トップページ > グルメ・食文化, 社会・国際・政経 > ステルスマーケティングではなく覆面レスラーブランディングだと思う
カスタム検索

ステルスマーケティングではなく覆面レスラーブランディングだと思う

クォーターパウンダー(QUARTER POUNDER)についてはステルスというよりもむしろプロレスでいうところの「謎の覆面レスラー」なんじゃないかな



Clip to Evernote


こないだ書いた「クォーターパウンダー(QUARTER POUNDER)実態はマクドナルドだった」という記事について言及してるものがあったので、ちょっとメモ。

なぜマクドナルドはクォーターパウンダーのウェブサイトに名前を載せないのだろう。 - 日本語で書く日記 より下記引用

だまされた感に充ち満ちていて、買う気がうせたじゃないか!!
すぐばれるようなステルスマーケティング失敗事例なんか作っちゃいけないと思ったよ!

うーんそれがね、キャンペーンクイズの答えを考慮に入れると、完全に隠してたとは言い切れないんですよね。
QUARTER POUNDER BIG SECRETツアーキャンペーン

どちらかといえばモロバレ進行でしょこれ。

元々のマクドナルド店舗が「トップシークレット」に変わって、そのあと「QUARTER POUNDER」化してたことについても、もはや一連のシナリオに沿ったストーリーであることは察しがつくし、あの街でそういう出来事が起きてるというのを体感していた人は「騙された」なんて思っちゃいないはず。むしろ「乗ってやれ」というところでは。

最新のR25でも「謎のハンバーガーショップ」として記事広告がしらっと掲載されていたので、ここまでやっちゃってるものを否定的にステルスだとか言うのはちょっと違うと思うんですよ。分かっててやってるに決まってる。あえて今だからこそ、ブロガー?CGM?なにそれ?っていう前衛で先鋭な姿勢は新鮮ですよ。そういう下界に飛び交う噂とは別次元でストーリーが進んでいくんです。こういう遊びは今しかできない。

海外遠征に行ったレスラーがしらっと帰って来てて覆面なんかかぶって、従来のレスラーとはちょっと違うスタイルの技なんかを繰り出すんですよ。佐山だとか三沢だとか衆知なんですけど、それはそれでいいんです。

ビンス・マクマホンがどんな抗争してたってぜんぶ茶番なわけですよ。実はあのレスラーとあのディーヴァは夫婦だとか、あいつらは本当の兄弟じゃないとか、そんなの分かってて乗ってるわけです。たとえ茶番でもそれ外したら魅力の半分も伝わらないじゃない。

それで観客の我々としては、いつマスクが剥がれて正体が公になるのかと、そういったことにハラハラドキドキしなくちゃいけないわけです。ひょっとしたら正体はまったく別なのかも、と疑心暗鬼になったりするのです。ストーリー上、彼はまだこのベルトは獲れないぞと分かっていつつも淡い期待を胸に抱いてみるのです。

ところでそういった事とは別の面で、同店のキャッチコピー「ハンバーガーをナメているすべての人たちへ」とか「ニッポンのハンバーガーよもう遊びは終わりだ」というスカシ挑発的なフレーズに、かの有名なドコモ2.0の「さて、そろそろ反撃してもいいですか?」と同じニオイを感じとってしまい、そういう意味でかなり心配になるのは私だけでしょうか。



Clip to Evernote



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年11月14日 02:08

コメント:

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリーを参照してないトラックバックは削除する場合があります

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 そしてGoogle Plusはこちらにどうぞ。また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

なんかいいアイテム


ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー

AMN