link6165 link6166 link6167 link6168 link6169 link6170 link6171 link6172 link6173 link6174 link6175 link6176 link6177 link6178 link6179 link6180 link6181 link6182 link6183 link6184 link6185 link6186 link6187 link6188 link6189 link6190 link6191 link6192 link6193 link6194 link6195 link6196 link6197 link6198 link6199 link6200 link6201 link6202 link6203 link6204 link6205 link6206 link6207 link6208 link6209 link6210 link6211 link6212 link6213 link6214 link6215 link6216 link6217 link6218 link6219 link6220 link6221 link6222 link6223 link6224 link6225 link6226 link6227 link6228 link6229 link6230 link6231 link6232 link6233 link6234 link6235 link6236 link6237 link6238 link6239 link6240 link6241 link6242 link6243 link6244 link6245 link6246 link6247 link6248 link6249 link6250 link6251 link6252 link6253 link6254 link6255 link6256 link6257 link6258 link6259 link6260 link6261 link6262 link6263 link6264 link6265 link6266 link6267 link6268 link6269 link6270 link6271 link6272 link6273 link6274 link6275 link6276 link6277 link6278 link6279 link6280 link6281 link6282 link6283 link6284 link6285 link6286 link6287 link6288 link6289 link6290 link6291 link6292 link6293 link6294 link6295 link6296 link6297 link6298 link6299 link6300 link6301
トップページ > サイエンス・テクノロジー > 液晶に代わる画期的な電子ディスプレイ

液晶に代わる画期的な電子ディスプレイ

ブリヂストンが開発、ナノテク電子紛流体により、E Inkを超える電子ペーパー

IT media:電子ペーパーを綴る“魔法の粉”もうすぐ実用化

超低消費電力/インクのようなメモリ効果/フレキシブル性/動画も可能な応答速度/紙に近づくための低コスト化、といった“電子の紙”となるための高いハードルを超えることのできたデバイスは、残念ながらまだない

電子ペーパー(ペーパーライクディスプレイ)といえばE Inkなどが有名でしたけど、このたびフラットパネルディスプレイの展示会「FPD International 2004」で、ブリヂストンが出展した「QR-LPD」(Quick-Responce Liquid Powder Display)というものは、理想の電子ペーパーに限りなく近いといわれているらしいです。さて、その理想形とは?

粉流体の光の反射で表示を行うため、液晶のような偏光板/反射板/バックライトが不要となり、シンプル構造ゆえに超薄型化が可能

超薄型化が可能ということよりも、偏光板/反射板/バックライト不要というのが非常に驚きです。液晶は反射せずにむしろ影を生むものですからね。バックライト不要なら省電力化にもつながりますね。

E Inkなど、他の電子ペーパーに採用されている電気泳動方式と絶対的に異なる点は「応答速度の速さ」だ。電気泳動方式の応答速度が数十〜百数十ミリ秒と非常に遅く、動画用途には不向きといわれているのに対し、粒子が空気中を移動する電子粉流体は液晶(10ミリ秒前後)よりも高速な0.2ミリ秒というスピードで白黒の切り替えが行えるため、液晶を超えるスムーズな動画再生も可能

アニメ「ほしのこえ」に出て来た新聞紙がちょうどそんな感じで、一面の記事の写真が動画になってました。ま、あちらはカラー動画だったのでこちらの電子粉流体とはまた別物になりますけど、白黒のみながら動く新聞が可能というわけですね。

と思ってたら、どうやらカラーも可能らしいです!

カラーフィルターを使用したり粉流体自体に色をつけたりして、カラー化も技術的には十分可能

いつもこの手のハイテク系ニュースで妄想ばかりが膨らんでしまうのですが、4〜5年後には動画再生も行えるペーパーライクディスプレイを作っていきたいとのことで、案外実用化は早そうです。個人的には新聞や書籍での利用よりもむしろ、マイノリティ・リポートに出て来たポスターのようなものが街中に貼ってある図を想像してしまいます。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2004年10月25日 22:16

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー