link1168 link1169 link1170 link1171 link1172 link1173 link1174 link1175 link1176 link1177 link1178 link1179 link1180 link1181 link1182 link1183 link1184 link1185 link1186 link1187 link1188 link1189 link1190 link1191 link1192 link1193 link1194 link1195 link1196 link1197 link1198 link1199 link1200 link1201 link1202 link1203 link1204 link1205 link1206 link1207 link1208 link1209 link1210 link1211 link1212 link1213 link1214 link1215 link1216 link1217 link1218 link1219 link1220 link1221 link1222 link1223 link1224 link1225 link1226 link1227 link1228 link1229 link1230 link1231 link1232 link1233 link1234 link1235 link1236 link1237 link1238 link1239 link1240 link1241 link1242 link1243 link1244 link1245 link1246 link1247 link1248 link1249 link1250 link1251 link1252 link1253 link1254 link1255 link1256 link1257 link1258 link1259 link1260 link1261 link1262 link1263 link1264 link1265 link1266 link1267 link1268 link1269 link1270 link1271 link1272 link1273 link1274 link1275 link1276 link1277 link1278 link1279 link1280 link1281 link1282 link1283 link1284 link1285 link1286 link1287 link1288 link1289 link1290 link1291 link1292 link1293 link1294 link1295 link1296 link1297 link1298 link1299 link1300 link1301 link1302 link1303 link1304 link1305 link1306 link1307 link1308 link1309 link1310 link1311 link1312 link1313
トップページ > エンターテインメント > DAFT PUNK新譜リリース決定!日本先行発売

DAFT PUNK新譜リリース決定!日本先行発売

ダフトの新譜が日本で来年3月に先行発売されるらしいゼ!

bounce.com:DAFT PUNKのニュー・アルバム『Human After All』リリース決定」という記事によると、ダフト・パンクが2005年3月16日に日本先行発売でニューアルバムをリリースすることが決定したらしい。アルバムタイトルは「Human After All〜原点回帰

「Human After All」とはなんともソソられる垂涎ワードだ。

それにしても、もう前作「DISCOVERY」から4年も経っているとは…時の経つのは早いもんです。また今回も影響受けまくる準備は万端(笑)どんな世界を見せてくれるか、今から楽しみ。しかし心配なのは、東芝EMIだけにひょっとするとCCCDなんかで発売しちゃったりするような悪寒…

asahi.com : ネット最前線によると、エイベックス、ソニーはCCCDから手を引くものの、東芝EMIは今後も推進するらしいのだ。そして、この記事を読んでると面白いことが書いてあった。

「反対の声が少ないのは、受け入れられている証拠」と業界が思っているうちに、いつのまにか客が消え去っている――日本とはそういう市場だ

これ音楽業界だけに限らないと思うので、気を付けたほうが良いと思う。2ちゃんねるさえ見なければ、あとはホントに何も批判や反対意見が伝わって来ないからね。

関連リンク:東芝EMI ダフトパンク
「詳細は追ってお伝えします!!」と書いてあります。

というわけで次回へつづく


Story About Dogs Androids Firemen & Tomatoes

インターステラ5555-The 5tory of the 5ecret 5tar 5ystem-special edition

DAFT CLUB

ホームワーク

ディスカバリー [LIMITED EDITION] [ENHANCED]



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2004年12月25日 00:32

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー