トップページ > エレクトロニクス > 水没したポケットWi-Fi端末はその後どうなったか
カスタム検索

水没したポケットWi-Fi端末はその後どうなったか

四万十川に落としてしまったイー・モバイルPocket Wi-Fi端末GL02Pでありますが、その後もちゃんと動いております。



Clip to Evernote


これまでの経緯をご存知ない方は、まずこの動画だけでもご覧くださいませ

先月のなかごろ、とある企画にて四万十川の旅に出たのですが、その道中にてポケワイ端末を川に水没させるという大ポカをやってしまったわけです(笑)

で、その後どうなった?という質問がありましたので、お答えいたします。結論から言えば、その後も問題なく使えているのです。

上の動画で言ってるような対処で正しいかどうかは別として、結果としては使えているので良いかなと。バギーな挙動なのは最初からだし(笑)YouTubeコメントではシリカゲル入りの袋で密閉という案もいただいております。

で、乾かしてからの初回起動時のみ、ちょっとした異変がありまして、使っているうちに液晶窓のところが内側から曇ってきて、水滴がすこし付いておりました。使い続けることで、どうにか熱で蒸発させましたが、念には念を入れてもうすこし乾燥時間をとった方が良かったかもしれないですね(旅ブログ企画の道中なのでどうしても焦ってしまいまして)。

それにしても、ガラケーやデジカメの世界では防水はあたりまえの仕様になってるのに、モバイルルーターはなぜ防水にならないんでしょうね? そういうの出たら飛びつくかもしんないけどなぁ。



Clip to Evernote



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2012年10月14日 20:28

コメント:

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリーを参照してないトラックバックは削除する場合があります

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 そしてGoogle Plusはこちらにどうぞ。また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

なんかいいアイテム


ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー

AMN