トップページ > iPhone・iPad・iPod, 雑誌・書籍 > iPhoneはコピペできないんじゃなくて、あえてさせない
カスタム検索

iPhoneはコピペできないんじゃなくて、あえてさせない

こんなに作り込んだ端末でコピペできないなんて仕様は「わざと」に違いないだろう。そんなの「できるようになる」まで待つようなものじゃないと思うぞ。



Clip to Evernote


よく聞くiPhoneでの不便さの筆頭はやはりコピー&ペーストやカット&ペーストができないこと。

昨日、きらっちから電話番号のお知らせメールが来たんですが、iPhoneではコピペでアドレス登録できないので、メールに書かれた番号で一度ワン切りしてみて、しばらく後に向こうからさらに着信が来たところでようやく登録。手間かけさせてスマン

まあ確かに不便ですが、iPhoneというのはこれだけ作り込まれた端末です。あえてコピペ機能を実装していないととる方が正しいんじゃないでしょうか。

この一週間iPhoneとiPod touchの両方を比べながら持ち歩いてみて感じたのは、3G通信でもアプリが購入できてしまうというiPhoneの凄さです。映画「MATRIX」で「ヘリの操縦法をダウンロード」とケータイ通話で言ってたような感覚に似てます。

電車通勤での暇つぶしにとゲームをしていても、そのゲーム自体に飽きてしまうのはよくあること。iPhoneなら他のソフトのカートリッジを持ち歩く必要もなく、その場でインストールできてしまいます。実にスマート。

どこでもつながるというのは、常に新しい体験の場を提供されているということなんですね。

先日「2.0アップデートでiPod touchがいよいよ面白くなってきた」でも触れましたが、スタートレック世界ではコミュニケーション端末とコンテンツビューワーとは別物です。

iPhoneでコミュニケーションをとろうとすると大変かもしれませんが、コンテンツビュワーとしては一級品で、コンテンツ購入の仕組みもちゃんと整備されています。

わざわざ虫眼鏡がポップアップするような仰々しいカーソル移動まで用意しているというのに、コピペのUIが作れませんでしたというわけでもないでしょう。やはりわざとコピペできないと見るほうが妥当かと。

なぜ?コンテンツビュワーだから。

どんなときにケータイでコピペする必要に迫られるかと思い起こしてみれば、広義では全てコミュニケーションに関わることなんですよね。コピペは、コンテンツを楽しむだけならあまり必要ない機能。

iPhoneで唯一コミュニケーションを促しているのはApp Store購入画面での「友人に知らせる」のみ。
App Store
これでは友達に勧めるためのアドレス帳の提供なんじゃないかとすら思えてしまいます。

おっと、そういえばiPodというのは自閉回路だった。コミュニケーション端末としての機能を求めるのは筋違いか。
リア充とiPod的な情報流通による脱コミュニケーション

とはいえ、コピペ機能というかクリップボードはいずれ提供されるはず。"もっと高度なアプリを売る"ために必要だから。

ところで勝間和代先生によれば、パソコンのキーボードで打ったほうが断然早いのであれば、何も無理してケータイなどでメールを打つことなどないというわけで、だったらiPhoneでも同じことでこれでメールなんか打ってると年収10倍アップが遠のくばかりです。
勝間和代(著) 無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法
勝間和代(著) 無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法



Clip to Evernote



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年7月20日 14:32

コメント:

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリーを参照してないトラックバックは削除する場合があります

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 そしてGoogle Plusはこちらにどうぞ。また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

なんかいいアイテム


ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー

AMN