link3360 link3361 link3362 link3363 link3364 link3365 link3366 link3367 link3368 link3369 link3370 link3371 link3372 link3373 link3374 link3375 link3376 link3377 link3378 link3379 link3380 link3381 link3382 link3383 link3384 link3385 link3386 link3387 link3388 link3389 link3390 link3391 link3392 link3393 link3394 link3395 link3396 link3397 link3398 link3399 link3400 link3401 link3402 link3403 link3404 link3405 link3406 link3407 link3408 link3409 link3410 link3411 link3412 link3413 link3414 link3415 link3416 link3417 link3418 link3419 link3420 link3421 link3422 link3423 link3424 link3425 link3426 link3427 link3428 link3429 link3430 link3431 link3432 link3433 link3434 link3435 link3436 link3437 link3438 link3439 link3440 link3441 link3442 link3443 link3444 link3445 link3446 link3447 link3448 link3449 link3450 link3451 link3452 link3453 link3454 link3455 link3456 link3457 link3458 link3459 link3460 link3461 link3462 link3463 link3464 link3465 link3466 link3467 link3468 link3469 link3470 link3471 link3472 link3473 link3474 link3475 link3476 link3477 link3478 link3479 link3480 link3481 link3482 link3483 link3484 link3485 link3486 link3487 link3488 link3489 link3490 link3491 link3492 link3493 link3494 link3495 link3496 link3497 link3498 link3499
トップページ > 社会・国際・政経 > 航空自衛隊、次期主力戦闘機はF/A-18E/F スーパーホーネットが本命!?

航空自衛隊、次期主力戦闘機はF/A-18E/F スーパーホーネットが本命!?

我々の血税が大きく割かれる項目についての話

本屋に行ってJウィング誌などを立ち読みしてふと思い出したのですが、本日は入間基地航空祭ではないですか!しかも例年通りなら今頃はブルーインパルスの飛行展示が行われている頃。なんたる不覚。年に一度の戦闘機撮影会を逃してしまうとは…

さてさて、今号のJウィング誌では、FX(次期主力戦闘機選定)についての特集記事が組まれておりました。この7月から本格化した選定作業、果たしてどれが選ばれるか?

現在のF-15J イーグル、そして先代のF-4EJ改 ファントムなどは三菱重工でライセンス生産されています。これまでに倣って米空軍の主力機であるF/A-22 ラプターを選んだ場合、ロッキード社からの輸入は可能になるかもしれませんが、あまりの最新鋭ゆえにライセンス生産は不可能と目されているようです。また、対艦攻撃装備を備えていない点が指摘されていました。よって、目下FX最有力候補はコストパフォーマンス的にF/A-18E/F スーパーホーネット、次点がF/A-22とのことです。

イーグルやファントムの選定時は1年で結論が出ているようですので、おそらく来年前半には次期主力機が選定されるのではないでしょうか。ぜひともF/A-22が日本の空を飛ぶ姿を見てみたいです。

また、記事中で軍事評論家の岡部いさく氏が語っていた「マッハよりもギガバイト」というのが印象に残りました。F/A-18E/FのLINK16という機能で、コクピットと母艦ブリッジでのリアルタイム画像データ共有が可能とのこと。超音速戦闘機であることが一般化してますから、あとは情報処理能力が勝敗を分けるということですね。テレビゲーム戦争ともいわれる昨今の空爆映像などを見るとそれも納得できます。

ディスカバリーチャンネルの名番組エクストリームマシーンズがDVD化されているじゃないか!



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2005年11月 3日 13:20

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー