トップページ > KAOSSILATOR カオシレーター, iPhone・iPad・iPod > 「iKaossilator」実機発表か?そして私はいかにして動画のBGMにこのアプリを使うようになったか
カスタム検索

「iKaossilator」実機発表か?そして私はいかにして動画のBGMにこのアプリを使うようになったか

待望のGarageBand対応アップデート。本気で使える KORG iKaossilator ですが、これの作例ビデオをちょっとご紹介します。



Clip to Evernote


待ちに待った「iKaossilator」のアップデートが出ました!以下のリンク先よりダウンロードできます。
KORG iKaossilator - KORG INC.
KORG iKaossilator - KORG INC.

何を待ってたかというと、iOSのガレージバンドにコピペできる機能。もう、これが出来てしまえば鬼に金棒ですわ。世界が広がりまくり。

ところで各所で話題になっておりますけども、このアップデートにより起動画面に新製品と思しきティザー画像が入っています。
iKaossilator

NAMM 2012にて新たな何かが発表されるのは毎度のお楽しみとしても「iKaossilator」の起動時にこれを出すのは意味深ですね。なにしろ「The Real Thing」ですもんね。実機版が登場するってことでしょうか?しかも黄色と赤色のラインが並んでおります。言うまでもなく、黄は「Kaossilator」の、そして赤は「KAOSS PAD mini KP」のイメージカラーですよね。

ひょっとしてiOS版の「iKaossilator」と何らかの連携ができるんじゃないか等等、いろんな妄想が絶えませんけども、現時点で確実に言えることは貯金して待て!ってことくらいかな(笑)ちなみにiPadアプリのシンセサイザー「iMS-20」の起動画面に「monotribe」のティザー画像が表示された前例もあります。

さて、私ここ最近ずっと「iKaossilator」を気に入って使っております。用途としては主にビデオブログのBGM制作。たとえば以下の動画のようなものです。
Total Lunar Eclipse in December 10, 2011 Tokyo Revised Version 皆既月食 20111210 改訂版

悪くないでしょ?基本的には「iKaossilator」でささっとレコーディングして、WAVEデータを「Logic Pro」にインポートして多少EQやリバーブ等を加えて使用しております。

音楽制作が主目的なら時間かけて本腰入れてやれるんでしょうが、動画用のBGMとなるとあまり時間かける気にもならないですよね。そんなときiPhoneだけでスラスラさくさく出来ちゃう「iKaossilator」は大変助かります。

昨年末の冬カナダ企画での動画もほとんど「iKaossilator」にて作成しています。以下はその一例です。

ドラムンとかブレイクビーツのパターンを遅くして使うのも面白いですね。

「レイ・ハラカミ?」というメッセージもいくつかいただいてますが、iPhoneをちょろちょろっと撫でただけでございます。

電子楽器というとダンス系の方を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、スローテンポでおとなしめの曲も「iKaossilator」は難なく作れてしまいますね。

自分でも意外でしたが、真っ白な氷の世界と「iKaossilator」は絶妙にマッチしております。

じつはこのカナダ渡航中に「iKaossilator」のバージョンアップがありまして、それによりWAVEデータが書き出せるようになりました。カナダへは小型のオーディオインターフェース「ベリンガー UFO202」を持って行きましたが、そういった物も不要に。iPhoneドックケーブルだけでiTunesへ取り込めてしまうようになっております。

取材して動画を編集して、というところまでは順調に進むフローなのですが、そこで音楽も一からやるとなるとGarageBandなどでは少々荷が重い。いくら簡単になったとはいえDAWのシーケンサーってそういうもんですよね。

それが「iKaossilator」であれば適当にパッドをなぞってるだけでも形になってくるんだから、忙しいときほどこういったものは重宝します。じつは以前にもかなり切羽詰まったスケジュールのなかで同様のことをやった経験はありました。それが以下のリンク先の記事
KAOSSILATOR PRO(カオシレータープロ)は最速のBGM作曲ツールだった

ムービー制作も私自身なのでそこが一段落つくまで音楽に割く時間などとれなかったわけです。で、それが訪れたのが納品の日の未明。たぶん26時頃だったかなあ?朝8時にはWebストレージにアップし終えておきたいので、それにかかる読めない通信時間と、レコーディングとか、音楽と動画の結合だとか、H.264への圧縮だとか、もろもろ逆算すると1曲あたり1時間も割けないわけです。

このときは自宅にて「KAOSSILATOR PRO」を利用しておりました。しかしこれサイズがサイズなので可搬性が良くないですし電池駆動もできないっす。ところが「iKaossilator」であればiPhoneのアプリでしかないですから、どんな局面でもまあ持ち歩いていることでしょう。

上記のカナダの案件では、ひとしきり動画の編集を終えての息抜きにホテルの喫煙所に行って、そこで一服しながらサクサクっとBGMを作ってしまったこともありました。

アウトプットのスピードがどんどん速くなっているこの時代、そうして休憩時間に頭をポッと切り替えると同時にブツが出来上がってしまうというのは、とても良いことですよね。

それだけにとどまらず、GarageBandとの連携も可能になり、凝った作り込みも可能になってしまった「iKaossilator」。今後も大活躍しそうです。
KORG iKaossilator - KORG INC.
KORG iKaossilator - KORG INC.



Clip to Evernote



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2012年1月14日 19:17

コメント:

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリーを参照してないトラックバックは削除する場合があります

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 そしてGoogle Plusはこちらにどうぞ。また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

なんかいいアイテム


ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー

AMN