link6132 link6133 link6134 link6135 link6136 link6137 link6138 link6139 link6140 link6141 link6142 link6143 link6144 link6145 link6146 link6147 link6148 link6149 link6150 link6151 link6152 link6153 link6154 link6155 link6156 link6157 link6158 link6159 link6160 link6161 link6162 link6163 link6164 link6165 link6166 link6167 link6168 link6169 link6170 link6171 link6172 link6173 link6174 link6175 link6176 link6177 link6178 link6179 link6180 link6181 link6182 link6183 link6184 link6185 link6186 link6187 link6188 link6189 link6190 link6191 link6192 link6193 link6194 link6195 link6196 link6197 link6198 link6199 link6200 link6201 link6202 link6203 link6204 link6205 link6206 link6207 link6208 link6209 link6210 link6211 link6212 link6213 link6214 link6215 link6216 link6217 link6218 link6219 link6220 link6221 link6222 link6223 link6224 link6225 link6226 link6227 link6228 link6229 link6230 link6231 link6232 link6233 link6234 link6235 link6236 link6237 link6238 link6239 link6240 link6241 link6242 link6243 link6244 link6245 link6246 link6247 link6248 link6249 link6250 link6251 link6252 link6253 link6254 link6255 link6256 link6257 link6258 link6259 link6260 link6261 link6262 link6263 link6264 link6265 link6266 link6267 link6268 link6269 link6270 link6271 link6272 link6273 link6274 link6275 link6276 link6277
トップページ > エンターテインメント > 別所哲也のULTRAMANを観てきたよ

別所哲也のULTRAMANを観てきたよ

ウルトラマン ザ ネクスト!!半分くらい期待してなかったけど、ドラマ部分に完全にヤラレちゃったよ。他の部分もかなり良い。少なくともコスモスなんかよりはずっとちゃんと出来てる。

先日の記事で予告した通り、ULTRAMANことウルトラマン映画を観てきました。フライングシーケンスディレクター:板野一郎という部分に一番惹かれて観に行ったのですが、実際のところツボにハマるファクターというのは多々あって、確かに大人向け(特にお父さん向け)に製作された映画なんだなと実感しました。

まず1stシーンの冒頭カットで、航空自衛隊・百里基地のエプロンに並ぶF-15J イーグルが映し出されます。で、そのときの音楽がもろTOPGUN ANTHEM(トップガンの冒頭で流れる曲ね)そっくり!!ものすごくチープなパクリに見えてしまって抱腹絶倒まちがいない(笑)ちなみに音楽担当はB'zの松本孝弘。たぶんスティーブ・スティーブンスへのオマージュなんだと理解してあげよう。

で、そのあと主役と親友が二人、待機室で状況の説明台詞の応酬(笑)本筋に入るまで萎えることこのうえなし(笑)とにかく観客をツカみ切れてない。出だし悪すぎ(笑)

物語は、別所哲也が演じる空自イーグルドライバーが、宇宙から来た赤い光と遭遇してウルトラマンとなり、対して青い光によって怪獣となった大澄賢也と戦うという主軸。これは初代マンの第一話と同じシチュエーションですね。それで、横軸に難病の息子とのドラマとパイロットとして空を駆けるという男の夢が入ってきます。僕むかしイーグルドライバー目指して空自のパイロットの試験受けたことあるし、同じような年頃の息子がいるしで、もうずっと涙腺ゆるみっぱなし。

ちなみに大澄賢也が素顔を晒すのは、ほんの数十秒の回想シーンだけです。妙に動きが綺麗、さすが元ダンサー。あとは特殊メイクかCGかハダカでしか登場しません。扱い悪いなぁ。

で、問題の特撮シーンなのですが、自衛隊施設内のドーム(?)と、西新宿の高層ビル街、そして東京上空といった3つのシチュエーションで戦います。最初のドーム内での戦いは双方の身長が10m程度で、いちばんリアルに感じられる大きさ。迫力も劇中もっとも大きかったと思います。
新宿での戦いはウルトラマンや怪獣のリアルさ云々ということよりも、あの高層ビル街をぶち壊すとどうなるのかなぁ?という誰もが抱く妄想を徹底的に実現してくれます。サイコー!!
どちらのシークエンスも基本は煽りのカメラに徹していて、大森一樹あたりのゴジラがすっかり忘れてしまっていた巨大感というのをすごく大切にしているという感じでした。好感が持てます。

で、空中戦はウルトラマンと怪獣とF-15戦闘機が入り乱れる壮絶なバトル。板野サーカスの実写版というだけでマクロス好きとしてはもう感動モノです。

あと本編には全く出てこない点ですが、草刈正雄の役名が「万城目」というのもほどよくツボを抑えてるなぁと思いました。

ここ「ULTRAMAN THE MOVIE」にトレイラームービーだけでなく、割りと長目のダイジェストムービーも置いてありますので、着ぐるみ特撮映画に興味無い人も一度観てみると良いでしょう。

初代ウルトラマンのテーマ曲をリメイクした松本孝弘の曲もなかなか味があって良い感じです。ただし、昨今のハリウッド映画のような、やたらオーケストラ重低音なBGMに馴れていると、かなりこの映画の音楽は映像から剥離していて妙な感じです。ま、トップガンのパクりをやった時点で、全体のトーンをチープな方向に結びつけてるとは思うんですけどね(笑)

あとですね、エンドロールが終わったあとで「2005年 冬」 「requiem ULTRAMAN 2」というテロップが出たんですよ。もう続編が用意されてんのかよ、つーかレクイエムてことはあの子供死んじゃうのかね?ま、いいや。次も楽しみにしようっと。

参考リンク:「航空自衛隊-協力映画紹介



トップガン サントラ



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2004年12月21日 13:23

» 【企画エントリ〜】日本のアルファ・ブロガーを探せ 2004 from McDMaster's Weblog
という企画なのれす。私もエントリを書いてみることとします。 ・・・どなたか、私を推薦してください。(爆 「会社のオフィスでは『3 つだけ』しかブログ… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2004年12月22日 07:28

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー