トップページ > エレクトロニクス > ソフマップ買取は荷物を引き取りに来てもらう方がお得かもしれない
カスタム検索

ソフマップ買取は荷物を引き取りに来てもらう方がお得かもしれない

自分で発送してみて分かったデメリット



Clip to Evernote


大掃除の余波ででてきた「これ使ってないな」「これ場所とるわりに活躍してないな」といったガジェット類を売りに出すことにしました。「ALESIS airFX」とか今となっては貴重なガジェットだけど、もう電池駆動じゃない機器はちとツライもんな。

業者に買い取ってもらうよりもヤフオクのほうが高く売れるのは分かってますが、細かいもの多数の場合はひとつずつオークションして発送してという負担が大きいです。だからソフマップにまとめて買い取ってもらうことにしました。
ソフマップ買取サービス

さて、ソフマップの買取サービスでは自分で荷物を発送するか宅配業者に引き取りに来てもらうか選択できます。

以前に利用したときはタワー型コンピュータなどの大物だったので、迷わず宅配業者に引き取りに来てもらいました。有償ですが梱包用の箱も提供してもらえます。これとても便利。

しかし今回は早いとこ部屋から荷物をどけて広々させたかった(なにしろおかげで大掃除がまだ完了してないのだから)ということもあり、宅配業者の都合にあわせず自分で発送してしまうことにしました。ところがいざやってみると、これが結構めんどくさいし、ひょっとしてお金もよけいに必要?というわけで違いを以下にリストアップしてみました。

宅配業者の引き取りの場合

  • 業者の到着を待つ必要がある
  • 一梱包あたり1,000円かかる
  • 有料だが段ボール箱は持ってきてもらえる
  • 重い荷物を取次店まで運ばなくてよい

自分で発送する場合

  • 好きなときに発送してしまえる
  • 荷物の配送料は自分持ち
  • 段ボール箱は自分で用意
  • 重い荷物を取次店まで運ぶ必要あり
  • 住民票が梱包ごとに必要

(以前の買取のときのうろ覚えと比較している上に、買取条件のページを見ながらリストアップしたわけではないので、もしかしたら多々まちがってる部分もあるかもしれないです。ご指摘いただければ幸いです)

住民票が必要というのは、買取に際しての身分証明が必要ということです。免許証のコピーなどは不可。自分で発送する場合にはこれが必ず必要なのだそうです。今回は二梱包を送ったので二通の住民票発行で400円もかかってしまいました。そのうえ二梱包で発送料が1,300円ほどになったのです。

こりゃあ思ってた以上の痛手ですね。高価なものならまだしも、安いガジェットの詰め合わせみたいなものを査定してもらうわけですから、初期費用が高すぎます。また、ニンテンドーDS Liteおよびいくつかのソフトも買い取ってもらおうと思っていたのですが、ゲーム関係はまた別に申し込む必要あり=別の梱包にする必要性=さらに送料と住民票代金が増えるということで、とりあえず今回はあきらめました。

安いものを売るときはうまく利用して少しでもお得な売り方をしたいものですね。ちなみにソフマップの場合は製品の箱は査定に影響しません。むかしMacを購入したときなどは、下取りにするときのために箱を保存したりしていたものですが、今はそういう必要もないのですね。心置きなく箱を捨てて、そのぶん押し入れや部屋を広く使えますね。でもくれぐれも付属品の欠品は避けられたし。USBケーブル一本足りないだけでも1,000円くらい引かれたことがあります。痛いわ。

しかしなあ、楽器などはともかくパソコンやデジカメ本体はほんと二束三文ですね。資産価値ナシですわ。次々に買い替えていくか、レンタルやリースなどで済ませたほうがお得なんでしょうね。ちょっと見直したほうがいいかなあ。

あ、そうそう、ネットで申し込んでの買い取りだけでなく、もちろんソフマップ実店舗でも買い取り査定はできますし、池袋のビックパソコン館にもソフマップ買取センターがあるので、そこに直接持ち込んで買い取ってもらったこともあります。仕事帰りに立ち寄って査定してもらったりできますので、そちらのほうも上手く利用したいところです。



Clip to Evernote



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2011年1月11日 09:25

コメント:

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリーを参照してないトラックバックは削除する場合があります

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 そしてGoogle Plusはこちらにどうぞ。また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

なんかいいアイテム


ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー

AMN