link685 link686 link687 link688 link689 link690 link691 link692 link693 link694 link695 link696 link697 link698 link699 link700 link701 link702 link703 link704 link705 link706 link707 link708 link709 link710 link711 link712 link713 link714 link715 link716 link717 link718 link719 link720 link721 link722 link723 link724 link725 link726 link727 link728 link729 link730 link731 link732 link733 link734 link735 link736 link737 link738 link739 link740 link741 link742 link743 link744 link745 link746 link747 link748 link749 link750 link751 link752 link753 link754 link755 link756 link757 link758 link759 link760 link761 link762 link763 link764 link765 link766 link767 link768 link769 link770 link771 link772 link773 link774 link775 link776 link777 link778 link779 link780 link781 link782 link783 link784 link785 link786 link787 link788 link789 link790 link791 link792 link793 link794 link795 link796 link797 link798 link799 link800 link801 link802 link803 link804 link805 link806 link807 link808 link809 link810 link811 link812 link813 link814 link815 link816 link817 link818 link819 link820 link821
トップページ > サイエンス・テクノロジー > 恐竜、今と昔じゃ大違い

ajooda.ch

恐竜、今と昔じゃ大違い

僕の幼少時代に読んでた恐竜図鑑と、息子の世代のそれとは大違いなのだ

事の発端はこうだ。
息子が粘土でブラキオサウルスを作ったというので、それを見せてもらった。そのフォルムを見て、僕は少しアドバイスした。「ブラキオサウルスの首は前じゃなくて上に伸びてるんだよ」と。しかし、息子の恐竜図鑑に載っているブラキオサウルスは、首が前方のほうに伸びていたのだ!!

ブラキオサウルス

●僕が昔読んでた恐竜図鑑
学研の図鑑 大むかしの動物
(昭和47年7月初版、昭和53年9月 第30版発行)

●息子に先日買い与えた恐竜図鑑
フレーベル館 きょうりゅうとおおむかしのいきもの
(2004年11月 初版第1刷発行)

30年を経て、恐竜についての認識が大きく変わっているというのを実感せずにはいられなかった。息子の世代では、恐竜が温血動物である説や羽毛が生えていたというのは、もはや当たり前の情報になっている。そして、その歩く姿勢も大幅に変わっていれば、細かなディテールも全然違っているものもある。

上の2冊から、ほんの少しだけ、比較してみたい。

■ブラキオサウルスの鼻孔
ブラキオサウルスの鼻孔
これは息子が指摘したのだが、昔の図鑑では、鼻孔がいかにも鼻である部分に描かれている。しかし最近の定説では、頭頂部の突起に鼻孔があったとされているのだ。

■ゴルゴサウルスの立ち姿勢
ゴルゴサウルスの立ち姿勢
ゴルゴサウルスに限らず、ティラノサウルスなどの仲間である獣脚類は、前屈みで尻尾を使ってバランスをとっていたという説が昨今有力だ。昔の図ではまるで人間のように直立してしまっている。どちらにリアリティがあるかは一目瞭然。ゴジラの着ぐるみが、いかにおかしな物かというのを改めて認識する。

■アーケオプテリクスはもはや鳥類
アーケオプテリクス(始祖鳥)
いわゆる始祖鳥の図だが、昔描かれたものは、鳥のバケモノのような印象。最新の図では、なんとか飛べそうな姿である。

僕らの世代だとティラノサウルスやステゴサウルス、トリケラトプスなどに人気が集中していたものだが、息子によればそれらに加えてもっともクールな恐竜のひとつとして「ミクロラプトル グイ」が挙げられている。ミクロラプトル グイとは、樹上生活を送る小型の恐竜で、初めて羽毛がついた化石が確認された最初の恐竜だ。恐竜類から鳥類へのミッシングリンクを探るうえで最も重要な存在、それがミクロラプトル グイなのだ。

我々が子供の頃に得たコンピュータの知識はとっくに陳腐化して使えないものになってるが、恐竜という分野でも同じだと感じた。この際、童心に還って太古の巨大生物に想いを馳せ、勉強し直してみるのも良いのではないだろうか?



「恐竜大図鑑?よみがえる太古の世界」ナショナル・ジオグラフィック


「古代生物大図鑑」ドゥーガル ディクソン他 (著)


「恐竜大図鑑 古生物と恐竜」デーヴィッド・ランバート他 (著)


「科学は不確かだ!」R・P・ファインマン (著)



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2004年12月26日 00:00

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー