link4672 link4673 link4674 link4675 link4676 link4677 link4678 link4679 link4680 link4681 link4682 link4683 link4684 link4685 link4686 link4687 link4688 link4689 link4690 link4691 link4692 link4693 link4694 link4695 link4696 link4697 link4698 link4699 link4700 link4701 link4702 link4703 link4704 link4705 link4706 link4707 link4708 link4709 link4710 link4711 link4712 link4713 link4714 link4715 link4716 link4717 link4718 link4719 link4720 link4721 link4722 link4723 link4724 link4725 link4726 link4727 link4728 link4729 link4730 link4731 link4732 link4733 link4734 link4735 link4736 link4737 link4738 link4739 link4740 link4741 link4742 link4743 link4744 link4745 link4746 link4747 link4748 link4749 link4750 link4751 link4752 link4753 link4754 link4755 link4756 link4757 link4758 link4759 link4760 link4761 link4762 link4763 link4764 link4765 link4766 link4767 link4768 link4769 link4770 link4771 link4772 link4773 link4774 link4775 link4776 link4777 link4778 link4779 link4780 link4781 link4782 link4783 link4784 link4785 link4786 link4787 link4788 link4789 link4790 link4791 link4792 link4793 link4794 link4795 link4796 link4797 link4798 link4799 link4800 link4801 link4802 link4803 link4804 link4805 link4806 link4807 link4808 link4809 link4810 link4811 link4812 link4813 link4814 link4815 link4816 link4817
トップページ > IT, Internet > 簡単デスクトップ非整理術、整理しない技

נערות ליווי בחיפה

簡単デスクトップ非整理術、整理しない技

整理に時間をとられるなら、整理せずに仕事できる環境を用意すればいいということ

これが僕のMacのデスクトップです。
簡単デスクトップ非整理術

一見ごちゃごちゃしてるようですが、自分的にはもの凄くまとまっています。

向かって右側はテンポラリ(一時ファイル)置き場で、用の済んだものから適切なフォルダもしくはゴミ箱へ移動します。画面左側は頻出多用のファイル群。最近使ってないなと感じたら適切なフォルダへ片付けます。もしくは捨てます。真ん中あたりは、そのうち使おうと思うネタや、近い将来いつか使うであろうというファイル。これは気が付くたびに捨てることが多いですが…

Windowsだとこうはいかないのですが、Macだとデスクトップ画面へのアクセスがとても簡単なので、必要なものはとりあえず置いておくと便利です。

で、重要なのは全てを位置で記憶しておくこと。

ファイル名やフォルダで管理するからワケが分からなくなるのであって、デスクトップ上の位置で把握しておけば忘れないです。

これは地図や間取り図を見るようなもので、例えば何丁目何番地といったリストをズラーっと見せられるよりも、地図が一枚あれば楽チンなのと同じ理屈です。ただし向き不向きがあると思いますので、誰にでもオススメというわけでもありませんね。

僕はもうずーっとこの形でやっているのですが、昔、整理好きの上司に勝手に「整頓」と「並び替え」コマンドを適用されて、著しく作業効率が落ちたことがあります。憤慨ものです。見た目はまとまっても、僕からすれば「勝手に散らかしてくれたな!」という事になります。マインドマップのレイアウトをエクセルシートにコンバートされるようなものです。

GUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)というのは、ファイル名よりもアイコンとその配置を重視した操作方法ですから、テンポラリのようなものや、常時利用するものについては、リスト化したりソートしたり格納する必要性が薄いので、こういった非整理術を利用した方が上手く行きます。

バックアップもデスクトップフォルダ単位でやってしまえば、2004年の10月あたりはココにコレがあったな、などという感じで素早く探し出せます。これがファイル名検索だと、英語だったか日本語のファイル名かで既に分からなくなっていたり、スペルミスなどなどで目的のものに到達するまで散々苦労するわけです。

で、先ほども書きましたけども、WindowsではそもそもGUIに対する思想が違うので、これは向いてません。くれぐれも真似しないように。

【関連記事】
「デスクトップ百景」デスクトップはただのフォルダ。偉い人にはそれがわからんのです


魔法のように片づく!見つかる!超ファイルの技術
魔法のように片づく!見つかる!超ファイルの技術

奇跡のファイリング術?「超」整理法が進化した“魔法のファイル”
奇跡のファイリング術?「超」整理法が進化した“魔法のファイル



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2005年11月20日 16:53

» 馬鹿はインデックスしたがる from Web 2.0 webdog
綺麗に並べるだけの整理なんて本当の整理じゃない! [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年5月 7日 05:37

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー