link2044 link2045 link2046 link2047 link2048 link2049 link2050 link2051 link2052 link2053 link2054 link2055 link2056 link2057 link2058 link2059 link2060 link2061 link2062 link2063 link2064 link2065 link2066 link2067 link2068 link2069 link2070 link2071 link2072 link2073 link2074 link2075 link2076 link2077 link2078 link2079 link2080 link2081 link2082 link2083 link2084 link2085 link2086 link2087 link2088 link2089 link2090 link2091 link2092 link2093 link2094 link2095 link2096 link2097 link2098 link2099 link2100 link2101 link2102 link2103 link2104 link2105 link2106 link2107 link2108 link2109 link2110 link2111 link2112 link2113 link2114 link2115 link2116 link2117 link2118 link2119 link2120 link2121 link2122 link2123 link2124 link2125 link2126 link2127 link2128 link2129 link2130 link2131 link2132 link2133 link2134 link2135 link2136 link2137 link2138 link2139 link2140 link2141 link2142 link2143 link2144 link2145 link2146 link2147 link2148 link2149 link2150 link2151 link2152 link2153 link2154 link2155 link2156 link2157 link2158 link2159 link2160 link2161 link2162 link2163 link2164 link2165 link2166 link2167 link2168 link2169 link2170 link2171 link2172 link2173 link2174 link2175 link2176 link2177 link2178 link2179 link2180 link2181 link2182 link2183 link2184 link2185 link2186 link2187 link2188 link2189
トップページ > グルメ・食文化 > 牛丼のブランドだから弱い

牛丼のブランドだから弱い

吉野家、いま確実にイケてないぞ。

たとえばウチから千川通りを下って江古田の駅を過ぎたあたり、右手に吉野家、左手になか卯、という地点がある。深夜3時、なか卯は大勢の客で賑わい、吉野家は一人も客が入っていない。


ごくごく当たり前だけど、「牛丼=吉野家」という図式でブランディングして良いのは「牛丼が用意できるときだけ」だと思う。なか卯は牛丼屋じゃない。松屋も牛丼じゃなくてもいい。らんぷ亭も然り。神谷明風に唄うなら、吉野家だけが牛丼一筋300年♪のイメージだ。


オージービーフじゃいかんのか?和牛じゃいかんのか?アメリカ産にこだわる理由って何だ?

そもそも吉野家に対して、そんな職人気質めいた「こだわり」など誰が求めていただろうか。神谷明風に唄うなら、早いの美味いの安いの〜♪で済ませば良いのだ(美味いかどうかは別として)。


彼らは牛丼を終了してから何もしていない。
「いつか再開する日」という不確定要素を自ら取り込んで、主力商品の席を空けたまま迷走しているのだ。結局、彼らはどこまでも牛丼を売る牛丼屋でしかなく、代替商品をそれ以上の地位に引き上げる努力もしていない。チーズが消えたことに気付いていない。酒を置かずにウーロン茶や緑茶でお茶を濁す酒屋などないのだ。パンがなければお菓子を食べれば良いのだ。お菓子が売れないのなら、お菓子をパンとして制定すれば良いのだ。牛丼に匹敵するsomething newを繰り出してみろ!牛丼のイメージを払拭してみろ!


何ヶ月か前から、最寄りの吉野家が深夜営業しなくなった。丑三つ時に店の前を通るたびに、中で牛丼を貪る人々を見て、自分も誘われるように足を踏み入れたものだが、客足が遠のいては無理もない。


マクドナルドが相変わらずマクドナルドであるように、吉野家は吉野家としてのあるべき姿を見つけなければならない。吉野家=牛丼ではなく、吉野家=吉野家になれるように。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2004年10月28日 01:52

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー