トップページ > ONEDARI BOYS, グルメ・食文化 > 伝説の炭火焼肉「ぐぅ」二号店「ぐぅ はなれ」にてホルモンナイト
カスタム検索

伝説の炭火焼肉「ぐぅ」二号店「ぐぅ はなれ」にてホルモンナイト

いまや予約するのにも予約が要りそうなほどの大人気ホルモン店、東京八重洲の「ぐぅ」に二号店が登場。ONEDARI BOYSと愉快なブロガーのみんなで美味しくいただいて来ちゃいました。



Clip to Evernote


ホルモンとクチコミの歴史、そしてホルモンとブロガーの関係を語るうえで絶対に忘れてならないのが、東京八重洲の炭火焼肉ホルモン「ぐぅ」です。

という話は割愛しまして、我々ONEDARI BOYSと30名のゆかいなブロガー達が、その二号店である「ぐぅ はなれ」にて「ホルモンナイト」と称して絶品ホルモンに舌鼓を打ちました。

で、どんな事があったかという話の前にまずはこのバナー画像をご覧ください。
ぐぅ はなれ
ぐぅ店員さんに『ONEDARI バナー見た』と告げると、秘密のメニューが一品プレゼントされます。期間は11月1日から12月23日まで。皆さんぜひ「ぐぅ はなれ」に行ってみてください!

さて、実際「ぐぅ はなれ」のお店に入るとどんな感じかというのをちょっとだけお見せしますね。

こちら長ぁ〜いカウンターと厨房。ホルモンマイスターの店長が迎えてくれます。
ぐぅカウンター
1号店よりもスッキリ洗練された店内。初めてのデートでも使えそうな焼肉店という第一印象。

和牛レバ刺し
レバ刺し
生レバー苦手な永沢さんでも「ここのなら食べられる」と言うレバ刺しです。もちろん美味しいことは言うまでもありません。

極ハラミとハツ
焼き肉
誰もが本当にほっぺたを落としてしまう極ハラミ。皆これ食べずに死なないでくれ、そんな人生は不幸だ。
そして長く薄い形に切られたジューシーで絶品のハツは、新鮮な鶏のハツかと思うほど獣っぽさを感じさせない爽やかさ。

マッコリは色々あるけれど、一番オススメはこの黒豆マッコルリ
黒豆マッコルリ
お酒なんだけど、ソフトクリームかシェイクかといったコクと甘み。しかも翌日に残らない、二日酔いにならないので平日の飲み会でも大丈夫。甘みより酸味という方には「虎 マッコルリ」というのもあります。

そしてここ「ぐぅ はなれ」でのみ提供されるという冷麺
冷麺
これはとても喜ばしいことです。個人的な話ですが最近は焼肉店に行くたびにスンドゥブ・チゲと冷麺ばかりチェックしている私です。そんな私が太鼓判を押します。ハードに飲み食いした後の胃をやさしく慰めてくれます。この冷麺は忘れず食べて欲しい。

ということでバナーを再掲。
ぐぅ はなれ
『ONEDARI バナー見た』で秘密のメニュー1品プレゼントですよ。何なのか私も知らされていません。どなたか私も連れて行ってもらえませんか。

あ、そうそう「ぐぅ はなれ」は2008年11月1日オープンです。場所は以下の通り。東京駅の八重洲口からスグ。

ぐぅ はなれ
住所:東京都中央区八重洲1-7-5 太田紙興八重洲ビル6F
電話:03-3516-3729(ミナニク)

ぐぅ
住所:東京都中央区八重洲1-7-3
電話:03-5255-3729(ミナニク)

そして最後にわだぶろぐの「炭火焼ホルモン「ぐぅ」はなれ(2)」に誘導しておきます。ここのハイビジョン動画を観て欲しい。こんなに食欲のわく動画ほかに見たことない。

実は現在「ぐぅ」はとんでもない程の人気店になっていて、なんと1日に100件もの予約電話を断っているのだそうです。そのくらい有名店に成長してしまいました。我々ONEDARI BOYSも微力ながら貢献できて嬉しい限りです。



Clip to Evernote



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年10月29日 22:59

コメント:

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリーを参照してないトラックバックは削除する場合があります

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 そしてGoogle Plusはこちらにどうぞ。また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

なんかいいアイテム


ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー

AMN