トップページ > IT, Internet, 社会・国際・政経 > NHKクローズアップ現代に出演しました
カスタム検索

NHKクローズアップ現代に出演しました

「収入源は動画投稿 ?急増 アマチュア映像作家?」という回にて、解説させていただきました。



Clip to Evernote


こんなナゾの告知動画をアップロードしたまま出かけた私ではありますが

ちゃんとNHK「クローズアップ現代」に出演しておりました。
2013年2月13日(水)放送 収入源は動画投稿 ?急増 アマチュア映像作家?

愛場大介
※写真はカズキくんのフェイスブックより。

なぜ本名なのか
なぜスーツなのか
とソーシャル界隈ではちょっと祭られておりましたが、四十になったら本名で活動していこうと思っておりましたので、ちょうど良い機会になりました。たぶん以下の動画(今年の抱負)でそんなことを語っていたような気がします。気がするだけかもしれないけど。

なぜスーツなのかは完全にヤラレましたね。スーツでという指定だったのでスーツで行ったんですが、案の定NHKに到着してから「ジャージじゃないんだ!?」というツッコミ多数で(笑)

そんな余談はどうでもよくて、この度の出演はたいへん勉強になりました。

収録番組には幾度となく出ておりますが、今回はじめての生放送でしたので、まったく勝手が違いました。

賞味15分程度の出演だったでしょうか、そのなかで伝えるべきことを、なるべくやさしく噛み砕いて、お年寄りでも聴き取りやすいスピードで話すというミッション。

その本番に至るまでがとにかく目から鱗の凄さ。放送の一時間ほど前から進行台本の叩きを手にミーティングを始めて、新しい話やよりよいアイデアなどがあればどんどんリライト。それをもって本番15分ほど前にリハで実際に「言葉」を交わしてみて、さらにブラッシュアップ。

そしていよいよ本番が始まってVTRを流してるあいだ、私まだメイクを施されておりました(笑)その間にもスタッフの方々にいろいろと書き起こしていただいて、最終的な台本はもはや別物。そこまで詰めてようやく、自分の言葉で、自分の考えで、会話としても文脈的にも破綻なく、視聴者にも分かりやすく、尺としてもちょうど良いものになってるんですね。

※ そのぶん尖ってるものではないでしょうから、いささか物足りなく感じられた方もいらっしゃったようですが、その辺は全体の尺や視聴者層などを鑑みてください。

振り返ってみれば私ここ何年も、ニッチな分野での、演者と客の馴れ合いと予定調和のなかでしか話をしたことがなかったです。まるで進行表もなく単に器用なひとたちがフリートークして回すだけみたいなイベントも多々ありますし。ともすれば「台本などの縛りを設けず自由に」という事になってしまいがちであります。

生放送で15分くらいでビシッとすべて決めるにはそういうフリートーク形式では当然無理がありますから、そういったことは事前のミーティングでブレスト的に済ませて、そこから出たものをさらに再構築しつつ磨きをかけて出すと。

とにかく直前まで、これでもかこれでもかとブラッシュアップを繰り返して、きゅうーっと絞ったものがポンと生まれるような感じが気持よかったです。

なにげなくテレビを観てるだけだと、ただ単に受け答えをやってるようにしか見えないかもしれませんが、じつはよく煮た濃いスープからさらに旨いところだけ抽出して味わってるのかもしれませんね。



Clip to Evernote



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2013年2月14日 06:18

コメント:

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリーを参照してないトラックバックは削除する場合があります

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 そしてGoogle Plusはこちらにどうぞ。また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

なんかいいアイテム


ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー

AMN