トップページ > グルメ・食文化 > 自家製の納豆に挑戦してみたぜ!
カスタム検索

自家製の納豆に挑戦してみたぜ!

納豆も自炊の時代だぜ。震災の影響で納豆不足の昨今、自作納豆にチャレンジするなら今しかない!



Clip to Evernote


スーパーを巡っても納豆なんてほぼ売ってないんですよ。
生協のカタログなんかには載ってますが、載ってるだけで入荷はできないみたい。そんな折り、近所のお豆腐屋さんで2パックだけ売ってるのを見かけました。すかさず1つだけゲット!(買い占めはいかんからね)
納豆パック

容器や包装がないために出荷できない工場が多いとの報道ですが、このゲットした納豆、本来とは違う容器や包装で頑張って出荷しているメーカーさんなのだそうです。

さて納豆を入手したとはいえ、これをその日の晩ご飯ですべて食べ切ってしまってはいけません。そんなことするのは愚の骨頂だと「金持ち父さん貧乏父さん」にも書いてありました。書いてないけど、僕にはそう読めました。せっかく手に入れた納豆ですから、これを元手に増やしてみます。

納豆自作を検索してみたらば、牧野さんの書いたマイコミ記事がヒットしました。料理上手と評判の知り合いが書いてるので、これを信頼して参考としてみることにします。
【ハウツー】品薄の納豆、どうしても食べたいので自作した! 「自家製納豆レシピ」 (1) 大豆とタネとなる納豆1パックだけで完成 | ライフ | マイコミジャーナル

まずは大豆の水煮缶詰を用意しました。すでに茹でてあるので水で戻す手間も時間も不要です。
大豆缶詰

この大豆を軽くボイルしました。茹でるというか温めるだけ、そしてザルにあけて湯きりします。
大豆ゆでる

この熱々の状態で、買ってきた納豆を投入します。これで、納豆についた納豆菌が繁殖して、この大豆たちも納豆に生まれ変わるはず。
大豆に納豆をまぜる

量は1パックの30%くらいで試してみました。
前出の記事によれば、熱々のまま納豆を投入するのは「雑菌などを入りにくくするため」と「弱々しい納豆菌はこの段階でいなくなるので、たくましい菌だけが残ってくれる」という理由だそうです。

さて発酵の段ですが、30〜45℃くらいが好条件だそう。いろいろ工夫するのも面倒なので蒸し器につっこんでおきました。温度が下がりかけたら火をくべる感じで。
納豆を仕込んでおります

空気に触れることも大切なので、器のフタは開けっ放し。でも蒸し器から水滴が落ちてもいやですから、蒸し器は沸騰させないようにあくまでも30〜45℃あたりで温めます。

で、一日置いといたらなんか豆の表面が白っぽくなっております。ひとつつまんでみたら糸ひきました。匂いもちゃんと納豆です。
24時間以上寝かす

箸でかき混ぜてみるとこりゃもう完ぺきな納豆ではないですか!
糸引きネバネバ納豆

卵と醤油をまぜてご飯にかけていただきました。旨かった!
納豆ごはん

種になる納豆が入手できない場合でも、納豆を自作するための「手作り納豆キット」なるものもAmazonで購入できるようですね(下のリンク先のもの)。「付属の納豆菌でおおよそ90回分の納豆が作れます」だそうです。
アウベルクラフト 手作り納豆キット
手作り納豆キット

また、納豆菌だけでもネットで買えるみたいです。
納豆菌の販売 納豆素本舗 ■高橋祐蔵研究所■
納豆菌の入手先:納豆学会(Nattou Gakkai)



Clip to Evernote



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2011年4月 7日 18:40

コメント:

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリーを参照してないトラックバックは削除する場合があります

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 そしてGoogle Plusはこちらにどうぞ。また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

なんかいいアイテム


ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー

AMN