トップページ > iPhone・iPad・iPod > 売れる潜在能力があるものは、ちゃんと船出できれば売れるということ
カスタム検索

売れる潜在能力があるものは、ちゃんと船出できれば売れるということ

ブログとソーシャルメディア活用のプロモーションが功を奏してか、iPhoneアプリ「Super 英単語 30000」が App Store 有料ランキングで一位獲得



Clip to Evernote


トイレでApp Store眺めてたら、昨日ブログに書いた「Super 英単語 30000」がダウンロードランキングで一位になっていました。
Super 英単語 30000 - podotree, inc.
Super 英単語 30000 一位獲得

AMNさんのタイアップレビューで開発版のときから試用させてもらってたのですが、これほんとビックリするほどのクオリティです。

先行発売していた韓国でも一位だったそうですが、日本でもそうなるのかやや心配なところもありました。特に言語を扱うものなので、国産以外のものがそう簡単に受け入れられるかどうかという点。実際に使ってみて良い物だというのは分かってましたので、あとは僕なんかはそれをちゃんと伝えられるのか?ということが懸案だったわけですけれども、どうやら杞憂だったようですね。

安すぎるので逆に少し高めに価格設定したほうが...という話もしたように思いますが、安さもあって購入したというコメントもいくつかいただきました。

で、こういった良い製品というのは、ちゃんと告知さえできれば売れるんですよね。

よく僕のところにプロモーション依頼のメールなどが届きますけれども、大抵のものはお断りしていて、なぜなら「これ違うでしょ?」と思うこと多々だからです。それでも担当者の話を聞いてみて「良い」と思えば有りですし、やっぱりあり得なければ無しです。これ常々言ってる、われわれコンテンツ制作者側が読者・視聴者に信頼してもらっている部分=感度や目利きの部分ですから、たとえお金積まれても美女が横たわっていても無理であれば無理です。

で、ずーっとお付き合いしてる方などでもそれは同じで、ナシならナシですし、そこ分かってないとこんなものは告知になど使えないわけで、やっぱりそのへんの話し合いやお互い勉強する点はあります。ブログやソーシャルメディアを活用するということであれば、書いてる人間が消費者と企業との対話を橋渡しするわけですから、この橋が揺らぐようなものはダメだと判断するしかないです。

ちょうど四年前の「僕のウェブ動画が目指している方向」という記事にて『ここまでの結果を得られて初めて、本当に「伝わった」ということなんだと気付いた』と書いてます。

「ここまでの結果」とは何か要約すると、僕が紹介した製品を「購入した」ということ。これとても重要で、ブログ読みました、動画観ました、面白いからコメントしますね、という障壁の低いコミュニケーションではなくて、財布を開けるほどの何かをもたらしたということの方がコミュニケーションとして重いわけです。

ただし「売る」ことが目的ではなくて、「これいいよね」というのを共有するための情報の配信であり、また一方での「購入」そして「買って良かった」なのです。このへんの心理については、いつのまにかインターネットが「いいね」と「RT」と「リブログ」であふれていることからも分かります。つまり共感しあえると気持ちいいんです。

「売る」ことが目的になると売りにかかるわけですから当然売りつけることにもつながりますしお互い気持ち良いことではありません。だったら僕は自分で店もってそこの商品のプロモでもやってる方が良いわけですが、そこは実はまったく違うレイヤーだというのをお客さんに認識してもらうのが第一歩です。(追記:お客さんというのは、プロモーションしたいと言う方々のことね)

で、熱くなると富野節に文体が似てきて申訳ないのですが、何が言いたいかといえば標題の通り、売れる潜在能力があるものは、ちゃんと船出できれば売れるということです。これをいま消費者同士が「いいね」という共感のためにやっているということです。売れる潜在能力というのは「いいね」の種になる部分です。

それを最初に発信するブロガーなどは種に水をやるようなもんです。「これ花咲かないだろうな」とか「こういう植物はムリ」とか思えば水やらないです。ましてや自分ちの庭に種を植えるのですから、下手なマーケターさんなどは「これそぐわないでしょ?ちゃんと見てから言えばいいのに」とか思われてしまうわけです。

というわけで、このアプリはちゃんと芽が出ましたね。うまく皆さんの「いいね」が広がったのだと思います。良かった良かった。
Super 英単語 30000 - podotree, inc.
Super 英単語 30000 - podotree, inc.



Clip to Evernote



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2011年5月26日 22:27

コメント:

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリーを参照してないトラックバックは削除する場合があります

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 そしてGoogle Plusはこちらにどうぞ。また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

なんかいいアイテム


ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー

AMN