link5986 link5987 link5988 link5989 link5990 link5991 link5992 link5993 link5994 link5995 link5996 link5997 link5998 link5999 link6000 link6001 link6002 link6003 link6004 link6005 link6006 link6007 link6008 link6009 link6010 link6011 link6012 link6013 link6014 link6015 link6016 link6017 link6018 link6019 link6020 link6021 link6022 link6023 link6024 link6025 link6026 link6027 link6028 link6029 link6030 link6031 link6032 link6033 link6034 link6035 link6036 link6037 link6038 link6039 link6040 link6041 link6042 link6043 link6044 link6045 link6046 link6047 link6048 link6049 link6050 link6051 link6052 link6053 link6054 link6055 link6056 link6057 link6058 link6059 link6060 link6061 link6062 link6063 link6064 link6065 link6066 link6067 link6068 link6069 link6070 link6071 link6072 link6073 link6074 link6075 link6076 link6077 link6078 link6079 link6080 link6081 link6082 link6083 link6084 link6085 link6086 link6087 link6088 link6089 link6090 link6091 link6092 link6093 link6094 link6095 link6096 link6097 link6098 link6099 link6100 link6101 link6102 link6103 link6104 link6105 link6106 link6107 link6108 link6109 link6110 link6111 link6112 link6113 link6114 link6115 link6116 link6117 link6118 link6119 link6120 link6121 link6122 link6123 link6124 link6125 link6126 link6127 link6128 link6129 link6130 link6131
トップページ > エンターテインメント > トレッキーはサンダーバード観なさい。相変わらずジョナサン・フレイクス監督は笑えるから

トレッキーはサンダーバード観なさい。相変わらずジョナサン・フレイクス監督は笑えるから

サンダーバード実写版のDVDを衝動買いしてしまいました。

ジョナサン・フレイクス監督版の「サンダーバード」を観たよ。
夜中にすごくつまんないレンタルDVD観て、それを返却したあとファミマ行ったら、欲求不満も相まってDVD衝動買い。


もうね、トレッキーっていう理由だけで買ったようなもんだよね。ライカー副長ことジョナサン・フレイクス監督だからね。でも、はなからジョナサン・フレイクスの監督としての腕前には期待してない(笑)観てみたら案の定、お得意のテレビサイズなお話(笑)最初と最後以外はサンダーバードの正式な隊員はほとんど活躍しない。見る限り全員が酸欠で宇宙に漂ってるだけ(笑)

じゃあ誰が活躍するのかというと、子供達3人。
この雰囲気は何かに似ているなぁと思った。そうだ、スパイキッズだ!!(笑)まさにそれでしかない!!!(笑)


それでね、悪役フッドの吹替えを麦人さんがやってるんですよ。
麦人さんといえばトレッキーには説明するまでもないんですが、ピカード艦長の吹替えが当り役。僕らの尊敬する艦長の声が悪役だなんて、もうその時点で萎え気味なんですが、ジョナサン・フレイクス監督だし、フッド役のベン・キングズレーは、ピカード役のパトリック・スチュワートそっくりだから、まぁ妥当とも言える配役かなと。


で、コメンタリー再生で監督の解説を聞いていると、やっぱり監督が言うわけです。ベン・キングズレー卿がスタートレックで一緒だったパトリック・スチュワートに似ていると(笑)暗にハゲ頭だとほのめかす感じでね(笑)


でもって、アンソニー・エドワーズがブレインズ博士役なんですけども、ここはやっぱりリック・モラニスでいって欲しかったなと思います。リック・モラニス以外がやると全然面白くないんですよこういう役って。


あと、監督の奥さんがTVレポーター役で出演してるんですけど、ビューティフル・ワイフと監督が言ってるにも関わらず、翻訳字幕のほうではあっさりと「妻」とだけ訳されて、ビューティフルが完全に無視されちゃってるというのが可笑しい。ま、全然ビューティフルでもないわけで、この英断には拍手を送りたい。つか、腹かかえて笑った(笑)


サンダーバード フィルム・コレクション
サンダーバード フィルム・コレクション


サンダーバード (2004年劇場公開版)
サンダーバード (2004年劇場公開版)



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2004年11月17日 09:36

» スパイキッズ3-Dを観たよ from webdog
スパイキッズ3-Dには3Dじゃなくて2Dのもあったのかよ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2004年11月18日 07:12

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー