トップページ > Art, CG、動画、音楽などの習作, おもちゃ・ホビー > 人形アニメーション教室で造型粘土スカルピーによるキャラクター造型を学ぶ
カスタム検索

人形アニメーション教室で造型粘土スカルピーによるキャラクター造型を学ぶ

ストップモーションアニメ用のキャラクター造型を学ぶ教室に参加してきました。



Clip to Evernote


ひょんなことからストップモーションアニメ作家の船本恵太さんと知合いました。

その船本さんの人形アニメ教室にて、キムラヒデキ先生による造形専門クラスが開設されたとのこと。無料体験に誘っていただいたので、ワクワクしながら参加してまいりました!

※ 教室の紹介サイトは以下になります。
船本恵太 人形アニメーション教室・クレイアニメーション教室

撮影に入るずっと前のプロセス、肝心要の人形製作に関する教室です。

一応ガンプラ世代の僕は、ストリームベースの小田雅弘さんに始まり、速水仁司さん、ヒゲのプラモ怪人、MAX渡辺さんなどなどの記事には目を通してきていますが、スカルピー造型をやるのは初めて。キムラ先生、船本先生がいい感じのお兄さんだからか女性の生徒さんも多く、和気あいあいと楽しく造型について学ぶことができました。下の写真はキムラ先生。
キムラヒデキ先生

さて、まずはデザイン画を描きます。
斜め顔を描いていたら先生に「三面図にしてください」とツッコまれてしまいました。ですよね、この口元とか二次元すぎですもんね。
スカルピー造形用のデザイン画

ほんで写真ば撮り忘れたんじゃけど、バルサ材を削って芯をつくるがじゃ。その芯にスカルピー造型粘土を盛っていきます。あとで剥がれないよう、最初は薄く芯に練り込みます。

あとから次第に粘土をもりもりして、ヘラなどを使って整形。
デザイン画を見ながら作業

大きく垂れたウサギ耳は別パーツにしました。頭部にピンバイスで穴をあけ、焼いたあとで耳部の芯棒(糸ヒューズ)を差し込みます。
スカルピー造形

形ができたらオーブンに入れて15分チン!そしてさらに粗熱がとれるまで10分放置。これで柔らかかった粘土が固まります。
オーブンで焼成

とりあえず別パーツだった耳をハメ込んでみました。うん、いいじゃない!
スカルピー焼成完了
このあとヒビ割れをパテで修復したり、サンドペーパーかけたり着色したりという工程を経て完成となります。が、今日はここまででタイムアウトでした。

さあ、デザイン画ともう一度見比べてみましょう。
デザイン画

どうかな?
二次元キャラの鉛筆画から立体を起こすというのは難しいものですね。
ドロンくん完成

ちなみにデザインの元になったのは「ドロンくん」です。最近の自分の画風に合わせてデザイン画のほうでアップデートしてみたつもりでしたが、いざ立体におこすとCG版のほうの造型に引っ張られて中途半端になっちゃったかな。

でも、これまでCGでしか存在してなかったキャラが物理的に立体化されるというのは感動も大きいですね。スカルピーもっともっと使ってみたいと思いました。

ところで僕は今回スカルピー造型でしたが、ほかにはシリコーンキャストやったりアーマチュア製作やったりと多彩。ていうかテラカオスwww
シリコンキャスト
キムラ先生によれば、そういった皆さん好きなことをしつつ、各々の疑問を解消するための教室でもあるとか。

日常的にWebがアウトプット先になる仕事をしていると、ものづくりしているという自負はあっても、やはりこうして手にとって触れるものを作るというのが圧倒的に不足しているなと反省することしきり。パソコンしか使わなくなってしまったデザイナーさんや絵描きの方も、たまにはこういう世界に戻っておいでよ。そう強く感じました。

教室は千駄ヶ谷、詳細は以下のリンク先よりどうぞ。
船本恵太 人形アニメーション教室・クレイアニメーション教室



Clip to Evernote



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2010年9月16日 04:16

コメント:

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリーを参照してないトラックバックは削除する場合があります

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 そしてGoogle Plusはこちらにどうぞ。また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

なんかいいアイテム


ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー

AMN