トップページ > グルメ・食文化, 旅行・乗物 > 安芸の宮島 厳島神社は日本人なら絶対見ておくべき
カスタム検索

安芸の宮島 厳島神社は日本人なら絶対見ておくべき

日本三景のひとつにしてユネスコ世界遺産、安芸の宮島 厳島 がとんでもなく良かった。



Clip to Evernote


「外国人に人気の日本の観光スポット」第1位だそうです。
宮島 大鳥居とミニダイスケ

行ってみればそれもなるほど納得ですよ。外国人に人気だったら、日本人としても行かないわけにはいかないじゃないですか。

まずは島に渡らなくては。
宮島というほどですから島なわけです。旅先での乗船というのはなんだか気が引ける私ですが、そこはご安心ください。広島駅からJRの切符でそのままフェリーに乗れてしまいます(570円 / フェリー乗船170円含む)。
JRフェリー切符

「宮島行き」の切符を買ったら、電車でJR宮島口駅まで行きまして、そこからフェリー乗り場へ、おなじ切符で大丈夫であります。

完全に逆光になってしまいましたが、これがフェリー。
フェリー シルエット

東京感覚で地方に来てしまうと電車の本数が少なくて困り果ててしまうことがありますけども、宮島へのフェリーに関しては15分間隔ほどで出ているようです。

離島とはいえすぐそこ(1kmくらい先かな)に見えておりますので、さほど時間もかかりません。乗船して出航してちょいとワクワクしてるうちにもう着きます。

といってもただまっすぐ進むわけではなくて、大鳥居をぐるりとまわって見せてくれます。ま、どうせ観光客はみんな上陸した後またここに行くわけですけどね。
厳島神社 大鳥居
※追記:どうやら通常便ではなく観光客向けの「大鳥居便」というものらしいですね。『宮島口発9:10〜16:10の便は、海から参拝ができる、大鳥居便を運航いたします』だそうです。

着いてみるといかにも観光地然とした場所でありまして、相変わらず平清盛でもりあがっていたり、みやじま雛めぐりなんてのも開催されておりました。
みやじま雛めぐり

一応、ミニダイスケも顔を出してみました。
みやじま雛めぐり

道すがら、露店で焼き牡蛎などを食べつつ(これが激ウマなんだ、2個400円)いよいよ日本三景にして世界遺産の厳島神社へと足を運びます。
宮島 焼き牡蛎

まあそれにしても鹿の多いこと多いこと
宮島の鹿

観光客とのトラブルもあるそうで
宮島の鹿

私も(というかミニダイスケも)食べられそうになってしまいました。
宮島の鹿 急襲

余談ですが、夜になるとこの街の植え込みのいたるところで鹿たちが眠っております。鹿好きにはたまりませんよ。あとタヌキも出没してました。余談終わり。

レトロ感の演出なのか、この街の郵便ポストはぜんぶ丸型ですね。懐かしい!
丸ポスト

で、目的の厳島神社 大鳥居であります。
厳島神社 大鳥居 昼

海のなかにこんなのが建ってたら、いい景色にならないわけないですもん!
厳島神社 大鳥居 昼

って、感動しながら写真撮影しておりましたら突然、私のジャケットの裾を何かに引っ張られました。と同時に、背後から女性たちの笑い声が...

振り向けば鹿です!
宮島の鹿

この鹿がわたしのジャケットの裾を食べようとしていたので、それを見ていた女性観光客たちが笑っていたのです。こいつめ!こいつめ!でも神聖な動物らしいですよ。ここまで人慣れしているのに「野生」だそうです。なかにはツノの生えてるものもおりますので、くれぐれもお気をつけください。

ていうかね、カナダのバンフ自然公園で鹿に出会ってスゴいスゴい!と騒いだり感動してた私ではありますけども、あれ?宮島のほうがすごくね?そこらじゅう鹿だらけなんだけど...

そして大鳥居ばかりフィーチャーされがちですが、こちらが寝殿というか厳島神社の神殿です。
厳島神社 寝殿

おや?奥になにか見えますな。
厳島神社 寝殿

これもまた美しい五重塔でございます。
宮島 五重塔

京都駅付近から眺めた東寺の五重塔とあわせて、この日ふたつめの五重塔であります。これも新幹線の旅ならではですね。
宮島 五重塔

この塔もまた島のシンボルのひとつなのでしょうね。
宮島 五重塔

そしてその五重塔の横にあるのが、秀吉さんが建立したという千畳閣でありますが、作ってる途中で当の秀吉さんが亡くなったため未完成なのだとか。
千畳閣

厳島神社のわきには小さな川が流れておりましたが、これが夕暮れどきに黄金色に輝いておりました。とても綺麗だった。
黄金色の川

みやじマリンこと中国地方最大級の水族館「宮島水族館」も近くにあるそうですが、今回は時間的な都合で行けませんでした。次回は行ってみたいな。

行ってるそばから、「次回」というのをもう考えてるほど良い場所でした。行ってみて印象が良くなる観光地ってなかなか無いもんですよ。

そしてこの大鳥居、暮れてからがまた一層魅力を増すのですけれども、それはまた改めて次の記事にてご紹介いたします。
厳島神社 大鳥居

この旅は、JRディスカバー・ウェストのサイトで提案されている旅プラン宮島・広島・呉 世界遺産めぐりの旅に準じて広島行脚しております。



Clip to Evernote



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2013年3月26日 06:11

コメント:

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリーを参照してないトラックバックは削除する場合があります

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 そしてGoogle Plusはこちらにどうぞ。また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

なんかいいアイテム


ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー

AMN