link4380 link4381 link4382 link4383 link4384 link4385 link4386 link4387 link4388 link4389 link4390 link4391 link4392 link4393 link4394 link4395 link4396 link4397 link4398 link4399 link4400 link4401 link4402 link4403 link4404 link4405 link4406 link4407 link4408 link4409 link4410 link4411 link4412 link4413 link4414 link4415 link4416 link4417 link4418 link4419 link4420 link4421 link4422 link4423 link4424 link4425 link4426 link4427 link4428 link4429 link4430 link4431 link4432 link4433 link4434 link4435 link4436 link4437 link4438 link4439 link4440 link4441 link4442 link4443 link4444 link4445 link4446 link4447 link4448 link4449 link4450 link4451 link4452 link4453 link4454 link4455 link4456 link4457 link4458 link4459 link4460 link4461 link4462 link4463 link4464 link4465 link4466 link4467 link4468 link4469 link4470 link4471 link4472 link4473 link4474 link4475 link4476 link4477 link4478 link4479 link4480 link4481 link4482 link4483 link4484 link4485 link4486 link4487 link4488 link4489 link4490 link4491 link4492 link4493 link4494 link4495 link4496 link4497 link4498 link4499 link4500 link4501 link4502 link4503 link4504 link4505 link4506 link4507 link4508 link4509 link4510 link4511 link4512 link4513 link4514 link4515 link4516 link4517 link4518 link4519 link4520 link4521 link4522 link4523 link4524 link4525
トップページ > IT, Internet > 途上国向け低価格PCという風潮

https://igratnadengi.org/

途上国向け低価格PCという風潮

正直なところ、SOHOの身に高価なソフトはちとキツイ

CNET:S・バルマー:「100ドルのPCが必要だ」より

我々が直面している最大の問題は、本来ならソフトウェアに代金を支払うべき人々が、実際には支払っていないということだ
違法コピーの流通や利用を食い止める方法の1つとして、開発途上国の消費者に低価格のPCを提供することが考えられる

この発言に呼応するかのように、AMDから途上国向けの低価格PCが発表された。
ITmedia:AMD、途上国向けの低価格PC「PIC」を正式発表

キーボード、マウス、ソフトのプリインストール込みで185ドル(モニタ込みの場合は249ドル)

しかしバルマーは以下のようにも語っている。

中国やインドでは、PCは低所得者層向けの製品ではない。こうした地域でマシンを購入しているのは、比較的裕福な人々だ。だから、本当は価格を下げる必要はないのだ。政府や状況的要因によって海賊行為が減るまでは・・・こうした裕福な人々が料金を支払う可能性はなく、そして実際に支払ってはいない

ここまで分かっていて、答えが出ないのはなぜだろう?比較的 裕福な層が金を払わないというのは、つまりMicrosoftの製品には価格に見合うだけの価値を感じられないということではないのか?

日本での結果はこうだ。
ソースネクスト、ソフトウェア販売本数シェア22.34%で1位に

2004年度上半期のソフトウェアの販売本数シェアは、1位がソースネクストで22.34%、2位がシマンテックで13.2%、3位がトレンドマイクロで11.2%、4位がマイクロソフトで7.43%、5位がジャストシステムで4.9%
1,980円でソフトウェアを販売するコモディティ戦略がユーザーから大きな支持を得たため、シェアが伸びた

単に販売本数でのシェアなので、一概に1,980円シリーズが適正な価格の商品だとは言えないが、この程度の価格がソフトウェアにかける費用として妥当だというのが、多くのユーザーの判断ではないだろうか?
操作に高度なスキルや習熟を要するソフトウェアは、実際には現場での作業効率や生産性の向上につながっていないのではないだろうか?



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2004年10月31日 13:02

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー