トップページ > デジタル一眼 > オリンパス「OM-D E-M5 Mark II」ミラーレス一眼の5軸手ぶれ補正がすごいぞ
カスタム検索

オリンパス「OM-D E-M5 Mark II」ミラーレス一眼の5軸手ぶれ補正がすごいぞ

デジイチ動画派なら所有しておきたい、5軸手ぶれ補正でフルHD動画が撮影できるOM-D E-M5 MarkII がすごかった!



Clip to Evernote


オリンパスのAIR 01ブロガーミーティングに参加してマイクロフォーサーズのレンズをいろいろと使ってみたいと思い、以来OM-D E-M5 Mark II が気になっていた私であります。
OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 MarkII ボディー ブラック E-M5 MarkIIBody BLK

先日のCP+ 2015では実機に触れてその5軸手ぶれ補正に感動

その際、ご縁ありましてオリンパスさんから発売前に実機を貸していただけるということに!

「OM-D E-M5 Mark II」の5軸手ぶれ補正は動画に強いということで、同じく強力な手ブレ補正機能であるSONYの空間光学手ブレ補正ハンディカムと同時撮影して比較してみました。結果は以下の動画をご覧ください。

私の手違いで、ハンディカムのほうは60pではなく24pでの記録となってますので若干ぬるぬるスムーズ感が低めになってしまったかもしれません。でもそれを差し引いても「OM-D E-M5 Mark II」の圧勝ではないかと感じました。ややコンニャクのようなグニャグニャした動きを感じますが、ビデオカメラとちがってデジイチ動画はシネマ的なカメラワークが向いているでしょうし、実際には私はこういう歩き回るような撮り方はあまり求めていません。

4Kではなく1080pフルHDが最高解像度です。
個人的にはウェブで公開する動画はまだまだHDがほとんどで、一部の記録や作品制作を除いてはフルHD撮影しています。実用という面では必要十分かと思います。ただ上位機種のE-M1が新しくなるときはぜひ4Kも対応していただければと感じてます。手持ちでここまで安定してるなら、4Kでも作品を撮ってみたいですもんね。

さて、手ぶれ補正のほか、目玉としてハイレゾショットというのも加わりました。0.5ピクセル単位でセンサーを動かしながら8回撮影、合成した40メガピクセル相当の画像です。私のSONY α7R のセンサーは現行フルサイズでは最高の36メガピクセル。この二つを対決させてみたのが以下の動画です。

勝るとも劣らないといった結果。
ただし連写したものを合成するわけですから、三脚は必須です。そもそもが手ぶれ補正機能のためのセンサーの動きをハイレゾショットのために利用してるので、手持ち撮影は不可でしょう。

フラッシュが付属しているというのも地味に嬉しいです。
オリンパスの方によれば「内蔵できなかったんで」とのことですが、これで大正解ですよ。なにしろ左右180度回頭できますし、上方向にも90度回転。胸ポケットにさえ入る超小型サイズ、防滴防塵、しかも本体からの電源供給で使えるというわけで、なんら億劫なことなくフラッシュを持ち歩けます。

同梱品とおなじフラッシュが6,800円程度で別売りもされています。カメラバッグごとに忍ばせておいてもいいくらいですね。安くて小さい!!これは嬉しい!!
OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 MarkII用 フラッシュ FL-LM3

「OM-D E-M5 MarkII」ボディとレンズキットは昨日、店頭発売されたようで、Facebookを見てると周囲でも何人か購入された方がおります。私は初めてのデジカメがCAMEDIAだったのですけども、以来オリンパスはごぶさたでミラーレス一眼は初購入です。なので、まだまだメニュー操作等に馴れるには時間がかかりそうですが、発売前の試用の時点でもこれはかなり当たりだなと感じました。

昨日、ビックカメラで予約していたものが届きましたので、今後も気づいたことなどをブログに書いていきたいと思います。私としてはEOSムービー以来のデジイチ動画の復興みたいなものをこの機種に感じています。



Clip to Evernote



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2015年2月21日 20:49

コメント:

このエントリーのトラックバックURL:

このエントリーを参照してないトラックバックは削除する場合があります

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 そしてGoogle Plusはこちらにどうぞ。また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

なんかいいアイテム


ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー

AMN