トップページ > エンターテインメント > 写真で見る実物大ガンダム建造と下半身のディテール
カスタム検索

写真で見る実物大ガンダム建造と下半身のディテール

さきの記事にて動画でもお伝えしておりますお台場の巨大ガンダム建設現場ですが、今回は写真にてさらに具にディテールなど部分詳細にも迫りたいと思います。



Clip to Evernote


いけいけぼくらのガンダム、ジオンなんかに負けないぞ!というわけで東京お台場は潮風公園にて、着々と建造中の1/1スケール 実物大ガンダム。設定身長18メートル
実物大ガンダム

6月4日時点では以下のような状態。Bパーツ(下半身)のみ設置。
実物大ガンダム
周囲には柵が設けられております。左端の人がちっちゃく見えるね。

対比物が何もなければ「プラモだ」と言われても信じてしまいそう。しかし写真を拡大してみればこれが巨大なものだと実感せずにはいられません。
実物大ガンダム

Bパーツの後ろではAパーツ(上半身)も出来上がりつつあります。
実物大ガンダム

腕部はまだ取り付けられておりません。顔は見当たりませんでした。
実物大ガンダム
これが下半身と合体するとき、作業員のひとはやっぱり「Aパーツ軸合わせよし」とか叫ぶのだろうか(笑)

ランドセル上部がちょっとだけ見えました。ごつい
実物大ガンダム

茂みナメで撮影すると偵察班のような気分にもなれます。
実物大ガンダム

偵察中のひと多すぎw
実物大ガンダム

このガンダム、お尻のキュッとしまった、なかなかのバックシャンなのです。ガンダムは後姿も大事です。
実物大ガンダム

ホントいい尻してるでしょ?
実物大ガンダム

ビームサーベル内部を施工中「トーチはこう使う」
実物大ガンダム
ていうかビームサーベルにも何か仕込まれるんでしょうか?

肩アーマーの分割はいわゆる「Ver.Ka」ことセンチネル0079版のようなカトキ分割に倣ってますね。ラストシューティングしてもかっこ悪くないのだとか。
実物大ガンダム
それにしてもこの構造だと、動かない立像として作るほうがほんとは難しいんではないだろうか?中に見える黒い円筒は巨大ポリキャップか

ちょっとカメラを振るとスグそこは海。だから恒久的な設置ができないのも納得(潮で錆びるからね)
実物大ガンダム

それにしてもレインボーブリッジとガンダムが並ぶってなんか違和感あるなあ。カトキ立ちでもガワラ立ちでもなくといった感じのポージング。
実物大ガンダム

さてそれではディテールに入っていきましょうか。

まずは足首。覆いがあって足までは見えません。それにしてもエルガイムを思わせる美しい形状&塗装ですね。
実物大ガンダム下半身ディテール

ふくらはぎから膝にかけての凄まじいパーツ分割、これぞまさにリアルタイプというべき注意書きの数々。
実物大ガンダム下半身ディテール

配色センスが素晴らしい
実物大ガンダム下半身ディテール

重機っぽくも見えてきて、本当は歩けるんじゃないかと妄想してしまいます。
実物大ガンダム下半身ディテール

太ももはスライド装甲みたいな分割。RX-78なのにムーバブルフレームか!?
実物大ガンダム下半身ディテール

腰部アーマー。やはり配色の妙
実物大ガンダム下半身ディテール

ふんどしV字の部分はよーく見ると黒い線でふちどられていますね(もしくは隙間かな?)。赤塗りの箇所上部に銀色の蝶番があるのかな?ということはここが開いて中から禁断の大気圏(ry
実物大ガンダム下半身ディテール

プラモデルではわりと四角四面にとらえられがちなガンダムのボディですが、このサイズだと曲面構成がいやでも見えて来ます。特に腰サイドアーマー曲面の美しさには惚れ惚れします。ガンプラモデラーは絶対見ておくべし。
実物大ガンダム下半身ディテール

ふんどし後部。かろうじてハイパーバズーカのマウントラッチ機能もありそうな装甲分割で安心しました。
実物大ガンダム下半身ディテール

大腿部うしろから。MAX渡辺もひれ伏すであろう天然のウェザリングには君も昇天するに違いない。
実物大ガンダム下半身ディテール

膝関節うしろ。ここだけ何か納得いかないんだよね。
実物大ガンダム下半身ディテール

パワーショベルみたいに潤滑グリスをべっとり塗ってほしいかも。
実物大ガンダム下半身ディテール

実物大ガンダム下半身ディテール

正面斜めから見るぶんには非常に美しい脚部。
実物大ガンダム下半身ディテール

実物大ガンダム下半身ディテール

スネ姿勢制御バーニアのフィンが再現できるのは実物大ならでは。
実物大ガンダム下半身ディテール

スネ前部にはいかにもメンテナンスハッチといった感のそれ。下部の蝶番は六角ボルトで締めてあり、上部のポッチ2つは「MANUAL RELEASE」だそうです。
実物大ガンダム下半身ディテール

作業員さんお疲れさまです。完成までがんばってください。
実物大ガンダム

あわせて前回の記事にて公開した、ガンダム建設現場の動画もぜひごらんください。以下がそのページへのリンクです。
動画で見るお台場ガンダム建設風景

さて、このお台場ガンダム立像をもとにしたガンプラが発売されるそうです。しかもHG(なんとHGですよ!!)を冠した30周年記念バージョン。

脚部のモールドなどを上に掲載した実物写真と比較してみたり、全体の完成を想像してみるのも面白いかも。7月25日発売、予約受付中。
HG 1/144 RX-78-2 GUNDAM Ver.G30th
ガンダム Ver.G30th30周年記念ガンプラ

また、身体が柔らかすぎるガンダムとして有名な「SUPER HCM-Pro RX-78-2 ガンダム」も、大河原邦男リアルタイプカラーが発売されるとのこと。個人的にはこちらに超興奮中。30周年はガンプラ世代にはヤバすぎるぜ!
SUPER HCM-Pro RX-78-2 ガンダム リアルカラー
SUPER HCM-Proフルハッチオープン
ガンダム リアルカラーバズーカ

【関連記事】
お台場ガンダムほぼ完成の動画
動画で見るお台場ガンダム建設風景
実物大ガンダムヘッド
ユニクロのガンダムTシャツを買ってみた
上井草 ガンダムのブロンズ像
タクシーを停めるガンダム
ガンダムのV字型アンテナは黄色か白色か?
ガンダムのツノは2本か4本か



Clip to Evernote



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2009年6月 9日 05:50

コメント:

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリーを参照してないトラックバックは削除する場合があります

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 そしてGoogle Plusはこちらにどうぞ。また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

なんかいいアイテム


ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー

AMN