link4795 link4796 link4797 link4798 link4799 link4800 link4801 link4802 link4803 link4804 link4805 link4806 link4807 link4808 link4809 link4810 link4811 link4812 link4813 link4814 link4815 link4816 link4817 link4818 link4819 link4820 link4821 link4822 link4823 link4824 link4825 link4826 link4827 link4828 link4829 link4830 link4831 link4832 link4833 link4834 link4835 link4836 link4837 link4838 link4839 link4840 link4841 link4842 link4843 link4844 link4845 link4846 link4847 link4848 link4849 link4850 link4851 link4852 link4853 link4854 link4855 link4856 link4857 link4858 link4859 link4860 link4861 link4862 link4863 link4864 link4865 link4866 link4867 link4868 link4869 link4870 link4871 link4872 link4873 link4874 link4875 link4876 link4877 link4878 link4879 link4880 link4881 link4882 link4883 link4884 link4885 link4886 link4887 link4888 link4889 link4890 link4891 link4892 link4893 link4894 link4895 link4896 link4897 link4898 link4899 link4900 link4901 link4902 link4903 link4904 link4905 link4906 link4907 link4908 link4909 link4910 link4911 link4912 link4913 link4914 link4915 link4916 link4917 link4918 link4919 link4920 link4921 link4922 link4923 link4924 link4925 link4926 link4927 link4928 link4929 link4930 link4931
トップページ > エンターテインメント > トレッキーはサンダーバード観なさい。相変わらずジョナサン・フレイクス監督は笑えるから

トレッキーはサンダーバード観なさい。相変わらずジョナサン・フレイクス監督は笑えるから

サンダーバード実写版のDVDを衝動買いしてしまいました。

ジョナサン・フレイクス監督版の「サンダーバード」を観たよ。
夜中にすごくつまんないレンタルDVD観て、それを返却したあとファミマ行ったら、欲求不満も相まってDVD衝動買い。


もうね、トレッキーっていう理由だけで買ったようなもんだよね。ライカー副長ことジョナサン・フレイクス監督だからね。でも、はなからジョナサン・フレイクスの監督としての腕前には期待してない(笑)観てみたら案の定、お得意のテレビサイズなお話(笑)最初と最後以外はサンダーバードの正式な隊員はほとんど活躍しない。見る限り全員が酸欠で宇宙に漂ってるだけ(笑)

じゃあ誰が活躍するのかというと、子供達3人。
この雰囲気は何かに似ているなぁと思った。そうだ、スパイキッズだ!!(笑)まさにそれでしかない!!!(笑)


それでね、悪役フッドの吹替えを麦人さんがやってるんですよ。
麦人さんといえばトレッキーには説明するまでもないんですが、ピカード艦長の吹替えが当り役。僕らの尊敬する艦長の声が悪役だなんて、もうその時点で萎え気味なんですが、ジョナサン・フレイクス監督だし、フッド役のベン・キングズレーは、ピカード役のパトリック・スチュワートそっくりだから、まぁ妥当とも言える配役かなと。


で、コメンタリー再生で監督の解説を聞いていると、やっぱり監督が言うわけです。ベン・キングズレー卿がスタートレックで一緒だったパトリック・スチュワートに似ていると(笑)暗にハゲ頭だとほのめかす感じでね(笑)


でもって、アンソニー・エドワーズがブレインズ博士役なんですけども、ここはやっぱりリック・モラニスでいって欲しかったなと思います。リック・モラニス以外がやると全然面白くないんですよこういう役って。


あと、監督の奥さんがTVレポーター役で出演してるんですけど、ビューティフル・ワイフと監督が言ってるにも関わらず、翻訳字幕のほうではあっさりと「妻」とだけ訳されて、ビューティフルが完全に無視されちゃってるというのが可笑しい。ま、全然ビューティフルでもないわけで、この英断には拍手を送りたい。つか、腹かかえて笑った(笑)


サンダーバード フィルム・コレクション
サンダーバード フィルム・コレクション


サンダーバード (2004年劇場公開版)
サンダーバード (2004年劇場公開版)



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2004年11月17日 09:36

» スパイキッズ3-Dを観たよ from webdog
スパイキッズ3-Dには3Dじゃなくて2Dのもあったのかよ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2004年11月18日 07:12

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー