トップページ > エンターテインメント > 「アナと雪の女王」のなにがスゴイか
カスタム検索

「アナと雪の女王」のなにがスゴイか

王道のディズニーファンタジー映画もいよいよピクサー作品に肩を並べた感。大ヒット中の「アナと雪の女王」観てきた感想など。



Clip to Evernote


国光さんがやたら推すので「アナと雪の女王(原題:Frozen)を観てきました。

曰く、モーションキャプチャーによるキャラクターたちの顔の表情が良いのだとか。不気味の谷を越えたとも。

たしかに表情は良かったです。
YouTubeにも公式でいくつか動画があるのでご覧いただくとお分かりになるかと思います。

従来のディズニープリンセスのような顔型が3D化されていて「こんな顔の人間はいねえよ」と最初はなんだか気持ち悪くも感じるでしょうが、端正なお姫様らしい動きや髪の表現の素晴らしさなどと相まってそのうち美人に見えてきますので大丈夫です。

ディズニーアニメ初の王女姉妹ダブルプリンセスだそうで、美人に見えるかどうかはかなり重要な点です。見えなきゃ全編通して不愉快ですからね(笑)まあそこを表情の動きで押し切ってるというのが正しいのかもしれません。ごく個人的には、知り合いの三野さんに似てたので入り込みやすかったかもしれません。

あと、歌のほうにも引き込まれてしまいましたね。
こちらも公式PR動画がYouTubeのほうにアップされております。歌うのは声優もつとめている神田沙也加、松たか子という、こちらもある意味ダブルプリンセス。特に神田沙也加さんのほうはお母さんを思い起こす歌声で、聖子ちゃんファンにはキュンとくる部分があります。

歌でいいますと本編の中ごろで流れる「Let it go」が最高です。以下の動画は英語のオリジナル版

もう完全にアメリカンポップスの王道です。
この曲、映画自体のテーマ曲(ED)でもあります。

制作にあたってノルウェーにロケハンしたとのことで、絵面だけでなくサントラも随所に北欧っぽいものを聴くことができますが、この歌に関しては完全にアメリカンです。おかげで北国とアメリカ欲が高まってしまい、二つを同時に満たすべく私はカナダに旅行したくなりました(笑)

さて、以下は松たか子さんによる「Let it go」日本語版。「自分?」という詞を伸ばす部分などかなり歌いにくいとは思いますが頑張ってる感じですね。

綺麗な言葉でミュージカルの物語抜きでも聴いて違和感ない歌詞にまとまってます。まあ、ありのままとか自分を好きになるとか、随分とJ-POPな感じにも受け取れますが(笑)

さてこの「Let it go」が流れるシーン、本編中サイコーにヴォルテージ高まる気持ち良い場面ですが、じつは物語の上ではあまりよろしくない部分なのです。心優しいお姉さんが「雪の女王」へと変化する、アメコミで例えるならヴィラン誕生のシーンなのです。自分の魔法を受け容れてありのままになるというのは素晴らしいのですが、おかげで王国は夏にもかかわらず雪と氷に閉ざされた世界へと変貌します。

ここにお姉さんの悪気がまったくない。
悪気がないだけに、ジョーカーやドクターオクトパス誕生のシーンに比べてなんと爽やかなことか。同じディズニー映画で比べても、歴代の魔女たちのような闇がまったくない。自分の欠点さえも個性として進んでいこうという、現代人の抱える病そのものを氷の宮殿建設で昇華してくれる気持ちよさ。ディズニー映画屈指の名シーンといっても過言ではないでしょう。

ヴィラン化してるとはいえこのお姉さんまったくその自覚がないし、シナリオ上もそういう悪役の扱いにはなりません。真の悪者はあとから姿を現してきます。その意味ではお姉さんは「美女と野獣」でいうところの野獣的な位置づけではありますね。最終的な問題解決の時点でもそういった印象はあります。

ラストシーンですべて丸く収まったあとED曲として再度、こんどは本職の歌手の方が歌う「Let it go」が流れますけども、ここでの歌詞の意味合いはもう一歩進んだ意味にとれるはずです。めでたしめでたし

ということで私はイトーヨーカドーに昼飯を買いに行ってきますサヨナラ。それにしても公開中の映画なのに、ディズニー公式で重要なシーンがいくつもYouTubeに公開されているというのは、とんでもない時代になってきましたなぁ。



Clip to Evernote



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2014年4月18日 10:26

コメント:

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリーを参照してないトラックバックは削除する場合があります

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 そしてGoogle Plusはこちらにどうぞ。また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

なんかいいアイテム


ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー

AMN