トップページ > エレクトロニクス > Androidフラッグシップ・スマホ HTC J One HTL22 を使ってみた感想
カスタム検索

Androidフラッグシップ・スマホ HTC J One HTL22 を使ってみた感想

8月末発売の新色レッド、auのフラッグシップ機。カメラ、写真レタッチ、Beats Audioまわりを中心にいじってみました。



Clip to Evernote


Androidスマートフォンの動画レビュー依頼があったので、しばらくお借りして使い倒しておりましたが、これがなかなか興味深い。
HTL22

公式サイト HTC J One HTL22
HTC J One スペシャルサイト

まずは件の動画レビューをご覧ください。
カメラとオーディオまわりを中心に紹介しております。

スマホといえば電話ではなく、カメラとコンテンツ視聴とSNSなわけですから、そこに特化するというのは理解しやすいですよね。

動画の内容をおさらいしておくと、Zoe(ゾエ)を利用したスマイルレタッチ機能やオブジェクトの削除、そして連続撮影がとても面白い。
HTC J One

ZoeZoe Ashura

あとね、パノラマ撮影時の水準器なんかもじつは分かりやすくて気に入りましたね。これなら水平を保ちやすいです。
panorama

そして女性にうってつけなのが、顔に特化したレタッチ機能。しかもややズルい飛び道具入り(笑)目ヂカラを増したりテカリを除いたりは便利ですし、SNSのプロフ写真には良いですね。
Before-After

そういうのをサードパーティー製のアプリではなく、メーカーが組み込んでくるというのが良いわけです。このCPUで、この画面で、このカメラ性能で、というところにちゃんとチューニングしてるでしょうからね。

それにわざわざアプリを探さなくて良いというのは、語弊を招くかもしれませんが「初心者向き」「女性向き」かもしれませんね。これからのスマホのユーザ層を的確に分析してのことだと思います。それでいて私のようなカメラ好きのオッサンにも響く内容。

そして何より私が気に入ってしまったのは、ハイライトムービーという自動編集の機能です。その日にあったことでも、ランチの写真を集めたフォルダでも何でも、イベント単位で30秒のビデオに自動編集してくれます。内容によってユーザは「テーマ」を選択することが可能(BGMと画質・動きなどが変わります)。

以下の動画は、その全テーマをつないでみたもの。自動編集でここまで出来てしまうと、いつも旅モノのビデオ日記で泣かされてきた私は感動せずにはいられません。

この自動編集の機能のためだけでも、このHTC J Oneという端末を欲しいと思ってしまいました。ビデオブロガーとしてはかなりツボです。

とまあ、カメラのお話ばかりになってしまいましたが、下図のBlink Feedというホーム画面もいまどきのスマホならではという感じがしました。
HTL22 Blink Feed

美しいサムネイル写真つきで、ニュース一覧をスクロール表示。もちろんソーシャルメディアからの情報なども流すことができますし、どういった物をここに表示するかはユーザ自身が選択できます。
HTL22 Blink Feed

次のリンク先「HTC J One スペシャルサイト」をご覧いただくと、Blink Feedを模したデザインなので、なんとなくどういうものか想像がつくかもしれません。

このBlink Feedを眺めるだけでも結構な暇つぶしになりますし、文字通りの「情報端末」だなと感じた次第です。ロック解除すればホーム画面がニュースフィードの一覧ですから、ひょっとして新聞キラーではないかという匂いもしますね。

全般的に、スマホの使われ方をよく分かってるなと。
そういった印象を持ちました。ぶっちゃけ返却したくないです(笑)
Amazonで「HTL22」をしらべる
楽天市場で「HTL22」をしらべる



Clip to Evernote



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2013年10月 2日 00:52

コメント:

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリーを参照してないトラックバックは削除する場合があります

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 そしてGoogle Plusはこちらにどうぞ。また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

なんかいいアイテム


ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー

AMN