トップページ > Mac, iPhone・iPad・iPod, エレクトロニクス > [PR] 自宅ハードディスクにある音楽・動画・写真をiPhoneやiPadにて視聴できるLAN DISK Home HDL-S そして HDL-CE
カスタム検索

[PR] 自宅ハードディスクにある音楽・動画・写真をiPhoneやiPadにて視聴できるLAN DISK Home HDL-S そして HDL-CE

PC向けのファイルサーバとして利用できるNAS製品なのですが、iOSデバイス向けのアプリからコンテンツ視聴もできるというLAN DISK Home HDL-Sを試してみました。



Clip to Evernote


[PR] この記事はタイアップ企画です。当ブログと企業・団体等とのタイアップによる記事です。

世の中クラウドの方向に向かっていますけども、まだまだ容量が足りないというのが現状。

特に僕みたいに日常的にビデオを扱っていると、ファイルの移動だけで日が暮れてしまうこともしばしば。そこでアイ・オーデータさんからNAS製品をレビュー用に提供していただけたので、ワクワクしながら使ってみました。
HDL-Sシリーズ製品一覧ページPC周辺機器ioPLAZA

うちの無線LANはアップルのAirMac Expressを利用しているんですけども、Mac側のユーティリティーにてこの設定を「ブリッジ接続」にしておく必要があります。というのが付属マニュアルに書いてなかったので、AirMacユーザの方は参考にしてみてください。

さて、実際の使用感です。
まず家庭内LANからのアクセスについてですが、これは通常のファイル共有サーバと同じようにFinderの「サーバへ接続」でIP指定するだけで済んでしまいます。これは無問題。

次にノマドワーク時のお外からの利用ですが、これはJAVAの専用リモートアクセスソフトが用意されているので、こちらも難なくつながりました。
リモートアクセス
イー・モバイル回線にて100MBくらいの動画ファイルを落としてみましたが、まずまずの許容範囲といった感。

いつも家で利用しているファイルサーバからそのまま取って来れるというのは良いですね。おかげでUSBメモリやポータブルHDDの使用頻度は減り気味になっております。あたりまえですが、クラウドみたいに同期の必要もないですし、ファイル共有Webサービスのように事前にアップロード送信しておく必要もないです。

で、この製品のいちばんのウリになってるiPhoneiPadからのコンテンツ視聴について。専用アプリを介して、動画・音楽・写真をiOSデバイスで視聴できるというものですが、音楽はなかなか使えるかもしれません。

僕の場合、やたらiPhoneのカメラで写真や動画を撮影することが多いため、そのぶんiPodの音楽ファイルはほとんど入っていません。そうでなくとも、皆さんiTunesフォルダぜんぶを転送するのは、現在のiPhoneの容量では不可能ですよね?

あの曲がいま聴きたい!
家にならあるのに!

といったことは多々あると思いますが、それがなんとか解決された形になりました。下の写真の通り、3G通信にて再生しております。

電車での移動中などは難しいのかもしれませんが、カフェで仕事してるときのBGMとしてはほぼ問題なく3G回線にて使用できました(もちろん回線自体の品質によるところは大きいです><)。一応バックグラウンドでも音楽再生してくれるのが嬉しいところ。

さて問題の動画ですが、長編映画を3G通信でとなると敷居が高い。以下の写真のようになんとか再生はできるものの、やはり3G通信は途切れることはありますね。

自宅のLANであれば途切れることなく最後まで視聴できましたので、旅行先のホテルなどで安定したネットワークがあれば、自宅に置いている映画ファイルを視聴するというのも可能だと思います(今回はQuickTime書き出し設定の「iPod用」でエンコードしたQVGAの動画ファイルを使用しました。それよりビットレートが高いのは現実的かどうかちょっと分からん)。まあとにかく通信環境によると。

あと写真も見ることができます。スライドショーも可能ですので、デジタルフォトフレーム的にも利用できます。単身赴任や長期出張時などは、家に残った家族に新たな写真を足していってもらえれば、スライドショーもアップデートされますしね。面白い活用ができそうです。

iTunesサーバとしても利用できます。MacBook Airのような容量の少ないマシンでは、iTunesフォルダをこのLAN DISKにまかせてしまうのが現実的でしょうね。そうして保存してある曲が、前述のiPhoneやiPadからのアクセスでそのまま聴けますので、なかなか重宝するんではないかと思います。

ひとつ要望としては、TimeMachine非対応ですので、これはぜひとも実現してほしいところです。とにもかくにも、通信環境さえなんとか確保できれば、家で使ってるファイルサーバにつながるというのは、クラウドやポータブルHDDよりもずっと便利なように思いました。

とくに、サブマシンのつもりで購入したMacBook Airがなぜかメインマシンになりつつあるという方々が多いと思いますので、いちいちUSBでつないだりせずとも、こうしたNASを活用すればもっとスマートな生活になるんじゃないかな。そしてiPhoneからも音楽などにアクセスできるのだから、大したものだと思いました。
HDL-Sシリーズ製品一覧ページ
http://www.ioplaza.jp/shop/r/rhdls=hd110808

あ、そうそう、自宅回線を利用する製品ですので、少なくともADSL回線ではなく光回線は必須じゃないかと思います。
iOSデバイス向けの視聴アプリは以下からダウンロードできます。
iPhone用ホームメディアリンク
iPad用ホームメディアリンク

さらに追記ですけども
アンドロイドにも対応しているHDL-CEという機種もレビューいたしました!

※ アイ・オー・データ機器タイアップ記事です。レビューに使用した製品はアイ・オー・データ機器より提供されています。



Clip to Evernote



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2011年8月 8日 10:53

コメント:

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリーを参照してないトラックバックは削除する場合があります

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 そしてGoogle Plusはこちらにどうぞ。また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

なんかいいアイテム


ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー

AMN