トップページ > 旅行・乗物 > 厳寒のオーロラ観測ツアーはじつはポカポカだった
カスタム検索

厳寒のオーロラ観測ツアーはじつはポカポカだった

厳しい寒さだからこそ、屋内で暖かい飲物と暖炉であたたまりながら、マシュマロやクッキーなど食べながら、オーロラの出現を待つという観光ツアーだったのだ。



Clip to Evernote


カナダ観光局さんの招待により、カナダの旅をブログでリポートしています。
Aurora "Northern lights" Canada

冬のカナダでの一番の目的はオーロラの観測だったんですけども、11月下旬とはいえホワイトホースは既にマイナス25度を記録するという極寒の環境。そこで撮影なんかしたら僕自身もカメラも死ぬんではないかと大げさに考えておりましたが、それはただの杞憂でした。

当たり前ですけども、
観光ツアーですから寒さをしのぐ準備は万端
暖炉

今回は二晩にわたり、別々の2社のオーロラ観測ツアーに参加しましたが、2社ともロッジだかバンガローだかの建物があり、暖炉またはキャンプファイアがあり、ソファやチェアでホットチョコレートでも飲んでくつろぎながらのスタイル。
Aurora "Northern lights" Canada

bungalow

外出るにしてもレンタルの重装備によりまったく寒くない。
日本じゃ見た事もないような長靴とか、とにかく全身を凍傷から守る装備を借りられるので安心。顔(ほっぺた)はちょっと冷たいけどネックウォーマーとか目出し帽で覆えば万全ですね。
防寒具

で、こちらの写真はガイドさん撮影によるオーロラ撮影中の僕の姿
aurora
このテントはカナダ先住民スタイルの住居ティピーです。なかで火を焚いてマシュマロ焼いたりもできますよ。

動画(タイムラプス)撮ってきたのでご覧くださいませ

で、皆さん気になるのは実際にはどう見えるのかという事でしょう?これ案外ちがうのですよ写真や映像なんかとはね。

最初まずは白っぽい薄らした光が空にぼんやり輝きはじめます。下の写真がそうなんですが分かりますかね?ちゃんとキャリブレーションしたモニタじゃないと暗いかも。
Aurora "Northern lights" Canada

大切なのはこれを見逃さずに写真撮ってみること。肉眼では白っぽくても、街灯りであれば赤味が強く出ますし、オーロラであれば緑色が強く出ます。

このくらいになってくればもうハッキリ分かります。
Aurora "Northern lights" Canada

それがだんだん明るくなってきて...
Aurora "Northern lights" Canada

あっちゅうまに爆発しますよ。
オーロラ

そんで、運良くカーテン状のうねりも観測できました。
Aurora "Northern lights" Canada

本当に風になびくカーテンみたいにうねります。
Aurora "Northern lights" Canada

これもあっちゅうまに形が変化していきます。
Aurora "Northern lights" Canada

実際にはこういう写真に写ったものとは全然違っていて、肉眼ならもっと弱い光も見えますので空全体がよりコントラストが低い発光をしてるような、それでいて明るい部分は畜光塗料に濃淡や強弱がついたような印象。そこに赤色の発光もすこし加わります。分かりにくい説明だなw

写真やる方なら分かるかと思いますけども、諸事情によりこれらは15秒以上シャッター開いてまして、もしそれで風にそよぐカーテンなんか撮ったらどうなるか想像してみると分かりやすいかと思います。

つまり僕の上に挙げた写真なんかはエッジが立ってないんですね。実際にはもっとシャープに見えてます。まあ、季節や地域や、日によっても状態は変わりますので、あくまでも僕が見たものについての印象ですけどね。あ、さらに分かりにくいかw

オーロラが出るまでは、まるで宇宙にいるかのような満点の星空で、そしてオーロラが出現したら視界いっぱいに光の波です。前出のYouTube動画のコメントでは

この動画みて新婚旅行ここに決めた。どうもありがとう。

なんていうコメントもいただいております。
うん、それは正解だね。

11月末だと三日もホワイトホースに滞在していればほぼ見られるようです。これからの季節ならなおさら。じつは8月くらいからも見えることがあるようですね。

今回参加したツアーは日本人ガイドさんもおり、他のお客さんも日本人の方々でした。じつは日本人ほどオーロラ観賞に熱意をかたむける国民はいないそうで、英語できない私でも安心して厳しい自然環境のなかに飛び込んでいけましたよ。
続き記事:実際オーロラの撮影方法ってどうなのよ、そして私はいかに撮影機材を減らしたか

写真はホワイトホース郊外のB&B
ここの部屋の窓からもオーロラは見ることができます。
B&B



Clip to Evernote



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2011年12月16日 20:50

コメント:

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリーを参照してないトラックバックは削除する場合があります

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 そしてGoogle Plusはこちらにどうぞ。また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

なんかいいアイテム


ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー

AMN