link3796 link3797 link3798 link3799 link3800 link3801 link3802 link3803 link3804 link3805 link3806 link3807 link3808 link3809 link3810 link3811 link3812 link3813 link3814 link3815 link3816 link3817 link3818 link3819 link3820 link3821 link3822 link3823 link3824 link3825 link3826 link3827 link3828 link3829 link3830 link3831 link3832 link3833 link3834 link3835 link3836 link3837 link3838 link3839 link3840 link3841 link3842 link3843 link3844 link3845 link3846 link3847 link3848 link3849 link3850 link3851 link3852 link3853 link3854 link3855 link3856 link3857 link3858 link3859 link3860 link3861 link3862 link3863 link3864 link3865 link3866 link3867 link3868 link3869 link3870 link3871 link3872 link3873 link3874 link3875 link3876 link3877 link3878 link3879 link3880 link3881 link3882 link3883 link3884 link3885 link3886 link3887 link3888 link3889 link3890 link3891 link3892 link3893 link3894 link3895 link3896 link3897 link3898 link3899 link3900 link3901 link3902 link3903 link3904 link3905 link3906 link3907 link3908 link3909 link3910 link3911 link3912 link3913 link3914 link3915 link3916 link3917 link3918 link3919 link3920 link3921 link3922 link3923 link3924 link3925 link3926 link3927 link3928 link3929 link3930 link3931 link3932 link3933 link3934 link3935 link3936 link3937 link3938 link3939 link3940 link3941
トップページ > mixi・SNS考察 > SNSでのマーケティングはフニッシュブロー

SNSでのマーケティングはフニッシュブロー

商品情報を得る為にわざわざテレビ見たりしないんだから、お前ら売りたかったらもっとこっち側に寄れよ、というハナシ

先日の「mixiコミュニティ+パブリッシング」という記事からの続き。そして今日のは前置きが少し長過ぎる(笑)

以下mixiのコミュニティ、テレビっ子とテレビ見ない派の数
(TV局や番組のファンコミュニティは別の意味を帯びているのでここでは除外した)

◆テレビっ子…合計273人◆
テレビっ子 大集合!254人
拙者、テレビっ子でございます19人

◆テレビ見ない派…合計858人◆
テレビ見ません589人
テレビ見ない99人
テレビつけっ放し…でも見てない118人
部屋にテレビは置きません44人
テレビを破壊する会8人


元祖しゃちょう日記:新聞読まないし、テレビも見ません。
webdog: M2層(35〜49歳男性)の夜間ネット利用時間が増加
週刊!木村剛:ネット有名人vsリアル有名人:テレビは見ないがネットは使う


[ビジネスブログ] ビズブロ界のキーマンに聞く!:第2回 P&G「I ?(ラブ) 困ったさんコンテスト」」より引用

テレビが顔面パンチだとしたら、ブログはローキックを地味に打ち続けてじわじわと追い込む、みたいな戦法かな(笑)

基本的に地上波のテレビ放送は見ない僕にとっては、インターネットの広告はパンチとはいかないまでも、顔面パチンくらいの威力はある。ブログの現状はマス広告の補完でしかないだろうが、SNSではどうなるのだろう?mixiでのオーシャンズ12の件に関しては、僕は生半可な興味しかなかったにも関わらず、戦略にはまり喜々として懸賞に応募してしまっている(笑)

コミュニティでやるのも面白いが、それが人ならもっと面白い。例えば1エントリー虎場数百件の真鍋かをりが広告塔としてmixiに参加したらどうなるだろう?マイミク数万人規模という事態も無理ではないかもしれない。それだけの人数に日記を毎日読ませることが出来たら…アイドルからイベント告知メッセージを送付されてしまったら…という興味や妄想は尽きない(笑)

一般的にテレビの視聴率1%は100万人に相当すると言われている。mixiのユーザー数がどこで飽和するかは分からないが、例えば1,000万人規模となった場合、全員にくまなく告知を行き渡らせる方法があるなら、10%の視聴率をとるテレビ番組と同じ効果が期待できる。口コミ効果を加味するなら、もっと小規模で同程度の効果を実現することも可能だ。SNSにコミットしたマーケティングでは、SNS内ではフォロワー層でしかなかった消費者も、SNSの外に出ればアーリーアダプターだ。一見それはごく当たり前のようだが、場合によってはクリティカルマスが大きく変わってくる事態だ。ま、その辺の手法は既にムギ畑アットコスメなどの女性向けサイトで開発されてるわけだが(爆)

McDMaster's Weblog:mixi パブリッシング」より

マス・マーケティングが終焉を迎えつつあるとまことしやかに言われる中で、SNS を介して形成される限られた志向(嗜好)を持つコミュニティに対するマーケティングという手法も看過できないところはある。ニッチな市場の発掘装置として SNS は適役であり、まさに上で述べたとおり、限られたユーザを「囲い込む」手法として有効に機能することとなる

現状ではニッチ発掘が考えやすいのだが、ユーザー数の飽和点次第では、マスマーケティングと同効果をもたらす事もありそうな印象。SNSを利用したマーケティングは、ローキックどころかまさにフニッシュブローの可能性を秘めている。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2005年1月 5日 06:06

» SNSの視聴率 from プライベートマリタン
詳細は以下参照 http://webdog.be/archives/05105_060632.html まず作曲家の視点から考察したのだけど、どうし… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年1月 5日 21:59

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー