トップページ > エレクトロニクス > Xperia Z2 Tablet セルラーモデル(docomo)を使っての感想・使用感
カスタム検索

Xperia Z2 Tablet セルラーモデル(docomo)を使っての感想・使用感

SONY Xperia Z2 Tablet(ソニー・エクスペリアZ2タブレット)を、NTTドコモの回線で契約してから三週間と少しが経過しました。これまで使用してきての感想などを。



Clip to Evernote


生まれて初めてセルラーモデル

わりと身近なところでのブロガーレビューが立て続けにあったため、思い切って購入してしまった「Xperia Z2 Tablet」です。しかも生まれて初めてタブレットをWi-Fiモデルではなくセルラーモデルで購入。
Xperia Z2 Tablet

はっきり言ってこれは高いんです。
Wi-Fiモデルなら5万円台なのですが、ドコモでは9万円近くではなかったかな?まあナントカ割みたいなのを二年間縛られることで実質安いというマジックワードを馬の耳に念仏して買うわけです。つまり「どうでもいいや」と割り切って清水の舞台から飛び降りなければ、このセルラーモデルというのは買えない値段ではあります。

それでもなぜセルラーモデルにしたのか。

ずいぶん以前ですが、甲斐さんがXi(クロッシィ)のタブレットをポケットルーター代わりにバッグに入れて一日中テザリングしてるという、なかなかに都会的ビジネスマンな逸話を披露してまして、最近イーモバイルにことごとくしてやられている私は「えいやっ」とドコモショップに飛び込んだというのが真相です。

べつにドコモじゃなくてauでも良いんでしょうけど、先の誕生日にドコモモデルのスマホ「GALAXY J」(SIMなし)をプレゼントされていた私は、ドコモの回線契約しておけば「Xperia Z2 Tablet 」からSIM差し替えてその「GALAXY J」も利用できるわと。そう考えました。

# まあもともと「GALAXY J」は私がデュアルショットのビデオブログ専用カメラとして欲しかっただけなのですけどね。

ビデオ撮って編集してアップロード

そんで「Xperia Z2 Tablet 」セルラーモデルを使っての感想ですが、まずセルラーモデルであるということで機動性がバツグンに良くなっております。うちはベランダに出ると据置Wi-Fiルーターの電波が怪しくなるのですけども、しっかり4Gでつながることでこれまでのイライラはいろいろ解消されておりますね。

私のようなビデオブロガーというのは、日々ビデオ編集に追われていて、たとえば本日の動画をアップロードできた時点で、夜の集会に出かけないといけないタイムリミットが来てしまったりということも少なくない。家のパソコンで動画アップロードしておき、ミーティングだとか飲み会だとかに向かう電車のなかで、この「Xperia Z2 Tablet 」を出して、YouTubeのメタデータなどを打ち込んで公開に備えるということが可能になりました。

Windows 8インチタブレットおよびイーモバポケットWi-Fi端末の併用でも同様のことはしていたのですけども、ポケットWi-Fiなどの小型ルーター要らずというのはスピーディーかつモビリティ高いですね。iPhoneなどではダメなのかというと、じつはダメなんです。Androidに比べて、YouTubeのPCサイト表示が不完全な動きをすることが多い印象なんですよね。jsだとかAjaxだとかはiOSと折り合いついてないこと多いと思いません?

また、日々のビデオブログを「Xperia Z2 Tablet 」でできるかというと、できますね。以下の動画、ちょっとキモいサムネですみませんが(笑)この動画は「Xperia Z2 Tablet 」を使用したものです。

わざわざ野良Wi-Fiを拾えなさそうな石神井公園まで行きまして、このタブレット自身のカメラやら、ソニーのコンデジやらを利用して撮影しました。コンデジとはWi-Fi連携で動画データを取り込みました。編集にはAndroidアプリの「Video Pad」を利用。4G回線で無事にアップロード、メタデータの記入もちゃんとできました。

そんなエクストリームな使い方ではなくとも、ポケットWi-Fi接続やiPhoneテザリングなどのちょっとした手間が要らないというのは、スキマ時間のスキマをさらに広げてくれるものでした。15分空いてたら喫茶店に入って即なにかの作業に入れます。これが、テザリング接続までに5分使ってしまうともう、空き時間の1/3が奪われてしまうわけですから、セルラーモデルであることの差は大きいですよ。

防水だからこその使い方はある

またこのタブレットは防水ですので、アウトドアで小雨が降ってるくらいなら全然平気です。ただし購入したその日に風呂からブログ更新を試したところでは、画面が濡れてしまうことでタッチスクリーンがうまく動作してくれないことはありました。その後も風呂でdビデオやdアニメストアなどを楽しんでおりますけども、濡れた手での操作は効かないor誤動作につながることはよくありますね。

でも!
バスタブに浸かりながら、10インチクラスのフルHDディスプレイで映像コンテンツを観るというのはステキな体験ですね。これは皆さんぜひやって欲しい。半身欲などで長時間バスタブで過ごす方には良いかもしれませんよ。ただし上述のように濡れた手での操作という問題はありますので、電子書籍をめくる動作などは難しいかもしれないですね。映像の視聴くらいがほど良い使い方かも。

そういえば、スクリーンの端などはわりと軋みます。ギリギリっという音がして軋むので、防水性能はいつまで維持できるのかちょいと心配ですね。それも見越しての設計なのでしょうけど。

外付けキーボードでの長文など

ハードウェアキーボード&ポインティングデバイスとしてはレノボの「ThinkPad Tablet 2」専用キーボード(スタンド付き)があつらえたかのようにピッタリとハマります。スタンド角度もなかなか良いですね。
Xperia Z2 Tablet

私はUS配列キーボードが好きなのですが、この端末にはJIS配列のほうが良かったんじゃないかなと思います。

なぜUS配列よりJIS配列が良かったと思うのかといえば、うまく日英の入力切替ができないからなんですよね。どちらかといえばソフトウェアの問題ではありますけどね。若干の馴れと工夫が必要になりました。じゃあ、JIS配列なら解決できるのかというとそれは試してないので知りませんけども。まあもともとはWindows 8インチタブレット用に購入したキーボードを使い回しているだけなのです。

大半は先にあげたようなYouTubeのメタデータ入力だったり、Facebookやツイッターへの投稿程度に使っておりますけども、やはりハードウェアキーボードを使うからには長文も入力してみたいところ。

これじつは可能です。
ワープロソフトがそこそこ良いというのもありますが、あさって発売の拙著の一部はこの「Xperia Z2 Tablet」を利用して書かれております。大丈夫です。

Officeソフトが付いていた

マイクロソフトOffice互換のアプリは購入しておりませんけども「OfficeSuite Pro」というのがプリインストールされておりました。これがなかなか良い(といってもワープロしかまだ使ってないけど)。
OfficeSuite

件の拙著の原稿については、編集者さんとWordファイルによってやり取りされておりましたけども、一部についてはこの「OfficeSuite Pro」からdocxファイルを作成し、Gmailに添付して編集者さんに送付しております。わりと快適な作業フローです。
OfficeSuite

薄さ、軽さについて

本来ならこの薄さと軽さをまず最初にフォーカスすべきですよね(笑)。こないだオフ会で川井拓也さんにこの「Xperia Z2 Tablet」を手渡したところ「うすっ!かるっ!」と驚いてらっしゃいました。

スペックシート以上に体感では驚きがあります。同様に「うすっ!かるっ!」と思ったアノ iPad Air ですらもはや霞んで見えるほど。薄くしたぶんスクリーン周辺のベゼルを広くとって逃がしているという面は否めませんが、それが大正解のデザインですね。この薄さと軽さを知ってしまうともはや iPad Air は鈍器にも感じます。

まとめ

iOSに比較してマルチメディア分野が貧弱なAndroidではありますが、たとえばYouTubeにアップしたあとのメタデータ入力などで、そういった弱みを十分に補えるものです。音楽/楽器関係ならiOS端末を選ぶしかありませんが、動画まわりのことをやるならAndroidも使えるレベルになってきたかなと最近は考えています。

「Xperia Z2 Tablet」であれば動作もそこそこ速く、画面も大きいので、パソコン並みとはいかなくても、大抵の作業はこなせます。カメラがやや弱いと思いますけども、その辺はデジカメのWi-Fi連携などでいくらでもより良い方向に持って行けますよね。

防水で薄くてどこでもスグつながる、これは何ものにも代え難いということが分かり始めました。

イーモバイルやソフトバンクiPhoneでは、三日で1GBを超える通信があると、速度制限がかかってしまいます。そのときの代打という意味でもドコモとの回線契約だったのですが、今では「Xperia Z2 Tablet」がメインのモバイルルーターになってしまっています。

私はとくに動画などの重いデータをやり取りするということもありますが、そうでない方にとっても、臆する事なくヘヴィーなコンテンツを視聴できるというのは良いことでしょうね。しかも、さっとバッグから出してスグ。

二年間飽きずに使うかどうかは分かりませんけども、モバイルルーターに高性能タブレットが載ったと思えばこれはなかなかスゴイことですね。

いま MacBook Air をメインマシンに据えてはいますけども、それを持ち歩かないときでも、この「Xperia Z2 Tablet」はなるべく持ち歩くようにはしています。電車移動時などで使うことも多いです。スマホより断然、情報表示量の多い常時接続マシンがあるというのは良いことですわ。



Clip to Evernote



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2014年8月 6日 03:37

コメント:

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリーを参照してないトラックバックは削除する場合があります

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 そしてGoogle Plusはこちらにどうぞ。また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

なんかいいアイテム


ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー

AMN