トップページ > グルメ・食文化, 旅行・乗物 > 夜の宮島、厳島神社の大鳥居ライトアップを楽しむための注意点等
カスタム検索

夜の宮島、厳島神社の大鳥居ライトアップを楽しむための注意点等

あの荘厳さと美しさと潮の満ち引きのギミックがたまりません。宮島に泊まっていく?それとも本土に戻る?それが問題です。



Clip to Evernote


マジックアワーというのは本当にすごいものです。
ただシャッターを切るだけでこれですから。
宮島 厳島神社 大鳥居 シルエット

もちろん被写体が素晴らしいことも言うまでもない。

iPhoneで動画撮影してもこのレベル

さらに暮れてくれば、長時間露光でこんな感じもよろしいですわな。
厳島神社 大鳥居 夕景

まあでも大鳥居のかたちをちゃんと出すには、もう少し寄って、ローアングルから狙わないと、対岸の山々と重なってしまいますわな。しかし眼前にはまだまだ寄せるさざ波。これ以上まえに出れば濡れてしまいます。

そんなこんなで思い悩んでいたら神対応が!

じゃーん!
厳島神社 大鳥居

分かります?
写真左から来る光が!そして大鳥居が明るく浮き出てきてます。そう!ライトアップされるんですね。観光協会ホームページによると時間帯は、日没30分後位から午後11時までとのこと。

そしてライトも暖まってくるころには大鳥居がすっかり明るく照らし出され完全に別の光景。また新たなシャッターチャンスです。
厳島神社 大鳥居 ライトアップ

それでだ
この旅は、JRディスカバー・ウェストのサイトで提案されている宮島・広島・呉 世界遺産めぐりの旅に準じてます。これによると、本日は宮島に宿泊することになってますし、ライトアップ時間帯には遊覧船参拝をすることになります。

遊覧船での参拝は正直あまり興味がなくて、むしろ陸から写真などを撮影していると、下の動画みたいに舟が向こうからやって来て写り込むので邪魔にすら思ってたんですよ。

で、自分としては陸でまだまだ写真を撮っていたかったのですが、じつは「なぜ遊覧船で参拝なのか?」という疑問が解ける小ツアーで、結果的には行って良かったと思いました。

宮島3号桟橋にて、21:15の最終便を待ちます。待ってるあいだに港の写真などをパシャり。静かすぎる...
宮島3号桟橋から

さあ、やって来ました。遊覧船、というか屋形船?
宮島参拝遊覧

で、こういうことなんですね。
下は分かりにくいですが舟から撮影した写真
宮島参拝遊覧

遊覧船ガイドさんの解説によれば「島自体が御神体」なので陸に神社や鳥居をつくれないのだと。だからいま船でこう相対しているのが、参道を行くことなのだと。

島が御神体だからこその、潮の満ち引きで神社や鳥居が海上に浮き立つギミック、それによって成立する海の参道を通っての舟による参拝。

これが舟から撮影した動画。写真より分かりやすいかと。

で、ようやく、この遊覧船だけでなくフェリーもそういう動きだったのだと考えました。あれは上陸前のサービスショットではなく、一応、参道を通って島に入ったんではなかろうかと。

舟を降りて22:00もまわり、ようやく、ようやく、ようやくホテルにチェックインしようとまた大鳥居の方向に歩いておりましたらば...
厳島神社 大鳥居 ライトアップ

アーッ完全に干潮じゃん!
カップルや女子学生がキャッキャいいながら鳥居まで歩いてる!

私も負けじと近づいてみましたよ。
厳島神社 大鳥居 ライトアップと自分の影

間近でようやく分かることもありまして、丸く加工された材木ではないんですね、元の木のかたちがそのまま出てる、力強い作風で雄々しく感じました。
厳島神社 大鳥居 ライトアップ

じつは一眼のレンズは超広角しか持っていなかったので、ここまで近づけてようやく本領発揮です(笑)

ででーん!
厳島神社 大鳥居 ライトアップ

どどーん!
厳島神社 大鳥居 ライトアップ

水面(というか湿地)への写り込みも素晴らしいな
厳島神社 大鳥居 ライトアップ

こちらはハンディカムにて撮影
厳島神社

もちろん寝殿のほうもライトアップされてますよ。
厳島神社

なんてことしてるうちに23:00もとっくにまわりまして、ホテルにチェックインしたのが深夜。完全に深夜。島の夜は暗いです。真っ暗すぎて道をたどるのも困難でした。まさかそんな落とし穴があるとは。
宮島 ホテル菊乃家

ホテルは楽天トラベルで適当に探したのですけども、夕食つきでよさげなのが無かったので、夕食なしプランのホテルにしました。

が、ホテルのほうから事前に連絡がありまして、本土のほうで食べて来てくださいと。夜はお店も開いてないし島にはコンビニもないよと。

この事前情報がなかったら私空腹で倒れていたかもしれません。一応、宮島口の本土最終防衛ラインのセブンイレブンでパンなどを調達しておりまして、その後、宮島にて一軒だけ開いてた居酒屋さんにて定食をいただきました。あなご飯とカキフライ美味しかったなあ。
あなご飯とカキフライ

いや、そんな遅い時間ではないですよ、これ食べたの20時前ですもん。宮島じゃどのお店も17:00くらいに閉まってしまうのです。

本当はホテルに着いたあとも、風呂入ってからもういちど出かけてタイムラプスでも撮影しようかと思ってたんです。ライトアップが終われば星も綺麗に見えてきますし。けど、疲れてて動けなかったんですよね。

フェリーは22:00過ぎまで動いてるので、観光したあと本土に戻ることもじゅうぶん可能ですけども、どうせなら島に泊まっていろんなことから切り離されてみたいですし。

そういうことで皆さん、もし宮島に泊まろうと思うなら、夕飯のことについてはよくよく考えておいたほうがよろしいです。朝〜昼時は美味しそうなお店が山のようにありますが、夜はなんにもないです。鹿ならたくさんいますけども...



Clip to Evernote



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2013年3月26日 15:34

コメント:

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリーを参照してないトラックバックは削除する場合があります

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 そしてGoogle Plusはこちらにどうぞ。また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

なんかいいアイテム


ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー

AMN