トップページ > エンターテインメント, グルメ・食文化 > クラヤミ食堂でトイレに行く方法
カスタム検索

クラヤミ食堂でトイレに行く方法

もじどおり真っ暗闇のクラヤミ食堂では、どうすればトイレに行くことができるのか?



Clip to Evernote


前回の「クラヤミ食堂に行ってみた」では、無事に暗闇のなかで紙エプロンを付けることができました。

さあ、いよいよクラヤミ食堂のはじまりです。

まずは「旅立ちの香り」として、両手に霧吹きのようなもので液体がふりかけられました。香水かと思ったのですが、その香りはまぎれもなくウイスキー。今回のテーマであるタリスカーでした。
ウイスキーの香り

この香りと音楽の演出によって一気に、蒸留所のあるスカイ島への旅に誘われます(この回ではそういうシナリオでした)。

そして周りの皆さんにご挨拶し、自己紹介。
乾杯!
握手などもして互いの間合いを計ったら、ここで一斉にタリスカー10年のソーダ割りで乾杯です!

乾杯!
が、正面にいた人がとても大人しい方であまり声を発していなかったので、何度も何度も「乾杯!」と腕を振り上げては空振り。そのうち水の入ったコップにぶつかりテーブルの上がびしょ濡れになってしまいました(笑)

係の方に外まで連れていかれ、そこで服をチェック。幸いなことにどこも濡れていませんでした。

またすぐにテーブルに戻ったのですが、この小事件のおかげで、表情が見えないながらも皆の緊張もほぐれているように感じました。自然と会話の輪ができあがっていたんです。

最初の料理は、海鮮のカルパッチョ。
手探り

目が見えてないので箸を使うのはとても難しいです。だからフォークを使ってあてずっぽで刺して食べました。
フォークで刺す

口にしてから『これはホタテ?わかめ?』といった感じに、見えないのを逆手にとってクイズのように楽しめます。
食べる

食べ終わったかどうか分からないので、お皿を手でさわってみて確認しました。勢いあまって向かいの人のお皿まで手を伸ばしてしまったりも(笑)
向かいの人の皿!
そんなハプニングは周囲のひとも多々あったんでしょうけど、まあ黙っていれば誰にも分からないという面白さもありますね。

カルパッチョのつぎはスープ。
タリスカー10年をミストスタイルで、そしてペッパーオントップでと、お料理にあわせて饗されるタリスカーも次々に変わります。
酒を飲む

暗闇だとお酒の香りや氷、泡、グラスの形が、いつもは気にしないようなレベルで気になりますね。どんなウンチクよりもずっと、こうして暗闇で飲んでみるのが一番かもしれません。ウイスキーは暗闇が似合うお酒だと思うし。

ところで司会の方からも注意があったのですが、どうやら暗闇だとお酒を飲み過ぎてしまうようです。テイスティングのつもりでいても、視覚情報が不足しているぶん、ついつい舌に触れる量で補おうとするんでしょうね。
酒を飲む

その酒量に伴い酔ってしまうのも問題ですが、トイレが近くなってしまうという避け難い事態も起きます。しかし、視界を奪われた状態でどうやってトイレに行けばいいんでしょうか?

大丈夫です。
席についたままスッと手をあげれば、係の人が来てくれます。「トイレに行きたい」と言えばちゃんと手をひいて連れていってくれますよ。

さすがにトイレに入ってからは目隠しをとることができます。そこは心配しなくていいです。用が済んだら目隠しをしてトイレのドアを開ければ、またテーブルまで連れていってもらえます。
トイレ

ここでひとつアドバイス。
トイレから戻ったときはちゃんと「戻りました」と宣言することをお薦めします。誰も何も見えていないですし、視界がないので皆さん会話にとても神経を集中しております。ふらっと戻ってきても気付いてもらえないのです。だからテーブルに戻ったことをちゃんと伝えた方がいいです。
乾杯!
以上、私のクラヤミトイレ経験談でした(笑)
そしてこのクラヤミ食堂レポートは最終回の「クラヤミ食堂はお口のなかでしあわせが大きくなるレストランだった」へとつづきます。

それにしてもタリスカーは良いお酒ですね。
これまでほとんど飲んだことがなかったんですけども、10年、18年、ディスティラーズエディションを色んなスタイルで楽しむことができて、一気にファンになってしまいました。家飲みの習慣はあまりないので、どこかのバーに置いてあったらまた飲んでみよう。



Clip to Evernote



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2010年11月 8日 06:18

コメント:

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリーを参照してないトラックバックは削除する場合があります

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 そしてGoogle Plusはこちらにどうぞ。また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

なんかいいアイテム


ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー

AMN