トップページ > KAOSSILATOR カオシレーター, iPhone・iPad・iPod > iPod touchを捨てよ KAOSSILATORと街へ出よう
カスタム検索

iPod touchを捨てよ KAOSSILATORと街へ出よう

捨てないにしても、KAOSSILATORは大きくiPodを上回っている、タッチパッドのガジェットとして。



Clip to Evernote


ある朝、iPod touchに違和感を感じたのです。

これよりラジオの方がずっと面白いんじゃない?と。ラジオは意外なものに出会える可能性を持っているのに、iPodは自分が既に掌握している世界でしかないのですよね。

拡がりのない自閉回路。

本当は「ラジオ」というのも正確ではなく、他に妥当な言葉がなかったから。Amazonのように的確にレコメンドしてくれるような仕組みなら、iPodよりずっと楽しいんではないかと。

そう考えていた翌日、予約していたKAOSSILATOR(カオシレーター)が届きました。そのあとは過去記事の通り、そのことばっかり。

KORG KAOSSILATOR(コルグ カオシレーター)実機レビュー
KAOSSILATOR のオーバーダブ機能でループを作成する方法
カオシレーター(KAOSSILATOR)便利グッズ
KAOSSILATOR スケールとキーの設定

そしてiPod touchの携行をやめ、もっぱら通勤電車ではKAOSSILATORを演奏して楽しむことに。

すると「求めてたのはこれだ!」とビリビリ電流が走ったわけです。

自分の思ったとおりに演奏できないのに、思った以上の結果ももたらしてくれる意外性。これですよこれ。満員電車のなかでGarage Bandを使う気にはならないですけど、KAOSSILATORなら使える!しかも初めてGarage Bandに触れたときのような感動があります。いや、もっとスゴイか。制御不能の好結果。でもそれを生み出しているのは自分。

初めてMacに触れたときのような「やれる!」という感触に近いかも。

そんなわけで、KAOSSILATORを演奏しながらステレオケーブルで5G iPodに録音しているという、恐らく端から見れば変な人と化しつつも、とても楽しんでいるのです。以下が本日の作品の一部。

あと、初めて KAOSSILATORで作った曲もついでに載せておきます、気に入ってるので。

iPodに録音しておけば、録った演奏をすぐに楽しむことが出来ます。面白いことに、演奏時だけでなく後から聴き直しても、新しい発見や驚きがあります。

思うに、iPod touchというのはインターフェースの面白さだけで、何ら必然性がないのかもしれないですね。音楽を聴くにはボタンなどのスイッチでも良いのだし。本当はタッチスクリーン自身が一番エンタメ性をもっているから、逆に音楽や動画を楽しむのを阻害してないかしら。

来年2月にはiPod touch用アプリのSDKが公開されます。

過去の歴史に則り、どこかの誰かがiPod touch用のテルミンやピアノ鍵盤などのフリーウェアを配布するかと思います(笑)そのベクトルをちゃんと本気で伸ばせたら、もっとiPod touchは面白くなるんじゃないでしょうか。

Apple製品はやはりクリエイティブでなくては。
私がiPodに感じた違和感は、消費するのを主軸にしたアイテムだという点ですね、きっと。

【関連記事】
iPodのイヤホンは涼宮ハルヒになる手段である
リア充とiPod的な情報流通による脱コミュニケーション

KORG KO-1 / Kaossilator
KORG Kaossilator

KORG KAOSSILATOR


KORG / KAOSSILATOR

カオシレーター用コルグ純正ACアダプターKA191
カオシレーター用コルグ純正ACアダプターKA191

KORG KAOSSILATOR
KORG KAOSSILATOR(Amazon)



Clip to Evernote



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2007年11月14日 23:21

コメント:

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリーを参照してないトラックバックは削除する場合があります

» 手のひらサイズのシンセサイザー「KAOSSILATOR」 from Mega Design LaBlog
人間の発想はいつどこで起こるか分からない。 でも思いついた事は時間が経つと忘れてしまう。 いまもテープレコーダーを持ち歩いているソングライターは多いの... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月 8日 22:41

» 【シンセ】てのひらの音 from お買い物メモ
あるニュースサイトで見つけた、 手のひらサイズのシンセサイザー。 乾電池で動き、タッチパネル上で 指を好きなように走らせるだけで いろ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月20日 00:36

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 そしてGoogle Plusはこちらにどうぞ。また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

なんかいいアイテム


ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー

AMN