link2940 link2941 link2942 link2943 link2944 link2945 link2946 link2947 link2948 link2949 link2950 link2951 link2952 link2953 link2954 link2955 link2956 link2957 link2958 link2959 link2960 link2961 link2962 link2963 link2964 link2965 link2966 link2967 link2968 link2969 link2970 link2971 link2972 link2973 link2974 link2975 link2976 link2977 link2978 link2979 link2980 link2981 link2982 link2983 link2984 link2985 link2986 link2987 link2988 link2989 link2990 link2991 link2992 link2993 link2994 link2995 link2996 link2997 link2998 link2999 link3000 link3001 link3002 link3003 link3004 link3005 link3006 link3007 link3008 link3009 link3010 link3011 link3012 link3013 link3014 link3015 link3016 link3017 link3018 link3019 link3020 link3021 link3022 link3023 link3024 link3025 link3026 link3027 link3028 link3029 link3030 link3031 link3032 link3033 link3034 link3035 link3036 link3037 link3038 link3039 link3040 link3041 link3042 link3043 link3044 link3045 link3046 link3047 link3048 link3049 link3050 link3051 link3052 link3053 link3054 link3055 link3056 link3057 link3058 link3059 link3060 link3061 link3062 link3063 link3064 link3065 link3066 link3067 link3068 link3069 link3070 link3071 link3072 link3073 link3074 link3075 link3076 link3077 link3078 link3079
トップページ > IT, Internet > Zガンダム富野由悠季「Final Cut Proは“必殺兵器”でした」

Zガンダム富野由悠季「Final Cut Proは“必殺兵器”でした」

富野監督がZガンダム劇場版の編集ツールに選択したのは、AppleのFinal Cut Proだった

先ほどキーボードを買いに行ったビックカメラで、iMac G5を触ってたところ、Safariのホームページに設定されていたのは、たいへん興味深いページでした。

アップル — Pro/Film & Video — 映画監督 富野由悠季

アップルのサイトにて、Zガンダム総監督である富野由悠季氏へのインタビューが掲載されています。富野御大がどのようにFinal Cut Proを利用してZガンダムの制作に活かしたかを2ページに渡り読むことができます。これはZ世代のMacユーザーは必読でしょう。

そもそもFinal Cut Proのようなツールがなければ、今回の仕事は断っていました
これはできないだろう、というような難しい部分を、Final Cut Proがものすごくいい形で補完してくれた。だから僕も真剣にやりました

これはなんだか解りますね。僕はいま編集の仕事自体はしないのでFinal Cut Proは必要ないのですが、以前の仕事で使っていた感想では、Adobe Premiereなんかよりはずっと良いですし、他のスタジオ用ハイエンドシステムと比較しても見劣りしません。しかも、おそらく最も安価で信頼できるシステムじゃないでしょうか。Windowsワークステーションで揃えるよりはずっと良いかと思います。

そして監督自身が最後に「六十歳の手習い」と述べていますが、それこそがFinal Cut Proの解り易さを現していると思います。他の編集ソフトならそう上手く扱えたかどうか分かりませんよね。

先にも書いた通り、僕自体はiMovieの性能が良くなってきた事もあり、まるでFinal Cut Proの必要性は感じなくなっていたのですが、最近はLogic Pro(Appleの音楽制作ソフト)を扱っていることで改めてAppleのProアプリケーションの素晴らしさを感じていまして、Motion2などなど含めてAdobeでは体験できない世界に飛び込んでみようかなと考えている今日この頃です。

Logic ProとFinal Cut Proの連携も可能なようですし、去年登場したセット「Final Cut Studio」なら、とても安いんですよね。とはいえ高価ですが(笑)、以前はFinal Cut Pro単体でFinal Cut Studioのセット価格と同等でしたから、非常にお得感は強いです。
Final Cut Studio
Final Cut Studio

  • Final Cut Pro 5(デジタルビデオ編集)
  • Motion 2(モーショングラフィックス)
  • DVD Studio Pro 4(DVDオーサリング)
  • Soundtrack Pro(音楽制作)

ちなみに、アップルでは富野監督のみならず、これまでも岩井俊二監督や塚本晋也監督のインタビューがありましたが、現在、「男たちの大和/YAMATO」についてのインタビューページもあります。そちらも読み応え充分です。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2005年11月21日 18:58

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー