link4760 link4761 link4762 link4763 link4764 link4765 link4766 link4767 link4768 link4769 link4770 link4771 link4772 link4773 link4774 link4775 link4776 link4777 link4778 link4779 link4780 link4781 link4782 link4783 link4784 link4785 link4786 link4787 link4788 link4789 link4790 link4791 link4792 link4793 link4794 link4795 link4796 link4797 link4798 link4799 link4800 link4801 link4802 link4803 link4804 link4805 link4806 link4807 link4808 link4809 link4810 link4811 link4812 link4813 link4814 link4815 link4816 link4817 link4818 link4819 link4820 link4821 link4822 link4823 link4824 link4825 link4826 link4827 link4828 link4829 link4830 link4831 link4832 link4833 link4834 link4835 link4836 link4837 link4838 link4839 link4840 link4841 link4842 link4843 link4844 link4845 link4846 link4847 link4848 link4849 link4850 link4851 link4852 link4853 link4854 link4855 link4856 link4857 link4858 link4859 link4860 link4861 link4862 link4863 link4864 link4865 link4866 link4867 link4868 link4869 link4870 link4871 link4872 link4873 link4874 link4875 link4876 link4877 link4878 link4879 link4880 link4881 link4882 link4883 link4884 link4885 link4886 link4887 link4888 link4889 link4890 link4891 link4892 link4893 link4894 link4895 link4896 link4897 link4898 link4899
トップページ > 社会・国際・政経 > 一晩に何発もあんなに激しいのヤラレた時のために備える

一晩に何発もあんなに激しいのヤラレた時のために備える

新潟を中心に大きな地震。関東甲信越の全域が揺れまくってる!長岡市役所の方によれば、地震の揺れでTVが倒れたらしい。さぁ、情報源はどこから入手する?

そんなわけでIT media:災害時のTV放送、頼りになるのはどれかという記事があります。モバイル放送、ワンセグの比較(?)みたいなもんですが、一長一短で補完関係にあるような感じですかね。

僕は阪神大震災を大阪で体験したのですが、あの規模の災害に見舞われた時は、TVが使えるかどうか分からないわけです。だからこそ防災袋などにラジオを常備せねばならんのですが、最も身近なツールであるケータイで代用できるとすごく便利ですよね。

全国一波の衛星波なら、地域の別なく、災害情報が提供される可能性が高い。ただ、通常の衛星放送の場合、受信には大きなパラボラアンテナが必要で、出張先で見ることは現実的とは言いがたい。

モバイル放送が注目に値するのは、まさにその点にある。同放送の場合は、当初の番組編成の段階から災害対策を意識しているため、平時はニュースを淡々と伝えているチャンネルが、どこかで災害が起こるや否や、災害放送に切り替わることになっている。

防災メディアとして、モバイル放送サービスが最初からオールマイティであるとは言えない。ただ、小型の端末で屋外でも個人向けに直接、衛星放送波により情報提供できる新たなメディアができたことでもあり、それを活用しない手はないことは確かだ。地上波のワンセグ・モバイルは県域をベースとした放送になるし、モバイル放送は全国一波である。両立することは可能であり、補完関係にあると言える。


投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2004年10月23日 20:00

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー