link2520 link2521 link2522 link2523 link2524 link2525 link2526 link2527 link2528 link2529 link2530 link2531 link2532 link2533 link2534 link2535 link2536 link2537 link2538 link2539 link2540 link2541 link2542 link2543 link2544 link2545 link2546 link2547 link2548 link2549 link2550 link2551 link2552 link2553 link2554 link2555 link2556 link2557 link2558 link2559 link2560 link2561 link2562 link2563 link2564 link2565 link2566 link2567 link2568 link2569 link2570 link2571 link2572 link2573 link2574 link2575 link2576 link2577 link2578 link2579 link2580 link2581 link2582 link2583 link2584 link2585 link2586 link2587 link2588 link2589 link2590 link2591 link2592 link2593 link2594 link2595 link2596 link2597 link2598 link2599 link2600 link2601 link2602 link2603 link2604 link2605 link2606 link2607 link2608 link2609 link2610 link2611 link2612 link2613 link2614 link2615 link2616 link2617 link2618 link2619 link2620 link2621 link2622 link2623 link2624 link2625 link2626 link2627 link2628 link2629 link2630 link2631 link2632 link2633 link2634 link2635 link2636 link2637 link2638 link2639 link2640 link2641 link2642 link2643 link2644 link2645 link2646 link2647 link2648 link2649 link2650 link2651 link2652 link2653 link2654 link2655 link2656 link2657 link2658 link2659
トップページ > エンターテインメント > クリンゴン人の額の隆起の有無に関する考察

クリンゴン人の額の隆起の有無に関する考察

進化→退化なのか、どうなのか

カーク船長のTV版 宇宙大作戦(TOS)では、クリンゴン人の額は人間と同じように平滑だった。しかし映画版では山脈のような隆起が付け加えられ、以降のTVシリーズである新スタートレック(TNG)、ディープスペースナイン(DS9)、ヴォイジャー(VGR)でもそれが一般的になった。これは単に特殊メイク技術や制作費の問題としてとらえて、見なかった事にできる問題だった。

しかし、DS9のエピソード「伝説の時空へ」(小説版:トリブルでトラブル)にて、クルーがこれについて言及してしまうところから、スタートレックの物語の世界でも認知されている問題になってしまった。

一部では、DNAレベルでの民族強制進化などの説が囁かれ、そういう事にしてお茶を濁そうとするのが一般的だったが、これを否定してしまうような事件が起こった。

TOSの前世紀を描く新シリーズ「エンタープライズ(ENT)」の第一話にて、額の隆起したクリンゴン人が登場してしまったのだ。これを時系列に並べると

●22世紀(ENT)・・・隆起有り
●23世紀(TOS)・・・隆起無し
●24世紀(TNG)・・・隆起有りに戻る

ということになる。遺伝子操作で額の隆起を作ったとか、進化したという説は、ここで木っ端微塵に砕かれたように見えた。しかし、startrek.comに「Klingon Discrepancy Theories: Where Did the Ridges Go?」というコラムがあり、これによると、
●迅速な進化説(The Quick-Evolution Theory)
●生体工学で作られたエージェント説(The Bioengineered Agent Theory)
●外科手術説(The Surgical Alteration Theory)
●複数民族ハイブリッド説(The Hybrid Theory)
●ファッション、化粧品説(The Cosmetic Fashion Theory)
などが挙げられている。

どれもかなり苦し紛れなのだが、隆起を失ったTOSの時代について、なんとなくそれらしく説明をつけている。他にもQがイタズラをしたという説などもあり面白い。

さて、こんな記事もある
Production Report: Klingon Discrepancy Addressed in "Affliction"

Then there was "Trials and Tribble-ations," where the crew went back in time to Station K-7, looked around and said, "Those are Klingons??" They turned to bumpy-headed Worf for an explanation, and he would only say it's a long story and "We do not discuss it with outsiders."
Well, rest assured the writers have taken all that into account and have come up with a scenario consistent with all those elements. We won't give it away here, of course, but we will say that it ties very neatly into other aspects of Trek history.

あんまし英語が得意じゃないのであれなんだが、つまりこの問題に決着をつけるエピソードを考えついたということか?なんだか期待大だ。しかし新シーズンが日本で放映されないのがアレなんだが・・・



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2005年1月 9日 08:07

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー