トップページ > グルメ・食文化 > 生茶パンダ先生! in ボトル
カスタム検索

生茶パンダ先生! in ボトル

これほど物欲を刺激するペットボトル茶があっただろうか。見た瞬間に手にとってしまった「生茶パンダ先生! in ボトル」



Clip to Evernote


テレビみない人間としては「CMで大人気」なんていうキャッチコピーは勉強になります。

が、それ以上にこれは店頭でみてインパクト絶大でした。
生茶

「出た!生茶パンダ先生! in ボトル」数量限定なのちゃ
パンダ先生

カワイイものハンターとしては見過ごすわけにもいかず、見た瞬間に手にとってレジへと進みましたが、出勤途中であることを思い出し一旦棚に戻しました。

そして仕事帰りに満を持して購入。ボトル3本というインパクトだけでもスゴイのに真ん中にヌイグルミというビジュアルは強烈すぎ。
生茶ボトル

ペットボトル茶のおまけといえば大抵は、ボトルキャップに小袋でひっかけてあるような小さい不要なものばかりでしたから、この生茶のパンダは巨神兵で一気に攻め落とすくらいの勢いを感じます。

70~80年代あたりのエイリアン・アブダクション系映画が好きだったら、これはもう10本以上集めてボトルごと並べるしかないですね。底面からブラックライト照明をあてると雰囲気でそう。
生茶ぬいぐるみ

近年ではユニクロのTシャツがボトル(というかカプセル?)入りで成功をおさめています。僕ら幼少のころから所謂ガチャガチャのようなカプセル入り玩具に胸ときめかせていたわけですから、こういう透明ボトル入りのおまけは心ひかれるのも当然かもしれませんね。



Clip to Evernote



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2009年8月14日 22:24

コメント:

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリーを参照してないトラックバックは削除する場合があります

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 そしてGoogle Plusはこちらにどうぞ。また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

なんかいいアイテム


ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー

AMN