トップページ > Web 2.0 > 技術者がセカンドライフに無関心な理由
カスタム検索

技術者がセカンドライフに無関心な理由

3Dインターフェースが主流になると考えている不思議



Clip to Evernote


ひさびさにボーグ先生にトラックバックしてみます。
IT技術者は超保守的、セカンドライフへの無関心が持つ意味

10年たてば3Dのインターフェースが主流になるでしょう。夢のような話が登場してから、一般に普及するのに電子マネーも10年、ビデオオンデマンドも10年かかりました。

この記事、たつをさんの「3Dインターフェースは主流にはならないだろうなあ」経由で読んでみたのですが、確かにちょっと違和感のある内容ですね。

すべての絵本がポップアップ絵本にならない理由と似ていると思うんです。たつをさんも既に書いてますけど『アマゾンでCDを買うときも3Dは要りません』ということですよね。3Dでなくても済むものが多いから、当面2Dのままなんだと思います。

件の記事、3Dインターフェースとは書いてますが、ああいうのはインターフェースとは言わない。ただの見せ方です。インターフェースはマウスとキーボードですよ。3Dに向いたものではないので、三次元の仮想世界に浸るにはまだまだ。

あと、Web 2.0かどうかという点について。
初期のGoogleがいかに安上がりに開発されたかは想像に難くないですが、セカンドライフなんて見るからに莫大な費用をかけて立ち上げていそうです。

一技術者にとっては、どちらがより手の届きそうな夢かというのは言うまでもないですよね。

Web 2.0の基本はチープレボリューションに乗るところから。

さて、僕はセカンドライフやるかというと、やらないです。小一時間で飽きました。Google Earthに組み込まれたらやるかも。



Clip to Evernote



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2007年4月29日 00:07

コメント:

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリーを参照してないトラックバックは削除する場合があります

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 そしてGoogle Plusはこちらにどうぞ。また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

なんかいいアイテム


ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー

AMN