トップページ > 旅行・乗物 > まさに金のなる木、椿油で高齢者の貧困問題も解決?東京・利島の民宿しんき女将さんに聞いた話 #tokyo島旅山旅
カスタム検索

まさに金のなる木、椿油で高齢者の貧困問題も解決?東京・利島の民宿しんき女将さんに聞いた話 #tokyo島旅山旅

島の面積の80%にヤブツバキが生えているという伊豆諸島・利島。名産品である椿油は、島民たちの採取する椿の実から採油されていた。



Clip to Evernote


東京都の『tokyo reporter 島旅&山旅』というPR企画で招待された「利島」の旅レポート第七弾です。前回の記事は「伊豆諸島・利島の坂道を彩るものたち #tokyo島旅山旅」です。
宮塚山

『だからこの島のお年寄りはみんな小金持ちなのよ』

私が利島で宿泊した民宿しんきの女将さんは、朝の食卓でそう言いました。
陣笠貝の味噌汁

花椿なんて言葉がありますけど、逆に花じゃない椿ってなんなの?ただの樹じゃないの?これまで私はそう思っておりました。それほど椿といえば、あの赤やピンクの花の印象が強かったんですよね。

しかし利島に旅してがらっと印象が変わりました。利島は面積の80%がヤブツバキだそうです。
椿の樹

島の特産品である椿油は全国一の生産量。ちょうどこの時期、島のお年寄りたちが地面に落ちた椿の実を拾っているから、山の方に見に行ってみるといいと女将さんは教えてくれました。
坂道

朝食を終えて、言われたとおり山のほうへ向かったものの、まじめに登山などしていたら帰りの船に間に合わなくなるので、どうしようかと思いつつ見上げれば...

さすが8割がた椿が生えてるというだけあってそこここに椿の樹があります。
椿の樹

見回してみれば椿畑のような場所もありますし、何軒かごとに必ず、お庭に椿があるおうちもありましたし、椿が生垣になってるような屋敷までも!

実を拾うひとたちの姿はないにしても、村のいたるところで椿の実が落ちているじゃないですか!
椿の実

ここにも!
椿の実

椿の実

うあー!
たくさんある!
椿の実

民宿の女将さんによれば、山のほうで採った椿の実を採油所に持っていくと、採油量にあわせて報酬が得られるそうです。『◯◯さんちはこれだけとれたから50万円、こちらは100万円ていう感じで...』と女将さん。おっと、例とはいえそのような金額が挙がってくるとは!そりゃあ小金持ちになるわけだ。

ちょうど前の晩にテレビをつけたら下流老人の問題をやっていました。このタイミングでこういう話を聞けるとは、ブログ記事にしないわけにはいかんでしょう。坂道だらけの島ですし、そのうえ山に登りながら落ちてる実を拾い、運んで帰るというのですから、健康にもよろしいんではないでしょうかね。

いやあしかし、3桁万円の例を挙げられてしまうと、これはもうお金が落ちてるとしか見えませんな(笑)
椿の実

ところで実が入ってる殻、これはこれでなんだか花が開いてるようにも見えますね。
椿の実

椿の実

ところでこちらの魚は民宿しんきで夕飯に出たタカベという魚の塩焼き。
タカベ 魚
伊豆諸島ではポピュラーな魚らしいですが私は初めて見ました。脂がのってるのにあっさりして美味しい白身魚でした。

こちらは朝食の味噌汁に入っていた陣笠貝
陣笠貝
これも初めて見ましたが、味噌汁の出汁としてはとても良いですね。磯物といって、岩場に張り付いてるようなあの類の貝だそうです。貝殻の裏がとっても綺麗な輝きです。

そして食堂にあるのがこの立派なイシダイの魚拓
魚拓

民宿の宿泊客のなかにも大勢の釣客がいらっしゃいました。利島は釣りスポットとしても有名のようですね。かれこれ40年以上も前のこと、この魚拓を寄贈した高橋さんという方、釣りのために島を訪れたものの、海が荒れて帰りの船が出なかったのでヘリコプターをチャーターしたそうです。そのヘリ代を貸してくれたのが民宿しんきの先代のお爺さんだそうで、それ以来のお付き合いなのだとか。

そう、利島はお団子のような丸いかたちで入江がないので、時化のときはなかなか船が来れないそうです。そういうとこがプチ秘境ぽくて良いなとも思ったのですが、私も帰れなくなる可能性をはらんでまして、二泊三日を切り上げて一泊二日で帰ることに。
フェリーあぜりあ

おっとまだ帰りの話になるには早かった。
もうちょっと利島の面白ポイントを書きたいです。
というわけで次回「利島の星空と影ヤングマン」へつづく!


投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2015年10月 7日 19:32

コメント:

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリーを参照してないトラックバックは削除する場合があります

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 そしてGoogle Plusはこちらにどうぞ。また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

なんかいいアイテム


ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー

AMN