーミング > You Tubeが正当な引用だといえるのでしょうか?
カスタム検索

You Tubeが正当な引用だといえるのでしょうか?

正当な範囲内の引用なら大丈夫らしいんだよね。



Clip to Evernote


近々機動戦士ガンダムDVD-BOXというのが出るわけですが「ガンダムを知りたいならとりあえず全話見ろ!全話の隅々まで見ずにガンダムの魅力は語れない!」ということで、そのために全話分の映像をアップロードしてブログにレビュー記事を書きたいのですが良いでしょうか?>バンダイさん

あ、でもオープニングとエンディングは毎回見る必要もないから、それを省いてアップロードすれば、作品の一部だけって事で正当な引用扱いになってOKなんだろうね。きっとそうだ!

以下は興味深い記事のなかから不要な改行コードなどを削除して、残りの一部を引用したものです。

YouTubeを使ったテレビ番組の『引用』の合法性に関する一考察

060724_nakajima.jpg060724_nakajima2.gif

 私はWinnyなどのP2P型のファイル共有サービスを使って音楽や映画をコピーすることは犯罪であり徹底的に取り締まるべきだと考えているが、YouTubeにテレビ番組の一部をアップロードする行動に関しては、「ある程度までは許容範囲として認めるべきではないか、必要であれば著作権法の方を変更すべき」と感じている(参照:見たい番組の存在は『放送後』に知ることが多い、だからYouTube)。

 この違いを誤解を招かないようにどうやって説明しようかと悩んでいたのだが、ちょうど良い記事をITMediaに発見した。

 ブログの主目的は『個人的体験の共有』

 人々がファイル共有サービスを使う目的は、明らかに「本来ならばお金を払って入手しなければならない音楽や映像を無料で手に入れること」であり、これは明らかに著作権法違反である。これに対して、人がYouTubeにテレビ番組の一部をアップロードする目的は、主に「こんな面白い場面があったよ」という「個人的体験の共有」である点に注目すべきだ。

 新聞のコラムニストやブロガーが、他人のブログやコラムからテキストの一部を『引用』してそれに関する議論を展開することは、既にごく一般的にされていることである。そこで私が問いたいのは、「YouTubeは今までテキストでしか可能でなかった『引用』を単にビデオにまで広げたもの」と考えることは出来ないだろうか、という質問である。

 この『引用』の合法性に関しては、日本の著作権法にも明記してある。

「公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」(著作権法、第32条)

 この第32条に照らして言えば、新聞の記事全文をそのままコピーしたものをブログのエントリーにしてしまうことは違法であるが、ブログで自分の意見を表明するために新聞記事の一部を『引用』するのであればなんら問題はない。

 それとまったく同じことがYouTubeにも言えないだろうか。テレビ番組や映画を細切れにしてアップロードし、全編を見れるようにしてしまことは違法だが、番組の一部をYouTubeにアップロードして、それに関する自分の意見をブログで表明することは、著作権法でも認められている『引用』に相当するのではないだろうか。

 典型的な例が、有名な「スプー」事件。NHKの歌のお姉さんが絵描き歌を歌いながら書いたスプーの絵があまりにも衝撃的だったために、すぐにその映像がYouTubeに上がったのだが、この目的は明らかに「個人的体験の共有」であり、私には著作権法でも認められている『正当な範囲内の引用』に限りなく近いものに思える。これによってNHKの当該番組の視聴率が下がったとはどう考えても思えないし(たぶん逆に上がったはず)、優秀な弁護士であれば、現行法のままでもあの行為を『正当な範囲内の引用』と裁判所に認めさせることも不可能ではない、と私には思えるのだがどうだろうか。専門家の意見をぜひとも聞いてみたい。

 いずれにしろ、法律というものは人々のためにあるものなのだから、それが社会の常識に合わなくなってきた時には法律の方を変えるべきである。「テレビ番組の一部を『個人的体験の共有』のためにアップロードすることぐらい許容範囲」と多くの人が考えるようになったのであれば、著作権法の方をその「常識」に会わせて変更すべきなのである。これこそがまさに、「YouTubeが著作権法にもたらしている進化圧(淘汰圧)」なのである。

マジレスするとね、自分の欲望のためにCNETというメディアを利用してこういうこと書いてるように見えるのよね。良い子のみんなは煽動されちゃダメだよ。



Clip to Evernote



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年7月24日 02:47

コメント:

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリーを参照してないトラックバックは削除する場合があります

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 そしてGoogle Plusはこちらにどうぞ。また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

なんかいいアイテム


ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー

AMN