link1460 link1461 link1462 link1463 link1464 link1465 link1466 link1467 link1468 link1469 link1470 link1471 link1472 link1473 link1474 link1475 link1476 link1477 link1478 link1479 link1480 link1481 link1482 link1483 link1484 link1485 link1486 link1487 link1488 link1489 link1490 link1491 link1492 link1493 link1494 link1495 link1496 link1497 link1498 link1499 link1500 link1501 link1502 link1503 link1504 link1505 link1506 link1507 link1508 link1509 link1510 link1511 link1512 link1513 link1514 link1515 link1516 link1517 link1518 link1519 link1520 link1521 link1522 link1523 link1524 link1525 link1526 link1527 link1528 link1529 link1530 link1531 link1532 link1533 link1534 link1535 link1536 link1537 link1538 link1539 link1540 link1541 link1542 link1543 link1544 link1545 link1546 link1547 link1548 link1549 link1550 link1551 link1552 link1553 link1554 link1555 link1556 link1557 link1558 link1559 link1560 link1561 link1562 link1563 link1564 link1565 link1566 link1567 link1568 link1569 link1570 link1571 link1572 link1573 link1574 link1575 link1576 link1577 link1578 link1579 link1580 link1581 link1582 link1583 link1584 link1585 link1586 link1587 link1588 link1589 link1590 link1591 link1592 link1593 link1594 link1595 link1596 link1597 link1598 link1599 link1600 link1601 link1602 link1603 link1604 link1605
トップページ > グルメ・食文化 > 発泡酒を不味くしたのは国だ

発泡酒を不味くしたのは国だ

酒税あげるな!税金の無駄遣いを見直せ!

YOMIURI ON-LINE:「ドラフトワン」など第3のビール、増税見送りへ

自民党税調は、低価格の新商品が開発されるごとに後追いで課税強化するのではなく、「酒税体系そのものを見直す」ことで大筋一致した。酒税については、2006年度以降に税率の簡素化などによる抜本改正に取り組む方針だ

とのことで、今回はなんとか免れそうです。
僕は酒税法でいうところの「ビール」以外はあまり飲まないので関係ないんですけどね。

飲まないというか、飲まなくなったという方が正しいでしょうか。
初代ホップスはよく飲んでましたよ。当時、学生だったこともあり、低価格でビールと同等の味は非常に嬉しいものでした。


しかし、そこに目をつけた政府が発泡酒を増税したわけですね。安さが売りの発泡酒で値上げなどあり得ないわけで、そこでとられた回避策がこれですね。MSN-Mainichi INTERACTIVE:発泡酒よ、断固闘え 安易な増税を許すな

96年度の税制改正で、大蔵省(当時)と税制調査会が発泡酒への増税を画策し、両社の猛反対を押し切って決定した。両社は値上げを迫られたが、発泡酒は安さが売り物。「高い」発泡酒など、意味がない。発泡酒の命運もここまで、と思われた。
ところが、そこでド根性を見せたのがサントリー。96年5月に「ホップス」を打ち切り、より麦芽比率の低い「スーパーホップス」(同150円)を出したのだ。
当時の税制改正で、発泡酒の増税対象になったのは、麦芽使用比率が(1)50%以上〜67%未満(2)25%未満の2種類で、中間の(3)25%以上〜50%未満は据え置かれた。麦芽を使う比率によって、税率が異なる酒税というものの不思議さはともかく、この時、サントリーは(1)の「ホップス」から(2)の「スーパーホップス」に切り替える芸当を演じたのだ。(2)も税率こそ上がったものの、(1)と(3)よりは安い。

ビールと発泡酒の分類についてはこちらに詳しく記載されています。
TG:食の情報/食の生活110番Q&A/近頃気になる「発泡酒」


簡単に言えば、最初はそれなりに美味しかった発泡酒ですが、増税の煽りで値上げするのを避けるために、麦芽使用比率を変えて販売するようになったため、現在のようなビールとはかけ離れた不味い酒になったということですね。なので、僕はこの味にはどうにも馴れられなかったので、今は国産のものは所謂「ビール」しか飲まないです。


馬鹿な政治家のおかげで、国民が不味いものを口にする羽目に遭うというのは、どうも納得できないことですよ。クーデターでも起きないかなぁ。せめて税金の無駄遣いを正してほしいんだがなぁ。



世界の名酒事典 2005年版(講談社)



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2004年12月 2日 19:45

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー