トップページ > エンターテインメント > 映画「トロン・レガシー」を観た感想
カスタム検索

映画「トロン・レガシー」を観た感想

四半世紀以上を経た、かの名作「トロン」の続編。ダフトパンクがサントラ担当ということで楽しみに観てきた。



Clip to Evernote


先週末にディズニー映画「トロン・レガシー」を観てきたので感想を。以下ネタバレも少々あるかもしれないのでお気をつけください。

まず前提として、80年代に公開された前作「トロン(TRON)」の続編になります。時間軸的には多分あの映画のしばらくあとなのでしょうが、エンコム社のCEOとなったフリンが息子をのこしてとつぜん失踪します。

まあ前作を観たわれわれはもちろん失踪ではなくコンピュータの中にいるであろうことは予測できます。しかし映画内の世の中的にはそんなこと思うはずもなく、フリン氏が失踪して四半世紀、いまだ行方不明となっております。

そして立派な青年に成長したフリンの息子が、ひょんなことからコンピュータ(劇中ではグリッドと呼ばれる)の中に入って、お父さんを助けるための大冒険をするわけですな。予想どおりの展開というか。

さて、前作「トロン」は世界で初めて本格的にコンピュータグラフィックスを取り入れた映像表現で「あっ」と言わせてくれた作品でしたが、今作「トロン・レガシー」は、今やあたりまえとなったスゴイCGと3Dで同様の世界観を描くというもの。焼き直しというか。

CGはすばらしいですが、映像表現的な驚きは当然ないですわな。昨今の映画ではどれも当たり前のレベルだと思いますから。

ストーリーや世界観の設定なども(約30年前のが下地ですから)真新しいものではなく、むしろ「マトリックスから10年経ってんのにこれ!?」という感じです。そういう意味ではまさにレガシー(笑)

コンピュータ内のプログラム=登場人物たちは背中にディスクを背負ってます。いまやSSDも普及しはじめたというのにまだディスクというのが驚きですね。

もう一度言います
「マトリックスから10年経ってんのにこれ!?」

とまあ低い評価になってしまいがちですが、ところがどっこい音楽のほうは大変良いですね。ダフトパンクによるサントラは素晴らしいものでした。

ていうか、音楽しか気になる点がない!

それほどまでに名作の続編としてバランスを欠いてる「トロン・レガシー」ですが、ダフトパンクは悪くない。むしろ彼らはベストを尽くしてると言えましょう。その証拠に、僕はこれほどまでに酷評しつつも、サントラだけは購入しましたからね。本当に音楽だけは良かった。

ところで今年もっとも良かった映画は「トイ・ストーリー3」でした。年間ベストとワーストがどちらもディズニー映画とは、ずいぶん層が厚いですね。

あ、そうそう、肝心のトロン(登場人物としてのトロン)はデザインが変わりすぎてて誰だか分かりませんでした。いきなり最後に自問自答に打ち克ってフリンらを助けるわけですが、まあほとんどどうでも良い存在になっていました。



Clip to Evernote



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2010年12月30日 10:25

コメント:

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリーを参照してないトラックバックは削除する場合があります

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 そしてGoogle Plusはこちらにどうぞ。また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

なんかいいアイテム


ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー

AMN