link3942 link3943 link3944 link3945 link3946 link3947 link3948 link3949 link3950 link3951 link3952 link3953 link3954 link3955 link3956 link3957 link3958 link3959 link3960 link3961 link3962 link3963 link3964 link3965 link3966 link3967 link3968 link3969 link3970 link3971 link3972 link3973 link3974 link3975 link3976 link3977 link3978 link3979 link3980 link3981 link3982 link3983 link3984 link3985 link3986 link3987 link3988 link3989 link3990 link3991 link3992 link3993 link3994 link3995 link3996 link3997 link3998 link3999 link4000 link4001 link4002 link4003 link4004 link4005 link4006 link4007 link4008 link4009 link4010 link4011 link4012 link4013 link4014 link4015 link4016 link4017 link4018 link4019 link4020 link4021 link4022 link4023 link4024 link4025 link4026 link4027 link4028 link4029 link4030 link4031 link4032 link4033 link4034 link4035 link4036 link4037 link4038 link4039 link4040 link4041 link4042 link4043 link4044 link4045 link4046 link4047 link4048 link4049 link4050 link4051 link4052 link4053 link4054 link4055 link4056 link4057 link4058 link4059 link4060 link4061 link4062 link4063 link4064 link4065 link4066 link4067 link4068 link4069 link4070 link4071 link4072 link4073 link4074 link4075 link4076 link4077 link4078 link4079 link4080 link4081 link4082 link4083 link4084 link4085 link4086 link4087
トップページ > エレクトロニクス, グルメ・食文化 > 料理をデジカメで美味しそうに撮影するコツ

料理をデジカメで美味しそうに撮影するコツ

料理の写真を日記にアップする人多いけど、そんなときに役立つ情報

食事を撮影してアップしてるブロガーやSNSerに嬉しい情報。お料理を上手く撮影する技術!
ITmedia PCUPdate:第8回 料理と写真とおいしさの関係

コツは3つ、一つ目は手ブレに気をつけること

カメラを両手でしっかり持ち、テーブルに肘をついちゃおう。両肘をつけばそれなりに安定して手ブレしにくくなる。壁際の席なら自分が壁にもたれるのもいい。そして何枚も撮る。そうすれば1枚くらいぶれてないのがあるかもしれない

確かに!自分もそうしてる(笑)

二つ目はホワイトバランス

こじゃれた雰囲気のお店はけっこう白熱灯系のオレンジ色っぽい照明のことが多くて、オートホワイトバランスがうまく働かないことも多いし、デジカメによってはわざとオレンジっぽさを残したホワイトバランスにしてくれるものもある。でも料理はどんな照明下だろうが「白いものは白く」撮りたい

これはもろ美味しさに関係しますよね、色の悪い肉とか魚とかイヤだもの。


三つ目は露出

洋食系のお店だと、白いテーブルクロスに白い食器ってパターンが結構多い。きれいなんだけど、周りが白いとデジカメの方が「全体に明るいからちょっと抑えめで撮ろう」と判断して肝心の料理が露出アンダーになりがちなので、プラスの露出補正をかけて撮るといい
和食系だとダークな色のテーブルに黒い漆塗りの碗や、深い色の陶器が使われていてそのままだと露出オーバー目になっちゃうことがある。多少オーバーな分にはいいけれども、料理が白飛びしちゃうようだとまずいので、ほんのちょっとマイナスの露出補正をかけた方がいいこともある

自動露出は画面全体の明暗で判断しますからね、肝心の料理が飛んだりアンダーになったりしがちなので、これは絶対に補正したい。アンダーすぎると粒子が荒れるしね。


でも、ついつい料理を撮るのに凝り過ぎて、陥りがちな罠があるよね。

もし私が料理人だったら「ああ、撮るのはいいけど、冷めないうちに食べてね」って祈るような気持ちになる

昨日の食事も何枚も写真撮影したんだけど、撮ってるうちにちょっと冷めちゃってたからね(爆)

ラーメン好きだから、よくラーメンの写真撮ったりするんだけど、湯気が邪魔するんだよね。だから湯気がひとしきり引くのを待ったりしてると、九州系の細麺なんかは完全に伸びちゃってたりするんだよ(笑)



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2004年10月30日 10:31

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー